トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

愛称

saito_yuuki3

【引退!斎藤佑樹】囁かれるスポーツキャスターへの転身...現役時代から視野に?

「今シーズン限りでの引退を決断いたしました。ご期待に沿うような成績を残すことができませんでしたが、最後まで応援してくださったファンの方々、本当にありがとうございました」

こうコメントしたのは、日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手(33)だ。斎藤は球団の公式サイトで、10月1日に現役引退を発表。さらに「約11年間、北海道日本ハムファイターズで最高の仲間とプレーすることができて幸せでした」とも記している。

早稲田実業学校高等部、3年生の夏。斎藤投手は甲子園でエースとして活躍し、決勝では田中将大投手(32・現在は東北楽天ゴールデンイーグルスに所属)擁する駒澤大学附属苫小牧高等学校と対決。そして見事、チームを優勝に導いた。

この大会で斎藤は青色のハンカチで汗をぬぐう姿が話題となり、「ハンカチ王子」の愛称で親しまれることに。ハンカチ王子ブームは社会現象となり、’06年の流行語大賞トップ10にもノミネートされた。

一躍ときのひととなった斎藤は、07年に早稲田大学に入学。そして卒業後は、ドラフト1位で日ハムに入団し、プロとして華々しいスタートダッシュを切った。

「しかし、徐々に活躍に翳りが。’12年11月に右肩の関節唇損傷との診断を受け、’13年から’17年の5年間はわずか4勝。さらに’18年と’19年は2年連続で未勝利という結果に。ここ2年は1軍への登板がなく、昨年10月には右肘の靱帯が断裂していることも判明しました」(スポーツ紙記者)

‘19年10月には早稲田大学で同期だった盟友の大石達也投手(32)が引退を決意した。その翌年1月、斎藤は『Number Web』の取材で「大石が引退すると聞いたときはより一層、緊張感が高まりました」と述べている。仲間の引退にふれ、自身の引き際を改めて考える機会になったのかもしれない。

■「僕にとって野球は人生の相棒であり、先生だから」

プロとしてなかなか結果を残すことのできない斎藤に対して、世論からはときに厳しい声も上がった。それでも彼は、こう話していた。

「いろんな声が入ってきますけど、ただそれは考えてもしょうがないこと。自分ではコントロール出来ないことなので。だから、自分がやらなくちゃいけないことをちゃんとやることが、ファイターズに対して果たさなくちゃいけない僕の責任だと思う。そこに言い訳は、あまりしたくないという感じですね」(’20年12月『日刊スポーツ』)

さらに、今年4月には『FRIDAY DIGITAL』で「どれだけツラいことがあっても、どれだけ叩かれても、野球は嫌いになれないですね。ずっと野球とともに成長してきたし、これからも関わっていくつもりです。僕にとって野球は人生の相棒であり、先生だから」と“野球と添い遂げる覚悟”を語っていた。

■スポーツキャスターになる可能性が。テレビ業界ともたびたび接触

それでは引退後、どのような進路を斎藤は描いているのだろうか?

「球団側は華々しく入団させたこともあり、『それなりのポストを用意する』との考えもあるといいます。ただ斎藤さん自身は、いっときテレビ業界を中心に他分野の人たちと頻繁に接触していた時期が。そのためスポーツキャスターへの転身が囁かれています」(テレビ局関係者)

プレイヤーから、メディアで語る側に。その華麗なる転身に、業界も協力を示しているという。

「テレビ朝日の『熱闘甲子園』でMCを務めていた長島三奈さん(53)は、斎藤さんと今でも交流があるといいます。また日本テレビの番組『news zero』では、スタッフが彼を懇意にしています。斉藤さんは誕生日前後に、番組スタッフらと一緒にいる姿が目撃されたこともあるそうです。

彼は寡黙なイメージですが、話してみると饒舌。会話のセンスもあります。そのため『スポーツキャスターに向いているのでは』といわれた際に、本人も乗り気を見せたそうです」
(前出・テレビ局関係者)

引退発表の当日、会見で「自分が今まで育った環境に恩返しがしたいなと思います。これからいろいろと相談しながら考えたいなと思います」と話した斎藤。“次のマウンド”で活躍する日も近いかもしれない。


(出典 image.news.livedoor.com)
https://news.livedoor.com/article/detail/20961741/


ファーストサマーウイカ「深刻裁判」マジで引退ある
【芸能】ファーストサマーウイカ「深刻裁判」マジで引退ある

■SNSでの発言に問題アリ

問答無用の売れっ子バラエティータレントで “ファッサマ” の愛称も持つ、ファーストサマーウイカ(30)。

もともとは舞台女優やマイナーアイドルという経歴。


それをいかしてNHK朝ドラに出演したり、抜群の歌唱力をいかして配信シングルをリリースし『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)にソロアーティストとして出演したりと、まさに八面六臂の大活躍中だ。

そんなウイカが、アイドル時代のファンから訴えられて現在係争中というから穏やかではない。

「フラッシュのスクープで発覚した裁判ネタ。プライベートでも交流があったという女性ファンに成りすました偽アカウントがウイカを誹謗中傷。それにキレたウイカがそのファンを逆攻撃。『私ではない』という弁明も聞かず攻撃を続けたウイカを訴えたというもの。内容からして大した裁判ではないのだが、問題はそこではない」(情報番組プロデューサー)

一般人相手に逆ギレして大騒動になったといえば、それがきっかけで芸能界引退まで追い込まれた “タピオカ恫喝騒動” 木下優樹菜(33)の例が記憶に新しいが。



【日時】2021年03月17日 12:30
【ソース】覚醒ナックルズ

【関連掲示板】

元バレー日本代表・栗原恵(36)、初の本格グラビア挑戦 身長187cm美しすぎるスタイル披露

1 ストラト ★ :2021/03/16(火) 10:13:53.94

http://mdpr.jp/news/detail/2484077

栗原恵  (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)

 (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)

元バレーボール女子日本代表のエースであり、“プリンスセス・メグ”の愛称で女子バレー人気を牽引した栗原恵が、「週刊FLASH」3月16日発売号に登場。 グラビアに挑戦した。

元バレー日本代表・栗原恵、初の本格グラビア 引退から1年9か月、栗原の初となる本格グラビアを撮り下ろし。 彼女がグラビアに挑戦した理由とは?

「以前からモデルさんに憧れていたので、今回の撮影はすごく嬉しかったです。特に、現役時代も引退後もあまり見せたことはない、メガネのカットがお気に入りです!」とコメントした栗原。 ワイシャツにメガネというラフな表情から、黒いドレスをまとった大人っぽい姿まで。 現役時代の長所であった187cmの高身長は、モデルとしても武器になりそうだ。

そのほかインタビューでは、現役時代の話や、最近のドジエピソードなども掲載。 新生“プリンスセス・メグ”の魅力が詰まったグラビアになっている。

栗原恵(くりはら・めぐみ)プロフィール 36歳、’84年7月31日生まれ、広島県出身。 小学4年からバレーボールを始め、高校ではインターハイ(二度)、国体、春高バレー優勝の高校4冠を達成。在学中の’01年、全日本女子に初選出される。 FIVBワールドカップバレーボール2003では、全日本女子のヤングエース「プリンセス・メグ」として活躍し、人気者に。 その後は長らく日本の絶対的エースとして活躍し、数々の賞を受賞した。 惜しまれつつ、’19年に現役を引退。 現在はスポーツコメンテーターとして、女性アスリート対談企画「MEG’S ROOM ~Lady go!~」(スポーツ報知)を連載している。

このページのトップヘ