トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

希望

ゲームセンターが悲鳴 電気代の急激な高騰で閉店の危機「死の宣告が来た」原発再稼働を希望


【芸能】松井愛莉 初のソロカレンダー発売、“松井の顔”でいっぱい「景色も壮大」


1 フォーエバー ★ :2022/03/27(日) 13:54:54.99

女優の松井愛莉が27日、都内で「松井愛莉カレンダー 2022年−2023年」発売記念イベントを開催。イベント前に取材会に応じた。



初めてのカレンダーとなる本作は、“自然”をテーマに、海、空、大地、新緑、竹、砂丘などの壮大なロケーションで挑んだ見応えあるカットが満載。本人からの希望で実現したカメラマン岡本充男氏とともに、松井自身が、“25歳を迎える今どういう自分を表現したいのか”を追求。これまで見せてこなかった大人の女性の強さ、逞しさ、儚さ、気だるさなど、数々の新たな一面を感じられるカレンダーとなっている。



福島出身で自然豊かな田舎が好きという理由で、撮影のテーマが“自然”になったそうで、撮影エピソードを尋ねられると「1日で撮影したんですけど、深夜の2時くらいに集合して、夜の8時、9時くらいまで撮っていたので、最後のほうはみんなハイになってワイワイしながら撮影していました(笑)」と振り返り、撮影は千葉県で行ったそうで「景色が壮大で、“本当に日本なのかな?”って思うくらい、きれいな写真をたくさん撮っていただきました。山に登ったり、崖の近くで撮影したんですけど、足元が不安定な場所が多かったので、めちゃくちゃ腹筋を使いましたね」と苦労を明かした。



お気に入りには4月の夕陽を浴びているカットを挙げ「光がすごくきれいで、写真の雰囲気もすごく好きなので、この写真を選びました。このドレスの衣装がすごくフワフワしていたので、回ったり、走ったりしながら撮影しました」と笑顔で語り、どこに飾ってほしいか尋ねられると「結構、松井の顔でいっぱいなので、よく見えるところに飾っていただけたら嬉しいです(笑)」とアピール。出来栄えについては「100点です。気に入っています」と満足げな表情を浮かべた。



また、4月始まりの同カレンダーにちなみ、新年度にやってみたいことを聞かれた松井は、最近、運転免許証を取得したことを明かし「車でいろんなところにドライブとか遠出したいなって思っています」と胸を躍らせ、どんな車がお好みか追求されると「私は大きい車が好きです!(笑)」とにっこり。ドライブで行ってみたいところについては「自然が好きなので、自然が豊かなところに行きたいなと思っています。ゆっくり温泉に浸かったりしたいです」と目を輝かせた。



最後に、新年度に新生活を迎える人へ応援メッセージを求められると「まだ世の中が明るくはならないですけど、気持ちを切り替えて新生活を頑張っていただきたいと思います。カレンダーもぜひ見てください」と語った。

2022/03/27 13:09ドワンゴジェイピーnews
https://news.nicovideo.jp/watch/nw10720184?news_ref=50_50

(出典 i.imgur.com)


21102801-1024x573

食費は月700円…激安シェアハウスに住む若者たちの絶望。10畳に2段ベッドが3つ

食費は月700円…激安シェアハウスに住む若者たちの絶望。10畳に2段ベッドが3つ


1 少考さん ★ :2021/11/06(土) 11:39:27.93

新型コロナは多くの失業者を出すなど、“貧困パンデミック”とでも言うべき状況が生まれている。生活困窮層は分厚くなり、さらに下流の“底”がヒビ割れ奈落に落ちる人も……。そんなニッポンの貧困のリアルを取材した。

都内最安シェアハウスで希望が持てない若者の苦悩

引き戸の玄関を開けると目に映ったのは、10畳未満の狭小の部屋に押し込まれた鉄パイプの二段ベッド、しかも3つ。大きな窓がなく、室内の空気もどこか湿っている。1か月の家賃が2万5000円の、1畳にも満たないベッド上には、住人の生活必需品、洗濯物などが所狭しと置かれ、寝返りを打つスペースも残されていない。

ここは都内でも安さをウリにした、品川区にあるシェアハウス。住人の中心は20代の若者たちである。オーナーとして実際にここに住んでいる野村康太さん(仮名・24歳)は、激安シェアハウスを始めるに至ったいきさつをこう語る。

「2人兄弟の長男で母子家庭だった僕は、母親の希望で高校には行かずアルバイトをして家計を助けることに。ですが、次第に僕の収入に依存するようになり、軋轢(あつれき)が生まれて大ゲンカに発展。家を追い出されてしまった。未成年で部屋を貸りることもできず、ホームレス生活が続きましたが、バイト先の先輩から、折半でシェアハウスの運営に誘われたんです」

