トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

専門家

【芸能】佐々木蔵之介 1日2L飲む日も…強すぎる“果実酢愛”に専門家は懸念 



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/21(土) 21:13:53.54 ID:CAP_USER9.net

8/21(土) 15:50配信
女性自身

Copyright (C) 2021 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

《稽古や撮影が続く中で、お酢を飲み始めたのは今年4月ごろ。クエン酸が疲労回復に効果があるのは知っていたので》

8月13日の『スポーツニッポン』のインタビューでそう語っていたのは佐々木蔵之介(53)。現在放送中の連ドラ『IP~サイバー捜査班』(テレビ朝日系)の主演を務めている。

佐々木といえば、実家が京都市内の造り酒屋だけに、酒豪で有名。今年1月、佐々木がバラエティ番組『なるみ・岡村の過ぎるTV」(ABC)に出演した際は、

「昔は、食べて飲んでいましたけど、最近は飲むだけ飲んでますね。良くないんですけどね」

と苦笑いしていた。だが、このコロナ禍で飲み歩くことができなくなり、食生活に変化が生まれたとドラマ関係者は言う。

もっぱら家飲みになったと聞いています。ただ、50代となり、まだまだ若々しいとはいえ体力の衰えを感じる部分があるそうです。“できる限りタクシーを使わずに歩く”ことを心がけるなど、コロナ禍のなか、免疫力を少しでも上げられるよう、健康にいままで以上に気をつけるようになったようです」

そんな佐々木が今、健康を維持して美味しく酒を飲み続けるためにも、並行して愛飲しているのが果実酢だという。

《たまたま見つけた果実酢を買って水で割って飲んでみたら、本当においしかった。(略)何杯とか、どのくらいで希釈とかは全然決めてませんが、1日に2L飲んでしまう日もあるくらい、ハマってしまいました》(前出『スポーツニッポン』インタビューより)

■「お酢の過剰摂取は胃にダメージを与える場合も」

レモンやアサイーなど、さまざまな果物を取り入れて果実酢を愛飲しているという“酢豪”の佐々木。美容ライター・梅野利奈さんは酢の効用をこう語る。

「お酢は食後血糖値の上昇抑制、体脂肪や内臓脂肪の減少、 血液循環の改善、疲労回復などの効果が確認されており、生活習慣病のリスクが上がる中高年層に特におすすめです。

一方で、酢酸には胃粘膜保護作用が確認されているものの、過剰に摂取することで逆に胃にダメージを与えてしまう場合もありますので、適量がなにごとも大切です」


適量とはどれぐらいの量なのだろうか。

「過剰なお酢の摂取は歯のエナメル質を溶かしてしまうほか、果実酢のようなお酢ドリンクは、糖が豊富に含まれている場合もあるため逆に食欲が増進してしまう場合も…。
体調に応じて摂取を控えるなどの注意が必要です。お酢ドリンクの種類によって適量は変わりますが、一般的なお酢の摂取目安は1日大さじ1杯程度とされていますので、推奨量を超えない程度の摂取に留めていただいた方がいいかと思います」
(前出・梅野さん)

お酒と同様、お酢も適量が大事のよう。くれぐれも“飲み過ぎ”にはご注意を!


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/bc5e7caed0235e02fc935a2576f0ae50bdb7943a


【コロナ】東京都、PCR検査が追いつかず「把握されていない多くの感染者がいる可能性がある」


1 スダレハゲ ★ :2021/08/21(土) 10:23:24.68

東京 検査追い付かず専門家「未把握の感染者も…」
 東京都では20日も5000人を超える新型コロナウイルスの感染者が確認されました。
 感染の拡大にPCR検査が追い付かず、専門家は「把握されていない多くの感染者がいる可能性がある」
と警告しました。

 小池都知事:「現在、我が国はコロナとの闘いの真っただ中であり、かつ最大の危機を迎えていると言っていいと思う」

 東京都が20日に発表した新たな感染者は5405人でした。また、7人の死亡が確認されました。

 都の会議で専門家は、PCR検査が感染者の増加に追い付かず「把握されていない多数の感染者がいる可能性がある」と警告しました。

 また、広い年代で重症者が出ていることから、「あらゆる世代に感染によるリスクがあることを啓発する必要がある」と指摘しました。

 小池知事は自宅療養中の患者に酸素を投与する「酸素ステーション」を、21日から大田区の公社荏原病院で、
23日から渋谷区の都の施設で、それぞれ開設することを明らかにしました。


https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000226269.html


E5V13LZVkAAD04y
【災害】熱海市の土石流 「地形的に起こりうる場所」 専門家

静岡県熱海市で起きた土石流について、専門家は「注意の向けにくい雨の降り方だったが、地形的には起こりうる場所で発生した」と分析しました。

静岡大学防災総合センターの牛山素行教授によりますと、熱海市の土石流が起きた現場は急な勾配で、これまでにも繰り返し土石流が発生して形成された地形とみられるということです。

