トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

感染者


(出典 www.mbs.jp)

 【まん防】会食時に口元を覆うために「うちわ32万本配布」を発表した兵庫県に「税金の無駄遣いだ」と批判噴出

1

https://dot.asahi.com/dot/2021041300020.html

感染者の急激な再拡大により、4月5日から「まん延防止等重点措置(まん防)」が実施されている兵庫県。
同県が会食時に口元を覆うために「うちわ32万本配布」を発表したことが「税金の無駄遣いだ」と物議を醸している。

しかもこの施策を決めた行政プロセスにも疑義が生じており、同県の対策本部会議に出席した専門家からは
「まったく相談なく決まった」と批判の声も上がっている。

*  *  *
 9日、兵庫県の井戸敏三知事は記者会見で「まん防」の対象区域となった神戸市など4市内の約1万6千店舗に、
1店舗あたり約20本ずつうちわを配布すると発表。会食時にうちわで口を覆う「うちわ会食」を呼びかけた。


「グループだと会話が弾む。扇子でもハンカチでも、なんらかの対策をしてもらえれば」

井戸知事は狙いをこう説明したが、報道陣から「うちわ」の科学的な根拠を問われると
「フェースシールドがOKならば、飛沫感染防止でうちわや扇子もOKなはず」と述べただけだった。

このニュースが報じられると、SNSでは「誰も止めなかったのか」「税金の無駄」
「思考が停止しているとしか思えない」
など批判の声が相次いだ。同日には「うちわ会食」が
Twitterのトレンドに急浮上し、にわかに“炎上”状態となった。

県防災企画課の担当者によれば、うちわ32万本の配布に使う予算は、約700万円だという。だが、科学的根拠について問うと、

「コンピューターでシミュレーションをしたわけではないので、科学的な裏付けがあるわけではありませんが、
何もないよりは軽減できるのではないか」


と知事と同様にあいまいな返答をするのみだった。

担当者によると、うちわの配布は専門家を交えた4月9日の対策本部会議で決定したという。
だが井戸知事は9日の会見で、「(委員からは)『うちわなんかを使って会食するような段階ではない』という意見が出た」とも述べていた。

どのような議論をへて、うちわ配布は決定されたのか。

「実は県からは、何も相談がなかったんですよ」

 こう語るのは、委員として対策本部会議に参加した有識者の一人だ。この委員によれば、会議の時にはすでに参加者の机上に、
現物のうちわが配られていたという。9日の会議時点では「うちわ32万本配布」はすでに決定事項として、県から説明を受けただけだった。

「まともに感染防御を考えている識者ならば、賛成する人などいません。あのような小さいうちわでは飛沫が飛び散り、
防ぐことなどできませんから。これから暑い季節になってうちわが手元にあれば、あおぎたくなるでしょうし、
あおいでしまったらむしろ逆効果です。完全にアイデア倒れであり、勇み足だと思います」
(同)

 配布するうちわの数は、各飲食店に約20本ずつ。この数に根拠はあるのだろうか。

「何も相談がなかったのでわからない。普通に使ったら、20本なんてすぐに使い切ってしまいます。
消毒して使いまわしたところで、安全とは言えません」
(同)

 さらに委員はこう主張する。

「誤解してほしくないのは、会議の場でうちわの配布について議論したわけではないということです。
病床の確保や自宅療養転換に対する議論が本題で、普段は県も各団体から、かなりきめ細かく意見を聞いています。
今回のうちわに限っては、県の勇み足で、おそらく知事の独断で決めたこと。兵庫県ではこんなことを議論しているのかと思われたら心外です」


 9日の対策本部会議では、「うちわ配布」について本当にきちんとした議論がなされたのか。県に改めて問い合わせるとこう回答した。

「会議の場で配ったうちわはあくまでもサンプル。ご説明をして、委員から大きな反対の意見が出なかったので決まったと聞いている。
会議の様子を見ていたわけではないので、詳しくは分からない」
(担当者)

うちわは4月15日頃から順次配られる予定だ。「うちわ会食」が“アベノマスク”のような愚策にならないことを祈るばかりである。



(出典 img.sirabee.com)

【コロナ】東京都、新たに306人感染!


