トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

感染


渡辺直美がニューヨークで新型コロナウイルスに感染…マネジャーも

NO.10065188 2021/12/18 14:58
渡辺直美がニューヨークで新型コロナウイルスに感染…マネジャーも
渡辺直美がニューヨークで新型コロナウイルスに感染…マネジャーも
 米・ニューヨークで活動中のタレントの渡辺直美が新型コロナウイルスに感染したと18日、吉本興業の公式ホームページで発表された。

 ホームページによると、渡辺は、現地での仕事を終えたあと微熱を感じ、PCR検査を受けた結果、陽性と診断された。マネジャーもPCR検査を受けた結果、陽性と診断された。2人ともニューヨーク州のルールに則り、自宅での隔離生活を送っており、現在は回復に向かっている。

 吉本は「当社グループは引き続き、お客様、所属タレント、お取引先の皆様、社員の安全確保を最優先に、保健所をはじめとする行政機関、医療専門家の指導のもと、新型コロナウイルスの感染予防、拡大防止に努めていきます」とした。

【日時】2021年12月18日 13:00
【ソース】スポーツ報知

新型コロナウイルス「オミクロン株」 日本国内で新たに8人感染確認 政府関係者



1 マスク着用のお願い ★ :2021/12/10(金) 15:22:08.23

https://twitter.com/fnn_news/status/1469189965502648324?s=21

新型コロナウイルス「オミクロン株」 日本国内で新たに8人感染確認 政府関係者
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


【感染】スーパーで販売のアロマスプレーに類鼻疽菌、2人死亡 米


1 すらいむ ★ :2021/10/24(日) 19:37:48.23

2人を死亡させた病原菌が市販のアロマスプレーに…

 アメリカのスーパーで販売されていたアロマスプレーを使用した人が菌に感染し、2人が死亡しました。

 ミネソタ州など4つの州で3月から7月の間に類鼻疽菌(るいびそきん)の感染者が4人確認され、うち2人が死亡しました。
 類鼻疽菌は通常、アメリカには存在せず主に南アジアに分布していますが、4人には渡航歴もなく、関係もありませんでした。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

テレ朝news 2021年10月24日 19時4分
https://news.livedoor.com/article/detail/21080466/


(出典 www.seiseisui.com)


韓国社会に大きな衝撃、病院で「ブレイクスルー」クラスター発生


NO.9933759
 2021/10/21 09:34
韓国社会に大きな衝撃、病院で「ブレイクスルー」クラスター発生
韓国社会に大きな衝撃、病院で「ブレイクスルー」クラスター発生
 ある医療機関でのクラスター発生が、「ウィズコロナ」に転換しようとしている韓国社会に大きな衝撃を与えている。

 そこは、終末期患者に医療サービスを提供するホスピス病棟である。陽性患者が初めて確認されてから約1週間で、職員と患者をあわせて80人が感染した。

 保健当局の調べによると、10月7日から病院で「看病人」として働き始めた中国籍の60代の男性から感染が広がったとされている。

 この男性はPCR検査の陰性証明を病院に提示したが、勤務直前にソウル市内の保健当局が再検査したところ、陽性であることが判明した。陽性の結果が男性に伝えられたのは、ホスピス勤務の初日だった。ところが男性は、そのことを病院側に伝えず、5日間にわたってホスピスで働き続けたのだ。

【日時】2021年10月20日
【ソース】JBpress
【関連掲示板】

ブレイクスルーブレクスルー(英語: breakthrough)は、障壁の突破を意味する英単語。一般的には、進歩、前進、また一般にそれまで障壁となっていた事象の突破の事など肯定的な意味であるが、障壁を突破されて問題が発生することも意味する。 ブレイクスルー感染 -
3キロバイト (462 語) - 2021年10月8日 (金) 15:01


【ドイツの研究】コロナウイルスは眼球から侵入 視力を悪化


1 影のたけし軍団 ★ :2021/10/15(金) 07:10:26.41

ドイツ人科学者による研究で、SARS-CoV-2コロナウイルスが目に侵入し、光受容体や網膜神経節細胞に感染することが明らかになった。
科学者らは、コロナウイルス回復者の中に目の不調を訴える人がいるのはこれが一因ではないかと指摘している。


この論文はプレプリントサーバーのbioRxiv.orgに掲載された。

科学者らは成熟した網膜オルガノイドをSARS-CoV-2に感染させ、その後のウイルスの活動と複製速度を一定期間観察した。
その結果、網膜細胞がコロナウイルスに感染することがPCR検査で確認され、その後の研究で、
網膜オルガノイドにSARS-CoV-2のNタンパク質(ヌクレオカプシドタンパク質)が存在することが明らかになった。

詳細な分析で視細胞と網膜神経節細胞にウイルスのプラークが見られた。
これについて研究者らはウイルスの繁殖場所を示していると指摘している。

またSARS-CoV-2は、網膜の炎症や光受容体の劣化を起こす、複数の炎症性遺伝子の発現を増加させることもわかった。

研究で、この眼の合併症の予防や治療には特別な薬剤は必要なく、
ウイルスが細胞内に侵入する際に通過するACE2受容体を阻止する抗ウイルス剤やワクチンが適していることが分かった。

https://jp.sputniknews.com/covid-19/202110158765663/


(出典 prtimes.jp)


このページのトップヘ