トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

【福原愛】夫・江宏傑 離婚突きつけられ「仕事中にも人目をはばからず泣き崩れた」

NO.9345626
 
福原愛さん夫・江宏傑 離婚突きつけられ「仕事中にも人目をはばからず泣き崩れた」
福原愛さん夫・江宏傑 離婚突きつけられ「仕事中にも人目をはばからず泣き崩れた」
卓球女子で五輪2大会メダリストの福原愛さん(32)の夫で卓球選手の江宏傑(32)が、今年2月に突然福原さんから離婚の二文字を突きつけられ、人目もはばからず涙したと、台湾で報じられた。

日本の週刊誌上で不倫疑惑が報じられた福原さんと、モラハラ疑惑が報じられた江。この騒動について、台湾「鏡週刊」が、取材で判明した内幕として報じているのは次の内容だ。

 福原さんは今年1月に仕事のために日本へ帰国。その際、江は福原さんから母・千代さんと2人の子供の世話を頼まれた。さらに「子供の幼稚園を探しておいてほしい」とも依頼され、江は仕事の合間に保育園見学をし、環境や施設の状況を逐一報告していたという。

 状況が一変したのは2月。旧正月である春節(12日)までに、福原さんから電話で離婚を告げられ、衝撃を受けた。江は受け入れがたく、関係修復を試みたが福原さんの意思は固かった。その後、江は福原さんが横浜で別の男性とデートをしていたことを考えると、夜も眠れなくなった。ストレスから昼夜を問わず涙し、仕事中にも、人目をはばからず泣き崩れたという。

 同メディアは、「日本で〝福原愛の友人〟とされる人物から江家は攻撃されたが、江は強い精神力で子供や両親の世話をし、母親の代わりも務めた。しかし福原愛は振り返らず、態度も冷淡になった。江は泣き崩れ、人々が心配するほどだ」と指摘している。



【日時】2021年03月24日 11:07
【ソース】東スポWeb
【関連掲示板】


 宏傑(ジャン・ホンジェ、Chiang Hung-Chieh、こう・こうけつ、 1989年2月22日 - )は、台湾の男性卓球選手。妻は日本国の女子卓球選手・福原愛(2016年9月 - )。 1989年2月22日、台湾新竹市出身。新竹市北区民富国民小学、国立台南第一高級中学、長栄大学、中国文化大学卒業。合作金庫銀行卓球隊所属。
6キロバイト (409 語) - 2021年3月4日 (木) 13:35


【FRIDAY】福原愛 夫が「空港プロモーション」好感度爆上げで離婚にも影響か

1: 名無しさん@恐縮です 2021/03/23(火) 08:28:15.36 _USER9
離婚問題が浮上した福原愛だが、夫の江宏傑氏は台湾でのイメージが爆上げ中だとか…

卓球女子五輪メダリスト・福原愛の“不倫騒動”が新たな局面を迎えている。3月21日、福原の母・千代さんが日本に帰国したのだ。

一連の不倫報道は、福原と夫・江宏傑の離婚問題にまで発展。福原は夫のモラハラなどを理由に離婚の意志を固めているが、江は円満ぶりをアピールしている。

福原が心配していたのは、台湾に残してきた千代さんと2人の子供。そのうち片方の千代さんと再会できたのだから、離婚に向けて「一歩前進…」かと思いきや、どうやらそうとはいかないようだ。

「江サイドはモラハラ、不仲説打ち消しに必死になっている。緻密な計画を立ててイメージ操作を行っている。インスタで2人の子供の写真を“連投”しているのも、そのため。日本ではなく、あくまで台湾国内のファンに向けて発信している」(スポーツ紙記者)

今回の帰国劇でも江サイドの“戦略”が随所に発揮されていた。現地時間の20日午後2時30分ごろ、江は自身の両親と2人の子供を連れて、千代さんを台北松山空港に送り届けた。

足腰が不自由な千代さんに代わって搭乗手続きなども行ったという。その様子は台湾紙「蘋果日報」など複数のメディアで報じられた。

「現地では動画ニュースでも大々的に伝えられ、報道陣からの問いかけに江は『ごめんなさい、ご心配ありがとうございます』とコメント。マスコミのカメラを嫌がる素振りも見せず、カウンターで手続きをする様子やロビーで子供がはしゃぐ姿も撮らせたままにしていた。そもそもこれだけ多くの報道陣が集まることが不可解。事前に千代さんの帰国情報を流していたとしか思えない振る舞いだった。まさに彼のプロモーションですね」(同・スポーツ紙記者)