(出典 ichef.bbci.co.uk)
【五輪】 ホテル1棟、数億円!?コロナ感染者隔離のため300室確保へ 


1 影のたけし軍団 ★ :2021/04/11(日) 00:32:15.23 ID:pyVenGoG9.net

東京五輪・パラリンピックで選手らに新型コロナウイルスの感染者が出た場合に備え、
大会組織委員会が軽症者や無症状者向けの療養施設として、選手村外に約300室のホテル1棟を
独自に借り上げる方針を固めたことが10日、分かった。複数の大会関係者が明らかにした。


隔離措置を取る療養期間は原則10日間とし、看護師らが24時間態勢で対応に当たることを想定。
頻繁な検査で感染者を早期発見し、感染拡大防止に万全を期す。


大会期間中の感染者の具体的な隔離対策が判明するのは初めて。
入院の必要がない陽性者が療養する施設は、東京・晴海の選手村から数キロに位置するホテルが候補となっている。

他者への二次感染を防ぐため1棟借りとし、施設費などは数億円規模の見込み。重症者は医療機関に搬送される。

療養施設への搬送は、専用車両を最大で30台程度用意し、24時間態勢で運用。
搬送用の車両は、圧力差によってドライバーへの飛沫感染を抑制する「陰圧改造」されたものを使用する。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/97237#:~:text=%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3


(出典 ichef.bbci.co.uk)


(出典 www.yomiuri.co.jp)
【まん防】小池都知事による造語『大阪株』が「差別につながる」「関西人全員を敵に回した」と大波紋。大阪と東京が開戦の危機

 

1 記憶たどり。 ★ :2021/04/03(土) 05:36:34.94

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2979876/

小池百合子東京都知事(68)が2日の会見で「大阪株」というワードを放ったことに怒りと困惑が広がっている。

新型コロナウイルスの感染者が増えつつある大阪府は5日から「まん延防止等重点措置」が適用される。
東京都もこの日の新規感染者が440人にのぼり、適用の検討に迫られている。


発言は記者から東京都と大阪府の違いを問われた中で出てきた。
小池氏は「変異株の株が違う。特に『大阪株』の方が(感染力が)強いと言われている」と回答。
東京と大阪で確認されている変異株の種類が違うというのだ。

もっとも「大阪株」という表現には批判が渦巻いている。ツイッターでは「大阪の人の差別につながる発言だ」「関西人全員を敵に回した」「変な造語やめろ」「分断をあおるようなこと言うな」など怒りの声が殺到。
確かに大阪で変異株が生まれたみたいに聞こえてしまう。

東京都庁では「大阪株」という言い方をしているのか。都福祉保健局担当者に小池氏の発言について聞くと、「知事独自で話されたのではないか。都で使っている言葉ではない」と困惑していた。ただ、小池氏の伝えたいことは分かるという。

「大阪や兵庫ではN501Yという変異株が多く見つかっています。東京や関東ではE484Kという変異株が多い。N501Yは感染力が強いと専門家の中で言われていることで、それを伝えたかったのではないか」(同担当者)

N501Yには英国型、南アフリカ型、ブラジル型があるが、日本国内では英国型がほとんど。つまり「大阪株」とは英国型変異株の可能性が高い。少なくとも大阪で生まれた新種の変異株があると思わせる言葉は適切ではなかった。

吉村洋文大阪府知事とバトルにならなければいいが…。


「大阪株」発言でヒンシュクを買う小池都知事

(出典 www.tokyo-sports.co.jp)



(出典 tokushima.ismcdn.jp)

 「同意なく店名を公表」人気ラーメン店が徳島県を提訴 店主『死活問題、同意は絶対していません』

1 どどん ★ :2021/02/05(金) 19:00:24.62 ID:c4qqC/C49.net

新型コロナウイルスの感染者をめぐる対応で同意を得ずに店名を公表されたと主張するラーメン店が、徳島県に対して裁判を起こしました。
店名公表を巡る訴訟は全国でも異例です。


徳島県藍住町の人気ラーメン店「王王軒」。
去年7月、新型コロナに感染した男性が、店を訪れたため保健所の聞き取り調査を受けました。
訴えによると、社長は、店名を公表しないようにお願いしたといいます。


しかし…。

【徳島県・飯泉嘉門県知事】
「(感染した男性が)26日の日曜日、立ち寄られた藍住町の飲食店、この名前でありますが、同意をいただきました。王王軒本店であります」


徳島県は、感染した男性が店を訪れた際、客が多くいたため、調査しないといけないことを社長に説明し、社長から同意を得たと主張しています。

【王王軒・近藤純社長】
「死活問題になるのはわかっていたので、同意は絶対していません」

店名を公表後、平日は1日300人ほどが訪れた客が、半分以下に激減しました。
その状態が1カ月も続いたといいます。


社長は「同意を得た」と説明した徳島県に謝罪をしてほしいと要望しましたが、謝罪がなかったため、県に対し計1100万円の損害賠償を求める訴えを起こしました。

【王王軒・近藤純社長】
「小さな飲食店、田舎の飲食店にとっては死活問題であり、今まで作り上げてきたものが一瞬にしてゼロになる。この苦しい思いを全国の飲食店の方々には絶対してほしくありませんし」

裁判所は、どう判断するのでしょうか。
関西テレビ

https://news.yahoo.co.jp/articles/26c6867dd8d873ca985b05384c1ccafc1c38ce93


このページのトップヘ