トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

批判

『水ダウ』夫婦コンビの離婚ドッキリに批判殺到「子どもの前はやめて」


NO.9571908 2021/06/17 22:09
『水ダウ』夫婦コンビの離婚ドッキリに批判殺到「子どもの前はやめて」
『水ダウ』夫婦コンビの離婚ドッキリに批判殺到「子どもの前はやめて」
6月16日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で行われた“離婚ドッキリ”が波紋を広げている。

問題となっているのは、「『家庭と仕事どっちが大事なの?』の究極、夫婦コンビの妻から『離婚』か『コンビ解散』の2択迫られるパターン説」。

夫婦コンビの妻から離婚か解散を切り出され、夫がどちらを取るのか検証を行った。

今回は3組の夫婦コンビでドッキリを行ったが、問題となっているのは結婚歴、コンビ歴ともに9年のかりすま~ず。

妻のあゆ(36)が夫の幹てつや(53)に「家庭もお笑いの方も全然上手くいってなくてさ、ネタケンカしたら夫婦生活にも支障が出るし、夫婦ゲンカしたらネタの練習できなくなっちゃうし」と切り出し、家庭と仕事の両立が難しくなったという理由を説明。

その上で、「コンビ解散していち夫婦でウチらはやっていくか、本当にコンビとして成功させるんだったら離婚してビジネスパートナーとして割り切ってやっていくか、どっちかにしたい」と提案。もちろん、幹は突然の提案に「え……」と絶句していた。

その後は強気な妻がどちらか迫り、夫はもちろん離婚は断固拒否。

しかし妻はヒートアップしていき、「もう実は離婚届まで書いて覚悟決めてたの」と、離婚届まで出す始末。

自身への情けなさで夫は泣き出してしまい、コンビ解散を選ぶこととなった。

しかし、実はかりすま~ず、この話をしていたのは子どもの前。

これに視聴者からは、「子どもの前はやめて…」「こういうの子どもは傷つくんだよ」「ドッキリだとしても親の喧嘩見せるのはよくない」という批判が集まっている。

「ふたりは同じ空間にいる子どもを別室に連れて行くなどまったく配慮することなくこの2択について話し合い、離婚届も子どもの前で出していました。さらに幹が号泣している際には子どもが心配そうに覗き込む場面も。“ドッキリ”というのは未就学児には理解しがたく、親の喧嘩が子ども心を傷つけるのは避けられないこと。ドッキリ自体には見応えがあったものの、この点に疑問を抱いた視聴者が多くいたようです」(芸能ライター)芸人本人だけでなく、子どもまで巻き込んでいたことに対する苦言が多く集まってしまった。
【日時】2021年06月17日 22:00
【提供】デイリーニュースオンライン


(出典 www.munakata-ecofes.com)

【芸能】『鉄腕DASH』市川海老蔵“年上にタメ口”連発で批判「失礼だろ」「不快」「なんか偉そう」
1 Anonymous ★ :2021/06/08(火) 23:57:39.78 ID:CAP_USER9.net

https://myjitsu.jp/archives/285329

市川海老蔵が6月6日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)に出演。年上の城島茂らを相手に「タメ口」を繰り返したところ、視聴者からの反発にあっている。

「DASH海岸」の現場に海老蔵が登場。「磯の香りがしますね」とつぶやきながら現れた海老蔵は、城島茂、桝太一アナウンサーらに「勉強させていただきたくて来ました」とあいさつ。植樹には力を入れているというが、海のことも学んでいきたいと語った。海老蔵はそのまま定置網を調査することに。勢いよく泳ぐ魚に「子どもたちに見せてあげたい」と興奮した。

城島茂の手料理を見て「暇なんすか?」

城島はおもてなしの料理を用意。釜炊きの米を見て感動した様子の海老蔵に、城島は「米というよりも、それに合うご飯のお供がおすすめなんで」と語り、「これなんですよね…」とワカメの佃煮を見せる。海老蔵は「マジか!」「うわすげえ! 誰やった(作った)の?」と感激した。