江は千代さんの出国を見届けると、すかさずインスタグラムを更新。2人の子供と千代さんが一緒にいる写真を投稿し

《出発前にたくさん話をしましたが、それでも別れなければなりません。故郷に戻ると聞くのは複雑な気持ちですが、あなたがいつも安全で健康でいられることを願っています》

と惜別メッセージで“ダメ押し”した。

「台湾では甲斐甲斐しく千代さんの面倒をみる江さんに好意的な反応が寄せられています。モラハラ疑惑についても『言葉のあや』的な反応が多く、むしろ異国で夫ではない男性と“ただならぬ関係”が報じられた福原さんに批判が集まっています」(ワイドショー関係者)

福原は完全に後手に回っている。千代さんが台湾を出発した20日に声明文を発表。母の帰国を認めた上で、

《現在、夫婦間で子供にとって何が一番なのかを話し合っている最中で、何もお話できる状況ではないこと、申し訳なく思っています。誠に勝ってなお願いではございますが、母親や子供、両家族への配慮、何卒よろしくお願いいたします》

などと記した。翌21日午前、千代さんは羽田空港に到着。福原は出迎えに訪れず、千代さんは福原の兄とみられる男性らと帰路についた。声明文で福原は事前に空港には行かない旨を公表していたが、その理由については明らかにしていない。

「行けばマスコミが殺到し、もみくちゃになると考えたのでしょう。堂々とマスコミの前に現れた夫とは対照的で、台湾では『薄情ではないか』という意見も飛んでいます。これではいくら彼女が離婚を望む理由として江のモラハラを挙げても説得力がありませんよ」(同・ワイドショー関係者)

福原の周りにはいわゆる“ブレーン”となるような人物がいない。先日、不倫をスクープした「女性セブン」のインタビューに応じ疑惑を釈明してみせたが、ツッコミどころ満載で逆効果になった感は否めない。

戦略的にメディア対策を行う夫とは対照的。このままでは“ストレート負け”を喫しそうだ。

no title
FRIDAY
https://news.yahoo.co.jp/articles/758771b99e21cd27bc3e3cfa36fb73f01de19a4d



(出典 decopachi.com)



【芸能】福田萌 海外移住「突然母子のみ出国延期」要請…日本感染拡大 マンション解約で住む場所失う  

1 muffin ★ :2021/02/24(水) 17:43:11.13

https://www.daily.co.jp/gossip/2021/02/24/0014104133.shtml

 タレント・福田萌が24日、インスタグラムで、2月末に予定していた家族でのシンガポール移住「日本の緊急事態宣言延長を受け、突然の、母子のみ出国延期」になったとし、「FRaU」の公式WEBサイトに投稿した文面で詳細を明かしていることを伝えた。


 福田は夫のオリエンタルラジオ・中田敦彦と、長女、長男とともにシンガポールに移住する日が近づいてきていることを伝えていた。

 しかし投稿によると、日本の新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が延長されたことを受け、2月1日にシンガポール入国を3月末まで延期するよう要請を受けたとしている。

 子供の学校は3月も通えることになったが、自宅マンションの2月末退去は変更できず、近くにウイークリーマンションを探すなど、ドタバタが続いた経緯を記している。


(出典 i.ytimg.com)


【芸能】桐谷美玲、夫・三浦翔平とお揃いコーデに大反響「お似合いの2人」


NO.9293274 2021/03/02 18:15
桐谷美玲、夫・三浦翔平とお揃いコーデに大反響「お似合いの2人」
桐谷美玲、夫・三浦翔平とお揃いコーデに大反響「お似合いの2人」
モデルで女優の桐谷美玲(31)が先月26日、自身のインスタグラムを更新した。

桐谷といえば先日、黒のタートルネックのニットに、白のパンツ、黒の靴というファッションの写真を投稿し、ユニクロを取り入れたコーディネートを紹介したところ「同じの買いたい!親近感がわく」「ユニクロがさらにおしゃれに見える」といった声が寄せられたばかり。