「かつての自分と同じ貧困者を救いたい」

主にTwitterを使って、入居者を募っているという。

「心のひずみを抱える人、社会になじめない人など、何かしら問題のある入居者がほとんど。内見当日のドタキャン、家賃の未納など、トラブルも多い。それでも、かつての自分と同じ貧困者を救いたいという気持ちがあるので、住人と一緒に生活するようにしています」

実際に、このシェアハウスに住む若者の素顔に迫った。

次のページ 20歳の女性の食事は、薄切りの食パン1枚
(略)
※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。
https://bizspa.jp/post-528257/

【襲撃犯】芸能界入り希望「たけしさんの車の前で土下座したが相手にされなかった」

1 蚤の市 ★ :2021/09/05(日) 21:44:42.06 ID:AZ6n/m3c9.net

芸能界入り希望「たけしさんの車の前で土下座したが相手にされなかった」…逮捕の男が供述

 4日午後11時40分ごろ、東京都港区赤坂5のTBSの敷地内で、タレントで映画監督のビートたけし(北野武)さん(74)が乗った車が男に襲われ、つるはしでフロントガラスなどを割られた。通報を受け駆け付けた警視庁赤坂署員が男を取り押さえた。たけしさんや運転手にけがはなかった。
 男は千葉県在住で40代の無職。署は、刃渡り10センチ以上の小刀を所持したとして、男を銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。署によると、容疑を認め「6月ごろ、芸能界に入りたいと、たけしさんの車の前で土下座したが相手にされなかった」と供述している。
 たけしさんは、TBSの情報番組に出演した直後だった。

東京新聞 2021年9月5日 17時30分
https://www.tokyo-np.co.jp/article/129038
★1 2021/09/05(日) 19:06:35.30
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1630836395/


【崩壊】自宅療養者、食料など支援物資を希望するも「1000人待ちで、届くのに1週間程度かかる」結局届かない事例も


1 スダレハゲ ★ :2021/08/21(土) 19:57:35.14

https://news.yahoo.co.jp/articles/a1949ff1a2f22b8682e6c70ddbaaa995b16b9bc6

自宅療養者急増 滞る支援 食料「1000人待ち」届かず

8/21(土) 18:06

新型コロナウイルスの陽性者に電話連絡しながら、対応について話し合う保健師や看護師ら=東京都内の保健所で2021年8月5日、手塚耕一郎撮影(画像の一部を加工しています)
 首都圏では新型コロナウイルス感染者の急増に伴い、自宅療養者への支援が滞りがちになっている。自治体側から健康確認の連絡がほぼなく、自宅療養が解除されないまま放置されたり、食料を届けるのに「1週間はかかる」と言われたりした感染者も。自治体による自宅療養者への支援が機能不全に陥っている。

 厚生労働省は、自宅療養者には少なくとも1日1回は健康観察のため感染者と連絡を取るよう自治体に求めている。埼玉県は「宿泊・自宅療養者支援センター」を設置。業務を民間に委託し、軽症者は人工知能(AI)を使った自動電話などで、体調が悪い人には看護師が直接電話で健康かどうか確かめているという。

 埼玉県の20代女性は8月上旬、同居の夫が感染したのを機に検査を受け、陽性が判明したため自宅療養を始めた。健康観察の連絡や、食料など支援物資が届かないことに疑問を持ち、センターに何度も電話をしたがつながらず。発症から10日ほどたち、ようやく保健所から連絡があったという。その後も連絡はしばらくなく、結局、女性に「自宅療養解除」の連絡が入ったのは、本来解除されるはずの日から5日も遅れてからだった。

 女性は軽症で済んだものの、「体調が悪い時はつらく、連絡がないだけで不安になった。自宅療養をいつ終えていいのか困っていたのに、まさか療養が終わっていたなんて。不信感しかない」と話す。県は「業務が逼迫(ひっぱく)しているとはいえ、あってはならないことだ。二度とないよう改善したい」と話す。

 厚労省によると、全国の自宅療養者数は18日午前0時時点で9万6709人。感染急増の東京、神奈川、千葉、埼玉の首都圏1都3県だけで5万8378人で、前週から1万200人も増えている。

 千葉県の40代女性もその一人。今月中旬に発症し、自宅療養に入った。自治体に食料など支援物資を希望したが、「1000人待ちで、届くのに1週間程度かかる」と言われたという。支援物資は結局届かないまま、自宅療養の期間が過ぎた。

 同県によると、7月中旬の感染拡大以降、多い時には1日200~300件もの要請があり、支援物資の発送が滞っていた。繰り返さないよう支援体制を強化したという。女性は「食料などがなくて困っている人は少なくないはず。ほしい人にはきちんと届くようにしてほしい」と訴える。【村田拓也】


このページのトップヘ