トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

声優

【テレビ】武内駿輔『ものまねグランプリ』初出場で初優勝 山寺宏一&福山雅治からも太鼓判

1 ひかり ★ :2021/12/21(火) 23:03:53.84

 声優の武内駿輔が、きょう21日に放送された日本テレビ系の年末恒例番組『ものまねグランプリ ザ・トーナメント』で優勝を果たし、直後に行われたリモート会見では「投票してくださった方々、見て楽しんでくださった方々に大きな感謝を伝えたいです」と喜びを表現した。

 『アイドルマスター シンデレラガールズ』のプロデューサー役や『アナと雪の女王』シリーズのオラフ役などの声を担当していることで知られる武内。予選では大先輩・山寺宏一のものまねを披露して1位通過。決勝では福山雅治のモノマネで、ものまねグランプリ初出場・初優勝を飾った。

 予選については「山寺さんのモノマネをご本人に見せたのは初めてで、情けない数字で終わりたくなかった。1位通過で、大先輩にも顔向けできるパフォーマンスができたと思います」と笑顔を見せた。

 武内のモノマネ指導をした師匠・神奈月に対しては「その場にいる人やテレビの向こう側の人を楽しませてモノマネだということを勉強させていただきました。技術的なところだけでなくモノマネ芸の手ほどきをしていただきました」と感謝を伝えた。

 今後のモノマネについては「福山さんご本人から『似ている』というありがたい言葉をいただきました。山寺さんからも背中を押していただいたので、おふたりのモノマネの精度をあげていきたい」とさらなる技術向上に意欲。来年の目標を聞かれると「声優という職業をいろんな方に知っていただき、仕事のおもしろさや可能性をいろんな場所で披露できる機会があれば挑戦し続けたい。声優という仕事を大事にしつつ、ほかのことも頑張っていきたい」と語った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d58e09eba144ec26d1a2a6d927eea78d5920b0d9


(出典 pbs.twimg.com)



(出典 storage.mantan-web.jp)
【声優】関智一(49)声優業界は常に役を取り合う「椅子取りゲーム」長く活躍することの難しさ明かす


1 muffin ★ :2021/09/27(月) 19:19:26.31

https://www.oricon.co.jp/news/2208384/full/

声優の関智一、畠中祐が24日、ABEMAの人気生放送番組『声優と夜あそび』に出演し、関は声優業界の厳しさを語った。

この日は、“夜あそび”でのコンビをスタートして半年が経つものの、「じっくり話す機会がなかった」という2人の距離をより縮めるため、畠中による「もっと関さんとしゃべりたい!」企画を実施。スタッフのいない、カメラだけが置かれた楽屋で、関と畠中2人っきりのじっくりトークが行われた。

「聞いてみたいことをたくさん考えてきた!」という畠中は、関へ「役者になったきっかけは?」「挫折って経験したことあるんですか?」「苦しい時に自分を奮い立たせるためには?」と次々に質問。関はその質問に丁寧に答え、芝居に興味を持つきっかけとなったという、小学生のころに観た小劇場での舞台の話や、心が折れそうなときに意識していることなどを明かた。

続いて、「20代前半はどういう役者を目指していた?」と聞かれた関は、「ただがむしゃらにやってただけで、特に目標はなかったかな」と告白。しかし「でも、養成所のときに当時先生だった増岡弘さんに“お前はお芝居上手だね。でもいい芝居じゃない。もっと泥水を啜るような演劇をやれないとダメだと思うんだ”って言われて…汚い芝居をしたいなって思った」「芝居がきれいとか、上手だねってハートがあんまないみたいな言われ方じゃん。一番言われたくないことだなと思って」と、“きれいな芝居”と言われることにコンプレックスを抱えていたことを打ち明けた。

そして話題は、常に役を取り合う声優ならではの悩みについてへ。アニメの役について、年長者や高齢のキャラクターが限られることから、年齢が上がっていくことに役が少なくなっていくことを話す関は、「椅子取りゲームだよね」と例え、その少ない席を争う声優業界の厳しさを熱弁。長く声優業界で活躍することの難しさや不安を明かしつつ、「仕事を呼んでもらえるような何かを、常に高めていかないといけないと思うよね」とハングリー精神を語った。


(出典 contents.oricon.co.jp)


(出典 contents.oricon.co.jp)



(出典 www.getthefunkout.info)
 【声優】「ルパン三世」次元大介役声優、小林清志が勇退 唯一オリジナルキャスト 放送50周年節目に“銃を置く”