そんな桐谷が今回「クマみたいなモコモコでかわいい」とつづり、『THENORTHFACE×GUCCIコラボコレクション』のコーディネートを投稿した。

この投稿にインスタグラム上では「かわいい!夫婦お揃いですね」「お似合いの2人」「翔平くんとお揃い!」「夫婦コーデですか!」といった声が多く寄せられていた。

実はこの投稿の2日前の24日に夫で俳優の三浦翔平(32)も同じブランドのコーデを自身のインスタグラムに投稿していたことから、夫婦でお揃いのブランドのコーディネートを披露。

一緒に撮影をしたわけではないようだが、夫婦の仲の良さが伝わる投稿となりファンは大喜びのようだった。

【日時】2021年03月02日 18:00
【提供】デイリーニュースオンライン

デイリーニュースオンライン




(出典 i.pinimg.com)
【芸能】中谷美紀「国際結婚、夫の一人娘……オーストリアで私を変えた新しい家族」


1 砂漠のマスカレード ★

現在発売中の『婦人公論』2月24日号の表紙は女優の中谷美紀さんです。10代から女優として活躍するなかで、人間関係に縛られない人生を望み、実践。ヴィオラ奏者のティロ・フェヒナーさんと国際結婚したことにより、その考えが変化したと語る中谷さん。それはどんな変化だったのでしょうか――。発売中の『婦人公論』からインタビューを掲載します。(構成=篠藤ゆり)

◆自然と触れ合うことで心が満たされて

4年ほど前から、日本とオーストリアを行き来しながら暮らしています。縁あって夫となったドイツ人ヴィオラ奏者のティロ・フェヒナーは、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に所属しており、そのため私も楽団の本拠地であるウィーンか、自宅のあるザルツブルクの山中で1年の半分ほどを過ごすようになったのです。

けれど2020年は、新型コロナウイルスの感染が拡大し、欧州諸国同様、オーストリアもロックダウンを余儀なくされました。夫は予定されていたツアーが次々中止となり、失業状態。私もしばらく日本に戻れません。思いがけず、ザルツブルクの家に長期間籠もって生活することになりました。

時間はたっぷりあります。そこで、夫と二人で取り組んだのが庭造りです。家の前の傾斜地には、以前の所有者が植えた花がそのままになっており、いずれ自分たちの手で植栽し直そうと考えていたのです。

夫も私も、きれいに刈り込まれた芝生や、色とりどりの花が咲き乱れる人工的な庭はあまり好みではなく、草原のような庭に憧れていました。素人ながら、私がデザインを担い、夫が庭師となって土を掘り起こし、木の根や石を除去していきます。

作業に熱中するあまり、夫が右腕を痛めてしまうなど、アクシデントもいろいろありましたが、夢中になれる時間は貴重でしたし、自然と触れ合うことで心が満たされていくのを感じました。

◆不快なできごとも、書いてみると違って見える

もちろん、田舎暮らしには苦労もつきものです。近くには牧場があるのですが、日本の家屋のように網戸が取り付けられていないので、窓を開けると当然ハエや蚊が入ってきます。時には牛の*から作る堆肥の香りも……。(笑)

夏の間、日々の出来事からその日食べたものなど他愛のないことまでを日記に記していました。毎日1時間ほどのつもりで書き始めるのですが、没頭してしまい、気づくと日が暮れていた、なんてことも。

楽しいことばかりでなく、不快や憤りを感じた出来事も綴りました。けれど、書くという行為を通して自分の体験を俯瞰してみると、あまりつらく感じなくなるのは不思議です。また、思考が整理されるので、自分がいかに愚かだったかにも気づかされました。(笑)

日本で暮らしていた頃は、仕事のために生きていたようなものだった──。生活を犠牲にし、大事なことを忘れていたのかもしれません。日々の営みのなかで感じたことを書き続けるうちに、そう思うようになりました。



https://news.yahoo.co.jp/articles/cb9511a5cddfa15a813773eaad1493626a9e588e
2/17(水) 18:01配信


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



(出典 fujinkoron.ismcdn.jp)



(出典 Youtube)
&t=52s
中谷美紀/砂の果実


(出典 Youtube)

中谷美紀/MIND CIRCUS


このページのトップヘ