城島が「(海老蔵が来ると)うかがってたんで、午前中に作っといて…」と明*と、海老蔵は城島に「暇なんすか?」とツッコミ。「暇なの?(笑)」とのテロップが入った。周囲が大笑いする中、城島は「作業の合間にね…」と説明。「すいません」と海老蔵はすかさず謝った。
海老蔵が「めっちゃコリコリしてる」と料理の感想を口にしたところで、映像が切り替わった。そのまま海老蔵の出演シーンは終了。ご飯を食べて海老蔵は退散してしまったようだ。

軽快なやりとりを見せた50歳の城島と43歳の海老蔵。だが視聴者は海老蔵が城島にタメ口を繰り返し、丹精込めて作った料理を見て開口一番に「暇なの?」と城島をやゆしたことが許せなかったようだ。

《この番組でこんなに悲しい気持ちになったのは初めてだよ》
《リーダーが朝8時から用意してくれたわかめご飯を「うまい」とも言わずに「暇なの?」て失礼ぶっこいただけで終わり??》
《城島リーダーに対して「暇なの?」とかよくいえるよね リーダーは海老蔵さんに対して敬語だしさ、、不快だわ》
《事情を知らないとはいえ、せっかくリーダーがおもてなしするために作ったのに暇なの?はないでしょ?》
《最初に出るのが感謝の言葉でも何でもなく「暇なの?」って何? どういう了見??》
《海老蔵!!「暇なの?」は失礼だろ》
《桝アナ以外海老蔵より年上じゃないの?なんか偉そうなんだよね》


海老蔵は「暇なんすか?」と口にしたが、テロップで「暇なの?(笑)」とタメ口で表示されていたことが、批判を過熱させた原因かもしれない。



(出典 030b46df30379e0bf930783bea7c8649.cdnext.stream.ne.jp)
玉城デニー、GW前に厳しい対策とらず → 感染拡大・全国最悪の状況 「人災だ」批判高まる


1 ジャーマンスープレックス(愛知県) [US] :2021/05/30(日) 09:49:07.91


新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大に歯止めがかからない沖縄県で、玉城デニー知事への批判が急速に高まっている。
5月の大型連休前に厳しい対策をとらず、全国最悪の状況を招いたことに「人災だ」との声も。

玉城氏は26~27日、緊急事態宣言中にもかかわらず上京し、政府に米軍基地の整理・縮小を要請したが、「この大切なときになぜ沖縄を離れたのか」との批判が県内外で聞かれた。(川瀬弘至)

(後略)

sankei.com/article/20210530-QVGSMEPX3VJO7EYHTV3GL5YNUY/



(出典 turn-ichigeki.com)

【マスク拒否男】マスパセこと奥野淳也被告、裁判長と検察官に説教


1 和三盆 ★ :2021/05/19(水) 13:31:55.12

 東大法学部卒の“マスク拒否おじさん”が法廷でもノーマスクを貫き、裁判官と検察官に説教した。マスク着用拒否を巡って千葉県館山市の飲食店で4月に威力業務妨害事件を起こし、今月6日に再逮捕され、再勾留となった奥野淳也被告(34)の勾留理由開示手続きが18日、千葉地裁で開かれた。被告人は白いワイシャツ姿でマスクをせずに出廷した。

 開示手続きに入る前、裁判官から「裁判所の方でマスクは準備してますので」と着用を求められた奥野被告は、「その根拠は裁判所規則でしょうか?」と拒否。裁判官が裁判所の感染防止策について述べると、奥野被告は裁判官の席にアクリル板が設置されていないことを指摘するなど、理路整然と質問で応酬した。

4月10日に館山市の食堂で、店側から要請されたマスク着用を拒否。従業員に詰め寄り、転倒させるなどしたとして威力業務妨害などの疑いで再逮捕された。再勾留に対して奥野被告は、勾留質問がなされずに、勾留状が交付されたことは不当だと主張した。

 この背後には当日の食事問題があったことが判明。夕食時に夕食が支給されずに勾留質問という流れに被告は納得せず、護送車から下車しなかったという。「私はちまたでは“マスク拒否おじさん”と呼ばれているそうですが、夕食は拒否していません」などと言いつつ、「被収容者の権利として、適切な時間に適切な食事が支給される必要があります」と訴えた。

