トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

大きな話題

 【芸能】佐々木蔵之介の結婚発表で、竹野内豊が話題に「まだ竹野内豊さんがいる!」

1 フォーエバー ★ :2021/10/31(日) 00:13:48.49

俳優の佐々木蔵之介が30日、オフィシャルサイトで一般女性と結婚したことを発表した。

【写真】まだ竹野内豊さん(50歳)がいる!

 佐々木は「私事で大変恐縮でございますが、この度、私、佐々木蔵之介は結婚いたしました事をご報告申し上げます。相手は一般の女性です」と報告した。

 このニュースは、“最後の大物俳優が結婚”とネット上で大きな話題に。ツイッターでは「佐々木蔵之介」「一般女性」「最後の砦」といったワードが並んだ。

 しかしその中には「竹野内豊」というワードも。53歳の“最後の大物俳優”である佐々木蔵之介が結婚したが、「まだ竹野内豊さんがいる!」という声が上がったのだ。竹野内は50歳。

 ネット上では、「佐々木蔵之介さんが結婚しても、私たちにはまだ竹野内豊さんがいる」「最後の大物独身俳優 まだ竹野内豊さんが残ってます!」など励ましの声が上がり、さらには「竹野内豊が結婚したら発狂する」「竹野内豊が結婚した時に、全てが終わる」といつか来るかもしれない未来を案ずる声も上がっていた。

10/30(土) 21:33配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/70036692aea8985ef70d51c629c356fd10125359

(出典 i.imgur.com)



(出典 www.lmaga.jp)
【芸能】ポスト中居A.B.C―Z河合郁人の大ブレークの理由は「タッキーの推し」


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/07/20(火) 07:20:57.32 ID:CAP_USER9.net

7/20(火) 6:15配信
東スポWeb

ジャニーズ事務所

 いまやテレビ界でネクストブレークと大きな話題になっているのが、人気ジャニーズグループ「A.B.C―Z」に所属する河合郁人(33)だ。テレビ界では〝ポスト中居正広〟と位置付けられているという。

「この1年で最もブレークしたジャニーズタレントです。昨年、日テレやフジテレビのモノマネ番組に出まくって話題になった。人気も急上昇。いかにも仮面をかぶったアイドルが多い中で唯一、素をさらけ出しているからです」(芸能プロ関係者)

 河合を巡ってはこの「ジャニーズらしくない」というキャラクターが、あだとなりジャニーズ入所から約20年間もの間、芽が出なかった。しかし、いまや河合は破竹の快進撃を続けている。すでに数多くのレギュラー番組を抱えているが、さらにオファーが殺到しているという。

「秋の改編ではレギュラー番組が一気に増えますよ。日テレやテレ朝、フジテレビのGPや深夜帯での出演が内定しました」(事情通)

 河合がここまでブレークした理由だが、滝沢秀明副社長の推しというのもあるようだ。

「滝沢が河合をかわいがっているのには理由がある。河合はおちゃらけキャラだが、人の100倍以上、陰で努力しているんです。ジャニーズの先輩後輩関係なく出演したVTRは、すべてチェックしている。踊りの腕も相当なもの。河合の露出は当初、準キー局や地方局に限定されていたんですが、その理由はジャニーズの先輩やファンらのやっかみを外すねらいもあったとか。そこまで滝沢社長は河合のことを考えている」(キー局編成マン)

 10年後、地上波で河合は何本のレギュラー番組を持っているのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/aa7bf10a693ca45ba99a706ba074f354f03717ce


アンジャ渡部が『行列』で復活⁉「豊洲市場で重労働」は『文春』と組んだイメージ操作だったと仰天説

NO.9308786
 2021/03/09 00:07
アンジャ渡部が『行列』で復活⁉「豊洲市場で重労働」は『文春』と組んだイメージ操作だったと仰天説
アンジャ渡部が『行列』で復活⁉「豊洲市場で重労働」は『文春』と組んだイメージ操作だったと仰天説
 アンジャッシュ・渡部建が東京・豊洲市場で働いてことが大きな話題を呼んだが、ここにきて芸能界復帰を目論んだ壮大な復帰戦略の一環だった可能性が指摘されている。

 週刊誌記者が明かす。

「今回、渡部が豊洲市場で働いていることは、SNSで目撃情報が拡散されたことで発覚しました。

しかし、報道にあるとおり、渡部は週に1回しか出勤しておらず、まだ数回しか顔を出していない。

それが急に、しかも一斉に拡散されたことで知り合いに頼んでわざと世間に知らしめた疑いが浮上しています。

もちろん、必死に働いているところを見せてそれを美談に仕立て、芸能界復帰を果たそうとする渡部サイドのイメージ操作だともっぱらです」
 案の定、ネット上では「もう許してやって」「いつまでも彼の過ちを攻める事はない」といった論調も目立ち始め、風向きが変わりつつある。

 さらに、一連の報道では不可解な点も見られるという。

前出の週刊誌記者が続ける。

「豊洲市場関係者は一様に週刊誌などの取材を拒否していたのですが、なぜか『週刊文春』にだけは渡部が働いていた会社の社長が取材に応じ、『あんな華やかな場所にいた人間が、人が寝ているときに働くっていうのはさ、並大抵じゃない』『こんなに一生懸命やると思わなかったから、見直している』とコメントを出しているのです。

同誌は『文春砲』で多くの芸能人を奈落の底に突き落としてきましたが、やりすぎと叩かれることも増え、最近はフォローを入れてバランスを取ろうとしていると聞きます。

たとえば、鷲見玲奈の『カラオケBOXでの情事』を報じておいて、のちに鷲見本人が否定するインタビューを掲載するようなこともしていました。

渡部の多目的トイレ不倫をスクープした『文春』が、今度は引き上げる手助けをすることで事務所と手打ちしようとしているのではないか」
 実際、3月5日発売の『週刊現代』(講談社)では、GWに放送予定の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)での特番に渡部を出演させる、との報道が出ている。

 豊洲市場の関係者が文春のファンだった……という可能性もあるが、「豊洲市場で重労働」は渡部サイドが練りに練ったスポンサー向けのアピールだったのかもしれない。
【日時】2021年03月08日 21:00
【提供】日刊サイゾー

日刊サイゾーロゴ

このページのトップヘ