そのため、起こりうる場所で土石流が発生したと分析しています。

また、今回は強い雨が短期間に集中して降ったのではなく、それなりの強さの雨が長時間にわたって降り続けたため「注意の向けにくい雨の降り方だった」としています。

土砂災害はもともと見当のつかない場所では起きにくく、多くは危険性のある場所で発生することから、「ハザードマップで住んでいるエリアを確認しておくことが重要だ」と呼び掛けています。

テレ朝news
熱海市の土石流「地形的に起こりうる場所」専門家 (msn.com)


(出典 i.ytimg.com)
【新コロ変異】「ラムダ型」これまでない変異 3倍から4倍、ないしは5倍くらいワクチン効果低減かF490S変異


1 どこさ ★ :2021/06/26(土) 08:42:21.92

 今、新型コロナウイルスの感染拡大の中心となっている南米で確認された新たな変異株「ラムダ型」について、専門家はワクチンが効きにくい可能性を指摘しています。

 WHO(世界保健機関)は14日、「注目すべき変異株」に南米で拡大しているラムダ型を追加しました。

 ラムダ型は去年8月にペルーで初めて確認され、最近のペルーの感染の81%を占め、アルゼンチンやチリでも30%以上を占めているということです。

 ニューヨーク大学・多田卓哉博士研究員:「(ラムダ型は)490番目のまったく違う新しいところに変異が入っている。3倍から4倍、ないしは5倍くらいワクチンの有効性が下がるのではないか」

 多田研究員によりますと、ラムダ型にはこれまでにない変異が細胞との接続部分にあり、既存のワクチンの効果が弱くなる可能性があるということです。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000220462.html

関連
【WHO】南米流行のC.37「ラムダ株」注目すべき変異株(VOI)認定 ペルー死亡率世界記録 感染力増加 Y字形抗体を回避 現在調査中 [どこさ★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1624180030/

前スレ ★1 [かわる★] 6月25日12時55分
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1624639673/


【危険】野生の『ハクビシン』都内で急増!コロナ禍も影響か・・・⁈


NO.9567058 2021/06/15 23:44
この時期「特に危険…」ハクビシン 都心部で増加か
この時期「特に危険…」ハクビシン 都心部で増加か
 野生動物のハクビシンが都内で増加している恐れがあります。専門家はこの時期、特に注意が必要だと警鐘を鳴らしています。

 先月30日に東京・中野区で撮影された映像。

 都心の住宅街で電線の上を歩くのは、ハクビシンです。

 先月8日、東京・目黒区でも撮影されました。

 東京に本社がある害獣駆除を行う「駆除ザウルス」によりますと、この時期、都心でのハクビシンの駆除依頼が増えているといいます。

 そして気を付けなくてはならないのが…。

 駆除ザウルス環境衛生事業部 ・内田翔さん:「野生動物ですので、目撃したからといって手を出したりしない方がいい。作業をしている時に屋根裏などで遭遇することもあるんですが、特に子どもを産んだ時の母親は非常に母性が強くてその時に子どもを守るためにすごく威嚇してきます」

 10年くらい前は神奈川県や埼玉県などからの依頼が多かったといいますが、年々、都心での依頼が増えてきているといいます。

 そして、コロナ禍がハクビシンに影響を与えている可能性があるというのです。

 ハクビシンは夜行性のため、緊急事態宣言などで夜間の外出が減った都会は、暮らしやすくなったのでしょうか。

 例えば、目黒区では被害を受けている家に、罠を設置するなどして捕獲処分を行っています。

 2019年度のハクビシンの捕獲数は29匹、2020年度は31匹ですが、今年度は4月のわずか1カ月で、すでに5匹も捕獲されています。

 では、ハクビシンの被害に遭ったとしたら…。

 駆除ザウルス環境衛生事業部 ・内田翔さん:「大きい動物を捕まえる場合は狩猟免許のわな..
【日時】2021年06月15日 17:50
【ソース】テレ朝news

ハクビシン(白鼻芯、Paguma larvata)は、食肉目ジャコウネコ科ハクビシン属に分類される食肉類。本種のみでハクビシン属を構成する。その名の通り、額から鼻にかけて白い線があることが特徴である。 日本に生息する唯一のジャコウネコ科の哺乳類で、外来種であることは分かっているが移入時期については意見が分かれている(後述)。
19キロバイト (2,387 語) - 2021年5月15日 (土) 14:33




このページのトップヘ