トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

引退

松本人志「あと7年経ったら芸能界引退するわ。俺が65歳になったら。」


1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/12/19(日) 15:50:11.92 ID:zZ8lpKfM0●.net BE:592058334-2BP(2000)


(出典 img.5ch.net)

松本人志、「ワイドナ」で自身の引き際を明*「65歳。あと7年じゃない?」

「僕なんか辞めてからやりたいことがないから。みなさんやりたいことあるでしょ。俺はないから困っているのね」

東野から引き際を「年齢的にまだ10年、15年、先の話のような気がするんですけど」とふられると
「15年は厳しい。65(歳)。あと7年じゃない?」と真剣な表情で明かしていた。
https://hochi.news/articles/20211219-OHT1T51034.html?page=1



(出典 www.news24.jp)
【芸能】島田紳助、“引退から丸10年の節目”… 日テレ大みそか特番で電撃復帰情報


1 jinjin ★ :2021/12/13(月) 00:53:22.34

島田紳助“引退から丸10年の節目”…大みそか特番で電撃復帰情報


〝お笑い界のレジェンド〟〝テレビ界の帝王〟として語り継がれている島田紳助氏に、またしても芸能界復帰話が持ち上がっている。
日本テレビが大みそかに放送する『絶対笑って年越したい!笑う大晦日』の〝シークレット・サプライズ・ゲスト〟候補として、水面下で熱烈オファーを展開しているのだ。


「どうやら今回は、紳助氏は1回のみのお試し復帰になる予定。世間の反応次第で、正式に芸能界復帰を決断するという話のようです」(日テレ編成関係者)


テレビ界では『お化けと紳助はこれまで出た試しがない』という格言が定説化している。
しかし、大みそかの『絶対笑って年越したい――』ばかりは、この格言が白紙撤回される可能性が高いというのだ。

「日テレの背後には吉本興業が控えており、紳助氏の復帰は吉本の意思でもあるからです。そもそも、吉本興業の大﨑洋会長は常々、紳助氏に対し『いつでも戻ってきてほしい』と熱烈ラブコールを送ってきた。『ダウンタウン』の松本人志でさえも、紳助氏の熱狂的信奉者なんです。マッチョな体型になったのも、紳助氏がそうであるように、本人からアドバイスがあったからなんです。いずれにせよ、紳助氏の復帰に対し吉本内で異を唱える者は誰もいません」(放送作家)

紳助氏が芸能界を追われた理由は2011年8月、広域暴力団幹部との密接交際が発覚したこと。
緊急記者会見の席上、「僕の中ではセーフだと思っていた」という言葉を残し、潔く芸能界から姿を消した。それは引退後も何らブレることなく終始一貫している。


「すべてのメディアと距離を置き、50代の若さでハワイや沖縄・宮古島などで完全隠遁生活を送っていました。しかし、あれだけテレビのスポットライトを浴びた人気芸人です。木下優樹菜、里田まい、スザンヌなどのおバカタレントをはじめとする紳助ファミリーの芸能人はゴマンといた。引退で肩の荷が下りた半面、一抹の淋しさもあったようです。口では『復帰はしない』と明言しながらも、内心は芸能界復帰の機会を密かに窺っていたフシもあった」(制作関係者)


今回が四度目となる復帰計画

紳助氏を巡ってはこれまで、日本テレビが中心となり三度も復帰計画が綿密に練られてきたという。
しかし、いざ実現となりそうな段階になって、タイミングや世情などの問題が重なり、水泡に帰している。

「実は、紳助氏が引退前に司会を務めていた『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)を復帰の舞台とすることに、本人も吉本も納得していたようです。一度目は引退から丸4年経った2015年8月です。ところが当時、六代目山口組が分裂し、神戸山口組を結成したことで、この復帰計画は白紙になった。というのも、紳助氏は暴力団との親密交際で芸能界を引退しているわけですから…。二度目は2019年7月で調整されていたが、またしても間が悪いことに『雨上がり決死隊』の宮迫博之、『ロンドンブーツ1号2号』の田村亮らの吉本所属芸人が反社会的勢力から斡旋された闇営業での金銭授受が発覚して大騒ぎになっていた。
宮迫など吉本に造反する所属芸人も出てきたため、社会を巻き込んでの大混乱に陥り、再び復帰企画は流れてしまったんです。三度目は今年のゴールデンウイークです。しかし、折からの新型コロナウイルス感染拡大第5波で、復帰話どころではなくなってしまったんです」
(日テレ関係者)