勾留状が交付され、館山署に戻った後の午後11時に出されたのが「しなびた弁当だった」と恨み節が続き、検事と裁判官を名指しにした苦言にまで広がった。

「警察官を監督する警察庁には再発防止とキチンと飯を出すという処遇改善をしていただきたい。被疑者の権利である。手続き訴訟の観点からも極めて重大です」

 苦言は勾留認定の経緯にも向けられ、「裁判官の基本は伝聞証拠ではなく、直接証拠に基づいて正確に事実を把握することです。警察官からの一方的な伝聞(捜査報告書)のみに基づいて、あなたは重大な判断を下しました」と裁判官を批判した。
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/20217753/



(出典 image.news.livedoor.com)
【聖火リレー】打倒・森喜朗で始まった「ジェンダー平等」の暴走。愛知県半田市の伝統文化がめちゃくちゃ


1 記憶たどり。 ★ :2021/04/03(土) 08:58:30.64

https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/2980083/

東京五輪の聖火リレーを巡って思わぬ騒動が勃発した。愛知・半田市の一部コースが
「男性限定」となっていたことが批判され、同市は「女性も参加可能」に方針転換。

ところが、今度は地元の女性から疑問の声が上がるなど波紋が広がっているのだ。
大会組織委員会は森喜朗前会長(83)による女性蔑視発言と辞任を契機に
「ジェンダー平等推進」を打ち出す一方で、極端な主張がかえって混乱を招くケースも…。
五輪開幕まで4か月を切っても止まらない迷走の実態に迫った。

今回問題となったコースは半田運河を「ちんとろ舟」で渡る約200メートルの区間で、
聖火リレーは今月6日に実施予定。ちんとろ舟は江戸時代から続く「ちんとろ祭り」で使用され、
女人禁制のため乗船できるのは男性だけと決まっている。もともと半田市側が祭りの普及を目的に
リレーのコースとして提案。当初は男性限定で実施する予定で、そのことは組織委側にも伝わっていたという。


ところが、一部から「五輪の精神に反する」との指摘が寄せられたことで、同市は「女性もOK」と方針転換。
組織委の橋本聖子会長(56)も「スタッフやランナーはジェンダー平等に配慮した形で実行委員会にお願いしていた。
今回は男女平等の観点から、あくまでもイベントということで男女問わず乗船するように調整したとうかがっている。
ご理解とご協力に大変感謝している」と評価した。

これに疑問を投げかけるのが、ほかならぬ地元サイドだ。半田市観光協会の女性担当者は取材に対して
「ジェンダー平等と伝統文化は別の議論です」と前置きした上で、こんな本音を漏らした。

「私は幼いころから男性限定の『ちんとろ舟』を見ていましたが、女性差別と思ったことは一度もありません。
逆に別の地区では女性しか乗れない山車(だし)もあります。そういった神事や伝統を五輪憲章に当てはめることがナンセンス。
こんな取り上げられ方をされて寂しいですし、この判断は納得いかないですね」


では一体なぜ、こんなことになったのか。東京五輪全体で男女平等を推進する一連のムーブメントは、
組織委の森前会長による女性蔑視発言が発端となった。世界中からバッシングされたことで森前会長は辞任。
女性の橋本新会長が誕生し、自ら先頭に立ってジェンダー平等推進の旗振り役を務めてきた経緯がある。

橋本会長は組織委の女性理事を12人増やして女性比率を21%から42%に引き上げ、
小谷実可子スポーツディレクター(54)を責任者にした「ジェンダー平等推進チーム」を設置。
ただ、こうした取り組みが一部では疑問視されていた。女性理事の増員にしても、資質より人数合わせを優先したと受け止められ、
組織委内部からも「ジェンダー平等の本質をついていない。単なるアピールにしか見えない」との指摘もあった。

今回の半田市のケースでは、表面的な「平等」を求めたことで地元が混乱。
前出の女性も「男女平等と伝統をはき違えている」と言い切った。東京五輪を成功させる上でジェンダー平等は
必要不可欠な要素であることは確かな一方で、〝森色一掃〟から始まった一連のムーブメントの課題が浮き彫りとなった格好だ。


左から橋本聖子氏、森喜朗氏

(出典 img-tokyo-sports.com)


前スレ
http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1617396139/
1が建った時刻:2021/04/03(土) 05:42:19.21


このページのトップヘ