トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

救急搬送

久しぶりの飲み会「酒弱くなった」「少ししか飲めず」…関西で救急搬送が急増

NO.10051978
 2021/12/12 07:43
久しぶりの飲み会「酒弱くなった」「少ししか飲めず」…関西で救急搬送が急増
久しぶりの飲み会「酒弱くなった」「少ししか飲めず」…関西で救急搬送が急増
 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が解除された後の10月、急性アルコール中毒で救急搬送される人が急増した。大阪、京都、神戸の3市の搬送者数は前月の約2~3倍。久しぶりに繁華街に繰り出し、飲み過ぎる人もいるとみられる。飲酒の機会が増えやすい年末年始を控え、注意が必要だ。

 大阪、京都、兵庫の3府県では今年、1~2月、4~6月、8~9月の計3回にわたって緊急事態宣言が発令され、飲食店への時短要請や酒を提供する店への休業要請も続いた。

 大阪市消防局によると、急性アルコール中毒で搬送された人は、宣言発令中は月100~200人台だったが、解除された直後の3、7月は300人台と増加。10月は383人に上り、前月の約2倍だった。宣言解除に伴って飲酒した人が増えたためとみられる。

 10月の京都市の搬送者は114人(9月は46人)で、神戸市は44人(9月は15人)。東京消防庁によると、東京都内は1042人(9月は535人)となり、今年初めて1000人を超えた。

 急性アルコール中毒は、短時間に多量の酒を飲んだことで、分解できなかったアルコールが脳をまひさせる症状だ。吐き気や記憶障害だけでなく、呼吸停止など死に至る危険性もある。

【日時】2021年12月10日 13:52
【ソース】読売新聞

。 近代の忘年会がお祭りムードに変化したのは明治時代からで、無礼講などのキャッチフレーズで広まった。 ^ 『大辞林』【忘年】 ^ 『忘年会』p.11 ^ 『忘年会』p.161-p.180 ^ 『忘年会』p.190 ^ 『忘年会』p.17 ^ 『忘年会』p.18 ^ 『忘年会』p.19 ^ 『看聞日記』
3キロバイト (471 語) - 2021年10月20日 (水) 20:55


【悲報】異物混入ロットのモデルナワクチン打った大学生が体調急変し救急搬送!「視界が砂嵐みたいで、音が遠くに鳴っていた」


1
 ネトウヨ ★ :2021/08/31(火) 17:35:12.70

7都県で、モデルナの新型コロナウイルスワクチンに異物が入っていたことが分かりました。

この7都県以外にも、同じ製造ラインで作られたワクチンが全国各地に出荷されていて、不安が広がっています。

接種した後、体調が急変した男性が、取材に応じました。

慶応大学に通う森優貴さん(18)は、ちょうど1週間前、大学で2回目のワクチンを接種しました。

接種したワクチンは、異物混入が発覚し、厚生労働省が使用を見合わせたものと同じロットでした。接種から3日後、体調が急変しました。

森優貴さん:「(視界が)砂嵐みたいで見えなかった。音が遠くに鳴っていた。これやばいと思って、枕元のスマホで救急呼んで」

森さんが救急搬送されたのは、26日未明。ほぼ同時刻、異物混入が公表されました。しかし、国内の流通を担う武田薬品は、その10日前、厚労省も6日前には現場から報告を受けていたことが分かっています。厚労省幹部によりますと、異物は、金属片の可能性があるということです。

森さんは5日入院して、30日に退院が許されました。

森優貴さん:「胴体全部、真っ赤になっていて、体中じんましんが。副反応だとも、特に言われていない。(医者は)『ワクチンで弱っていたから』くらいの話はしたけど。(Q、異物混入については?)それについても、特に何も言っていない。製薬会社は、すごく良くやっている。特に何も言えることはない。調べても『因果関係はない』と言いたい時は『ない』と言うでしょうし。回避できるなら回避したかった」

今も使用を見合わせている3ロットは、スペインの同じ工場で、同じ時期に作られました。2ロットは、異物混入が確認されていません。ただ、そのうち、ロット番号『3004734』のワクチンを接種した後、38歳と30歳、2人の男性が死亡しています。
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000227259.html
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1630391936/


静岡で救急搬送されたコロナ陽性の東京都民。他県にいた理由に絶句、批判殺到!

NO.9767772 2021/08/20 22:49
静岡で救急搬送されたコロナ陽性の東京都民。他県にいた理由に絶句、批判殺到!
静岡で救急搬送されたコロナ陽性の東京都民。他県にいた理由に絶句、批判殺到!
「東京からの観光客が急変し緊急搬送されてきた」

そんな書き出しから、医療従事者のつ む り (@m_a__love)さんは以下のようなエピソードを投稿しました。


東京からの観光客が急変し緊急搬送されてきた。
検査結果はコロナ陽性。
おっさんは言ったよね。
「東京でコロナがわかっても何にもしてもらえないからあえて静岡に来た。
旅行がてらコロナの治療も出来るなんて最高じゃん。
ほらベッドもあるし俺は頭がいいね!笑」


…は?