吉本のお家騒動もひと段落、コロナ感染者も激減している今回は、紳助氏にとって引退から10年の節目で、四度目の機会到来になるわけだ。


https://weekly-jitsuwa.jp/archives/41564


 【ニューヨーク市の消防士】「ワクチンを接種するなら引退を選ぶ。私は具合が悪くなったことも、陽性になったこともなく、ずっと健康だ」

1 影のたけし軍団 ★ :2021/10/29(金) 12:19:50.83

米ニューヨーク市消防局の消防士らが28日、新型コロナウイルスのワクチン接種義務付けに反対する抗議集会を行った。
接種期限が迫る中、同市では消防や警察が人員不足状態に陥る事態が予想されている。


ニューヨーク市は消防士や警察官を含む市の職員に対してワクチン接種を義務付け、
29日午後5時までに少なくとも1回の接種を受けたことを証明しなければ、無給の休職処分とすると通告している。


義務付けに反対する市消防局の職員は28日、市長公邸前に集まって抗議運動を展開。
「エッセンシャルワーカーは使い捨てヒーローではない」などの横断幕を掲げた。

「21年の間、私たちはトレードセンター、ハリケーン、新型コロナを切り抜けてきた。
それがここへ来て、これほど短期間でこの義務付けだ。不当としか言いようがない」

CNNにそう語ったジュリアン・エアさんは、消防局で21年間勤務してきたが、ワクチンを接種するなら引退を選ぶと言い切った。

「私は新型コロナの中で1年半働いてきた。具合が悪くなったことも、陽性になったこともなく、ずっと健康だった。
自分が生き延びるためにワクチンが必要だとは思わない」とエアさんは語り、ワクチンによる健康リスクが心配だと訴えている。
https://www.cnn.co.jp/usa/35178763.html

新型コロナのワクチン接種義務に反対する人々=28日、米ニューヨーク・マンハッタン

(出典 www.cnn.co.jp)



(出典 news.tbs.co.jp)



(出典 totalnewsjp.com)



(出典 afpbb.ismcdn.jp)



(出典 s.eximg.jp)


【芸能】中川翔子、安室奈美恵、松田聖子、aikoとの“プリクラ”公開 豪華メンバーの4ショット 「こんな現実が存在するのか…凄すぎ」

1 jinjin ★

中川翔子、安室奈美恵さんらとの“プリクラ”公開「こんな現実が存在するのか…凄すぎ」


タレントの中川翔子が20日、自身のツイッターを更新。
2018年に引退した歌手・安室奈美恵さんらと撮影した“プリクラ”を公開した。


「この写真を見れば生きていける」というコメントとともに、歌手の松田聖子、安室さん、シンガー・ソングライターのaikoとの“プリクラ”をアップ。

過去にフジテレビ系音楽番組『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』に出演した際に撮影したものと思われ、4人が満面の笑みで寄り添う貴重な1枚となっている。


豪華メンバーの4ショットに、エアーバンド・ゴールデンボンバーの歌広場淳が「凄すぎて眩暈がします…」と反応。

ファンからは「こんな現実が存在するのか…凄すぎ」「豪華ーーー!!!皆様眩しすぎる かわよすぎる!!」「なんやこのレジェンド達はwww」「神すぎる」
「懐かしいーー!!!HEY!HEY!HEY!の時のだよねーー?!」「聖子ちゃんの存在感が凄すぎてもう」
などの声が寄せられている。


https://news.yahoo.co.jp/articles/7ad98539330791e3381032fe7bbe10fde021e418

(出典 i.imgur.com)



(出典 4.bp.blogspot.com)

【RIZIN】失神敗戦の朝倉未来、引退も選択肢「自分の幻想が崩れた。ここまでだった」

1 砂漠のマスカレード ★ :2021/06/13(日) 22:01:19.32 ID:CAP_USER9.net

「RIZIN.28」(13日、東京ドーム)

 クレベル・コイケ(31)=ブラジル=に三角締めで敗れた朝倉未来(28)が今後について、引退も選択肢にあることを明かした。


 東京ドームでのメインイベントを白星で飾れなかったことを、「悔しいですけど、試合をやってよかったのはありますね」と淡々と振り返った未来。クレベルについては「結果的に強かったと思います」と称えた。

 そして、今後については「一度考えて。引退も。考えてみてって感じですね」と具体的には語らなかったが、引退も選択肢あることを告白。「自分の中で自分の幻想が崩れた。ここまでだったんだな」と付け加えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/63803f8feaaa3f72040879d16af07340b01eff99
6/13(日) 21:54配信


このページのトップヘ