【芸能】元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か



1 ひかり ★ :2021/08/03(火) 09:16:25.52

 元「ラーメンズ」の小林賢太郎氏(48)が過去にホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を揶揄するネタを披露していたことを理由に、東京オリンピック開閉会式のショーディレクター職を解任。その影響をモロに食らっているのが「ラーメンズ」時代の相方の片桐仁(47)だ。片桐は7月24日深夜、TBSラジオ「エレ片のケツビ!」に出演し、同件について改めて謝罪した。

 小林氏は開会式前日の22日に電撃解任されたが、その際、片桐は所属事務所を通じて謝罪コメントを発表。さらに同番組の冒頭で「報道にあった通り、過去のラーメンズの極めて不適切なセリフにより、多くの方々に不快な思いをさせてしまい深くお詫び申し上げます」と語った。

「この件が騒動になるまでは片桐はCM5本とテレビ・ラジオのレギュラー4本を抱えていた。しかし、すでにCMキャラクターを務める乳製品『明治プロビオヨーグルトLG21』の公式サイトの一部のページや動画の閲覧、再生ができなくなってしまった。CMは全て降板になるでしょう」(広告代理店関係者)

 すでに国際問題にまで発展してしまっただけに、片桐の今後の活動への影響も懸念される。

「嵐の松本潤主演でTBS系で放送されたドラマ『99.9 ―刑事専門弁護士―』の映画版が年内に公開され、ドラマ版からレギュラーを務めていた片桐の出演が発表されたばかり。しかし、映画の出資先が黙っているとは思えず、出演シーンの大幅減、もしくは降板もありえます」(映画ライター)

 すでにコンビは解散しているとはいえ、過去からのブーメランが直撃だ。

日刊ゲンダイ

https://news.yahoo.co.jp/articles/0f54c9513bc48dec8b0d32797fd079235f671790