本当にありえない(;゚Д゚)

何度も言うがうちはコロナ対応病院ではない。
ある分野の専門病院なので感染症に強いわけでもない。
それでも不十分な設備の中 一生懸命対応している。
なんか、疲れた。
なんだろうこの虚しさ。

■非常識

自分さえ良ければそれでいいのでしょうか…。

全国的に医療がひっ迫している現状を全く理解していない言動に、開いた口が塞がりません。


おっさんについてもう少し…

自分がコロナだとわかっていたわけではなく、搬送後の検査で陽性が判明した。
でも心当たりはあったらしく、もしかしたら…と思っていたからこそ旅行を決行したとか。
静岡なら病床に余裕があるから、途中でコロナがわかっても安心じゃん♪的な…



その地域に住む人のために用意された限りある病床を奪うだけでなく、移動中や滞在先で感染を拡げる恐れのある許されない行為。

今後、同様のケースが起こらないことを願うばかりです。

■みんなの反応
●静岡の人は怒っていい。ふざけた奴

●悪質。罹患した可能性を知ってて静岡へ来てるならテロリストと同じ扱いでいい

●こん..
【日時】2021年08月20日
【ソース】バズマグ




(出典 www.rbbtoday.com)


【芸能】西川史子、右脳内出血で手術 自宅で倒れ発見

1 ひかり ★ :2021/08/19(木) 11:20:23.45

 女医でタレントの西川史子(50)が17日に右脳内出血のため救急搬送され、手術を受けたことが19日、所属事務所から発表された。

 所属事務所の発表文書によると、西川は17日に9時に病院に出勤するはずだったが10時になっても連絡が取れないことから、勤務先病院がマネジャーに連絡。正午に警察立ち会いのもと部屋に入ったところ、リビングで倒れていた。その時には意識はあり、会話もできていたという。西川によると、入浴後に異変を感じ、倒れてしまったという。


 救急搬送され5時間に及ぶ手術を受け手術は成功。翌日には自ら食事もし、メールを打ったり、会話も出来る状態で、今は仕事や愛犬の心配をしているという。

 ただ病院からは「3週間程度の入院が必要」と言われていることから「しばらくの間、多くの方にご迷惑をおかけるすことを本人に代わりお詫び申し上げるとととも皆様におかれましては、今後とも西川史子を温かくお見守り下さるよう、宜しくお願い申し上げます」と結ばれている。

デイリー

https://news.yahoo.co.jp/articles/ecec48eaefbc8fa3eb47df397d2ca7953a19ba33



【訃報】中日・木下雄介投手死去 27歳 7月6日練習中に倒れ意識不明に 6月28日にコロナワクチン接種

 

1 鉄チーズ烏 ★ :2021/08/06(金) 06:39:29.26

中日・木下雄介投手死去 27歳 7月6日練習中に倒れ意識不明に 6月にコロナワクチン接種していた
8/6(金) 3:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/55151c37f97bb03b7e20c22e803c175cd67effd9

7月6日の練習中に倒れて救急搬送されていた中日の木下雄介(きのした・ゆうすけ)投手(27)が死去していたことが5日、分かった。関係者によると、3日に亡くなったという。4年目の昨季にプロ初セーブを挙げ、さらなる飛躍を目指した今季は4月に右肩、右肘を手術。懸命にリハビリに励んでいたが、帰らぬ人となった。育成入団からはい上がった苦労人の突然の悲報。チームへの影響が心配される。

現役選手の突然の訃報。関係者によると木下雄投手は3日に息を引き取ったという。まだ27歳。復帰を目指して必死にリハビリを行っていた中、まだまだ続くと思われたプロ野球人生が、そして愛する家族と歩んでいた人生までも終わりを告げた。

今季は開幕1軍が目前だった3月21日の日本ハムとのオープン戦で右肩を脱臼。4月に肩、右肘の内側側副じん帯の再建手術(通称トミー・ジョン手術)を行い「一日でも早く復帰できるように前向きに頑張っていきます」と語っていた。だがリハビリに励んでいた7月6日。ナゴヤ球場で息苦しさを訴えて倒れた。名古屋市内の病院に救急搬送。予断を許さない状況が続き、ここまで懸命な治療が施されてきたが実らなかった。チームは親会社・中日新聞社の職場接種を利用して新型コロナウイルスのワクチン接種を行っており、木下雄投手ら2軍選手は6月28日に1度目の接種を行っているが、今回との因果関係は不明だ。

(略)

このページのトップヘ