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/07(火) 06:00:03.94 ID:CAP_USER9.net

9/7(火) 5:30配信
スポニチアネックス

声優の小林清志

 人気アニメシリーズ「ルパン三世」の次元大介役を1971年の開始時から務めてきた声優の小林清志(88)が勇退することが6日、分かった。唯一のオリジナル声優として長年出演してきたが、高齢を理由に卒業が決定。放送50周年の節目で次元の声が変わることになった。

 10月9日から日本テレビで50周年を記念した新シリーズ「ルパン三世 PART6」(土曜深夜0・55)の放送が始まる。声優は未発表だが、小林は出演しないことが決まった。新たに別の声優が次元を演じる。

 勇退の大きな理由が88歳という年齢。アニメ関係者は「小林さんは可能な限り次元役を続けていきたいという思いは持っていた。ただ、長時間のアフレコを何度も行うことは体力的にも大変。現実的に続けることが難しくなったそうです」と話した。

 主人公ルパン三世の相棒で、射撃の名手である次元。小林は、無口で銃の達人というところからイメージを膨らませ、ダンディーに見えるように声を作り上げた。年齢を重ねても発声に必要な腹筋を鍛え、50年にわたり役を守ってきた。19年公開の劇場版の舞台あいさつでも「もう少しやらせてもらいたい」と意欲十分だった。

 人気アニメは声優を交代することが難しい。アニメ関係者は「視聴者は聞き慣れた声優の声でキャラクターを見ている。作品の人気が出れば出るほど、声優の交代は困難になる」と明かした。

 特に長寿のルパンシリーズは、キャラと声の浸透度が高い上、劇場版の名作「ルパン三世 カリオストロの城」が今も2~3年に1度のペースでゴールデン帯で放送されている。今回の声優交代で主要キャラクターの声が「カリオストロの城」と新シリーズですべて異なることになり、アニメ関係者は「かなり難しい決断だったと思うが、小林さんの体調と作品の今後を考え、このタイミングで踏み切ったのでしょう」とした。後任の声優を含め、近く正式に発表される。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/dd0d706957ff606463854ff6eef0abe9dd31f35c




(出典 cdn-cms.beams.co.jp)
【芸能】中川翔子 山寺宏一の岡田ロビン翔子との結婚に「びっくりしました!!翔子違いでした!」


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/06/14(月) 22:52:00.25 ID:CAP_USER9.net

6/14(月) 21:25
スポニチアネックス

中川翔子 山寺宏一の岡田ロビン翔子との結婚に「びっくりしました!!翔子違いでした!」
中川翔子
 声優の山寺宏一(59)が14日、タレントで「THE ポッシボー」元メンバーの岡田ロビン翔子(28)と結婚したことを発表、祝福の声が相次いだ。

 タレントの中川翔子(36)は「えー!!山寺さん!!びっくりしました!!翔子違いでした!!おめでとうございます」とし「素晴らしい!!!」と祝福ツイート。

 山寺の声優仲間の花江夏樹(29)は「山寺さん、ご結婚おめでとうございます!!」、梶裕貴(35)も「おめでとうございます!!!おしあわせに」とツイッターでつづった。

 また、岡田が所属していた「チャオベッラチンクエッティ」でともに活躍した後藤夕貴(28)も「幸せなニュース!メンバー第1号!! 自分のことのように嬉しくて嬉しくて… 山寺宏一さん、岡田ロビン翔子ちゃん おめでとうございます お幸せに」と祝福の言葉をつづった。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/da8f91279ae4dd636df725ca48e648d6b59feab6



(出典 geitopi.com)



【芸能】宮迫博之「セミ役」 さんまプロデュースのアニメ映画に声優で出演


1 muffin ★ :2021/03/20(土) 23:23:45.31

https://www.sanspo.com/geino/news/20210320/geo21032022570035-n1.html

タレント、明石家さんま(65)が20日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・0)に出演し、自身が初めてプロデュースするアニメ映画「漁港の肉子ちゃん」(6月11日公開)にお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(50)が声優で出演することを明かした。

同映画では元妻で女優、大竹しのぶ(63)らが声優を務めるが、「宮迫はセミ。土にずっと埋まって、出てくるんですよセミが。一言あるんですよ。『出てきてもこんなもんか』って」と、テレビ出演から遠ざかる宮迫自身を彷彿させる“ちょい役”で出ていることを明かした。


このページのトップヘ