トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

国内外

わざとワクチンを「廃棄」に? 各地で起こっている「不穏な動き」の背景にあるもの 自らを「英雄視」しているかもしれない


NO.9739089
 2021/08/11 13:44
わざとワクチンを「廃棄」に? 各地で起こっている「不穏な動き」の背景にあるもの 自らを「英雄視」しているかもしれない
わざとワクチンを「廃棄」に? 各地で起こっている「不穏な動き」の背景にあるもの 自らを「英雄視」しているかもしれない
各地で起こっている「不穏な動き」国内外で積極的にワクチン接種に反対する反ワクチン関連の動きが活発になっています。

アメリカでは、コロナワクチンを打った腕に磁石がくっつくというデマがソーシャルメディアで流行し、それがワクチンにマイクロチップなどの金属が含まれている証拠だと騒がれ、ワクチン忌避を後押ししてしまう事態にまで発展しています。

いわゆる「マグネットチャレンジ」と呼ばれるもので、7月15日には、米ホワイトハウスがフェイスブックなどの大手ソーシャルメディアに対し、コロナワクチンに関する偽情報への対策強化を求めました。

ホワイトハウスのサキ報道官は、非営利団体のデジタルヘイト対策センター(CCDH)がまとめた統計を踏まえ、「SNSプラットフォーム上にある反ワクチンの偽情報の65%は約12人が生み出している」と指摘し、事の重大性にいよいよ中央政府も重い腰を上げた格好となりました(ホワイトハウス、巨大ITにコロナ偽情報対策の強化要請 「65%を12人が拡散」/2021年7月17日/CNN)。

日本でも同様のデマが以前からソーシャルメディア上で流布しているのと並行して、ここ数か月はコロナワクチン接種の妨害を意図したと疑われるきな臭い出来事が続発しています。

5月以降、兵庫県や大阪府で相次いで発生したワクチン保存用冷蔵庫のプラグが抜け、ワクチンが使用不能となり廃棄された事案がまさにそれです。

最近でも、7月18日に福岡県赤村でワクチン2160回分、7月17日に滋賀県東近江市で1494回分、7月14日に北海道室蘭市で168回分、7月11日に神奈川県相模原市で72回分が、冷蔵庫のプラグの緩みや..
【日時】2021年08月11日 08:00
【ソース】現代ビジネス

コロナワクチン接種後1週間は激しい運動をしてはいけない 国内外で心臓障害の報告が

NO.9728742
 2021/08/07 22:29
コロナワクチン接種後1週間は激しい運動をしてはいけない 国内外で心臓障害の報告が
コロナワクチン接種後1週間は激しい運動をしてはいけない 国内外で心臓障害の報告が
「どのくらい経てば運動してもいいのでしょうか?」――。新型コロナワクチンの接種が進む中、医療機関ではこんな質問が増えているという。厚労省は「接種当日は激しい運動を控えるように」としているが、それで問題はないのか。東邦大学名誉教授で循環器専門医の東丸貴信氏に聞いた。

 7月上旬、中日ドラゴンズの木下雄介投手(27歳)がワクチン接種後に行ったトレーニング中に倒れ、治療が続けられていたが、今月3日に亡くなっていたことがわかった。接種から数日後、練習場でハードな運動をしているさなかに倒れて大学病院に搬送。心臓にトラブルが起こって脳にも影響が及び、人工呼吸器を外せない状態だったと「週刊新潮」で報じられていた。

 現時点ではワクチンとの因果関係はわかっていない。ただ、海外でもワクチン接種後に激しい運動をして倒れたケースが報告されている。シンガポールでは、6月27日にファイザー社製のワクチンを接種した16歳の男子生徒が、7月3日にスポーツジムで負荷の大きなトレーニングをしているさなか、心不全を起こして倒れたという。

 こちらもワクチンとの関連は検証中というが、ほかにもワクチン接種後に心臓障害を起こしたケースが12件報告されていて、そのうち7件が30歳以下の男性だった。これを受け、シンガポール保健省は「ワクチン接種後1週間は運動や激しい身体活動を避ける必要がある」と勧告した。それまで運動を控える期間は12~24時間としていたが、大幅に延長されたことになる。

 日本でも、ファイザー社製のワクチン接種後に心不全、虚血性心疾患、大動脈疾患、不整..
【日時】2021年08月07日
【ソース】日刊ゲンダイ

このページのトップヘ