トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

全国


(出典 tarou2525.com)
 【話題】 「全国同時ノーマスクピクニック」に非難殺到  会場とされた都立砧公園 「残念です」


1 影のたけし軍団 ★ :2021/04/19(月) 16:44:43.77

新型コロナウイルスの感染が急拡大する大阪府などで、「NOマスク」のイベントが開催されるとして、
ツイッターで警戒する声があがっている。


イベントを呼びかけるHPによると、2021年5月1、2日の土日に「#全国同時ノーマスクピクニックデー」と題して、
全国各地でノーマスクピクニックを楽しむという。

現在、東京や大阪、福岡、沖縄など全国17カ所で開催が予定されている。


ツイッターでは「この状況で信じられない」「医療現場に余計な手間を増やさないで」などと反発の声があがり、
「近づいてはいけません」とイベント開催を知らせて注意を呼びかけるツイートも散見される。

HPでは、会場として大阪城公園や都立砧公園などが掲載されている。

都立砧公園の担当者は「(会場とされていることについて)残念です。朝からたくさん電話が入っており、
ツイッターで掲載されているのは存じ上げている」といい、対応について「園内放送や立て看板・ポスターの張り出し、巡回職員でお声がけをする。
これからまた東京都公園協会として対応を考えていく」と話した。

昨年には、東京・渋谷ハチ公前広場で、マスクを着けない人が集まる音楽イベント「クラスターフェス」が開催されたこともあった。
このイベントについて、澤井康生弁護士は次のように指摘している。

「集会の開催を阻止する手段としては、裁判所に集会禁止の仮処分の申し立てを行い、集会禁止を命じてもらう方法が考えられます。

通行人を感染させた場合、感染した人が重症化した場合、主催者などについて刑事事件として傷害罪や過失傷害罪が成立する可能性はありますし、
民事事件として不法行為による損害賠償責任を負う可能性もあります。

ただ、その場合因果関係の立証が必要となります」

https://www.bengo4.com/c_23/n_12385/



(出典 hakentobaito.com)




まるかつ
画像提供:まるかつ)

飲食店での迷惑行為に周囲の客もドン引き 苦悩する店長の想いを直撃

福岡市の飲食店から始まった「黙食」が全国に広まりつつある。京都市はホームページ上で、黙食のPOPを自由にダウンロードできるようにしている。そんな中、奈良県とんかつ店で客同士のトラブルが発生。しらべぇ取材班は当時の状況を、店長から詳しく聞いた。


■客同士で口喧嘩勃発

奈良市とんかつ店「まるかつ」は、まるかつ無料食堂を実施するなど、社会貢献にも積極的な店だ。その店に7日夕方、5人のグループがやってきた。


大声で話しながら入店してきて、そのうちの1人は酔っている様子だったという。その後メンバー同士で大声で口喧嘩を始めて、一人は店から出ていったそうだ。


関連記事:マクドナルドでチェーンソー男がフード強奪 店長との逃走劇の末に逮捕

■店長が「お帰りください」

スタッフが「ほかのお客様の迷惑になりますし、感染予防のためにも、もう少し小さな声でお話いただけますか」とお願いするも、聞き入れられなかった。その後も大声での会話が続いたため、事務所にいた店長がスタッフから事情を聞いたのちに、グループに注意。

すると、今度は店長を怒鳴りつけてきた。店長はまわりの客のことも考慮し「お代は結構ですので、お帰りください」と宣言するも、すぐに帰らなかった。


■まわりも迷惑を

業を煮やした店長は「お帰りいただけない場合は警察を呼びます」と通告し、グループに強制的に出ていってもらったという。普段、会話が盛り上がってしまっている客たちは、「小声でお願いします」というスタッフのジェスチャーのみで、冷静になる場合がほとんどだという。

このトラブルに居合わせた客が後に、「残ったものをお茶で流し込み会計して帰った」とのツイートを見て、店長は非常に心が痛んだと話す。帰っていったグループの中の一人からは、謝罪の言葉もあったそうだ。


■いつもより多めのやさしさで

店長はトラブル後、すべての客のテーブルをまわって「店内の空気が張り詰めていたこと」も含め、お詫びしたという。この店では、昨年の3月末から8月末まで、新型コロナウイルスの影響を考慮し、テイクアウトのみの営業を実施。

「ありがたいことに多くのお客様に来ていただけて、売上が10~30%減で済んだ」と店長。昨年9月からは通常営業に戻したが「店内とテイクアウトの相乗効果で、売上がコロナ禍前よりアップしている」と話す。

最後に店長は「コロナ禍で大変な時期ですが、不びんさを少しづつ分け合いながら、思いやりをもって過ごしていくことが大切ではないかと感じております。飲食業のわたしたちも同じ人間です。いつもより多めの優しさを持って接していただければ嬉しいです」とメッセージを送った。

・合わせて読みたい→『スッキリ』加藤浩次、コロナ対策守らぬ客に疑問 「その通り!」と共感相次ぐ

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち


(出典 news.nicovideo.jp)

このページのトップヘ