トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

倦怠感

コロナ後遺症「3割が半年後も症状が持続」、軽症例や若年層でも油断は禁物


NO.9701660 2021/07/28 22:26
コロナ後遺症「3割が半年後も症状が持続」、軽症例や若年層でも油断は禁物
コロナ後遺症「3割が半年後も症状が持続」、軽症例や若年層でも油断は禁物
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の後遺症の実態が明らかになってきた。

 日本国内では、2020年1月~21年2月にCOVID-19で入院した522人を調査した結果、退院時に倦怠感などの自覚症状を認めた人の3割で診断から半年がたった時点でも、症状が持続していたことが判明。

主な症状は、疲労感・倦怠感が21%、味覚障害、頭痛が9%、思考力・集中力の低下が11%など。脱毛も10%に認められた。一方、症状の有無にかかわらず、およそ8割は「感染以前の健康状態に戻った」としている。ただ、長引く症状が一つでもあると不安や抑うつ気分、睡眠障害を自覚する傾向が強まるため、仕事や学業など社会生活への影響が懸念される。

 軽症例でも油断はできない。

 ノルウェーの報告では、20年2月28日~4月4日にCOVID-19と診断された「自宅待機患者(軽症~中等症例)」と「入院患者(重症例)」について、6カ月後に再診と聞き取り調査を実施。最終的な解析対象は自宅待機組247人、入院組65人だった。

 その結果、自宅待機組の55%で半年後も自覚症状が続いていることが判明。主な症状は疲労感30%、味覚・臭覚障害27%、集中力の低下19%、記憶障害18%で、呼吸困難も15%で続いていた。

 16歳未満の自覚的な後遺症は16人中の2人(13%)にすぎなかったが、16~30歳では61人中の32人と半数が6カ月後も後遺症に悩んでいた。

【日時】2021年07月28日 6:00
【ソース】ダイヤモンドオンライン





(出典 sa0209ta.com)

相葉君心配ですね

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/01/05(火) 05:57:01.79 ID:CAP_USER9.net BE:617161215-2BP(0)

1/5(火) 5:15
東スポWeb

嵐・相葉雅紀 番組収録欠席で不安視される「過去の病歴」
ジャニーズ事務所
 昨年末で活動休止となった嵐の相葉雅紀(38)の体調が心配されている。

 相葉は4日に行われた自身がMCを務めるフジテレビ系新バラエティー番組「VS魂」の収録を欠席。同日、ジャニーズ事務所のホームページが発表した。

 前日3日には「VS魂」初回3時間生放送スペシャルに出演。生放送を終えた後の3日深夜から4日早朝にかけて体調不良を訴え、PCR検査を実施した結果、陰性だったという。

 ホームページでは「微熱とともに倦怠感があることから、大事をとって1月4日の番組収録を欠席することといたしました」などと報告している。次回放送日は14日で、二宮和也(37)が代わりに出演。次々回となる21日放送には、関ジャニ∞の村上信五(38)が出演する。

 現在、相葉のPCR検査の結果は陰性。ただ、お笑いコンビ「ミキ」の昴生(34)が昨年12月22日に発熱し、PCR検査では陰性と診断されたが、体調不良が続き、再び12月31日にPCR検査を受けた結果、今年1月1日に陽性と診断されたことがあった。いま陰性だからといって、安易に安心できる状態ではないということだ。

 また相葉といえば、1999年に嵐としてデビューした後の2002年、右肺気胸で5日間入院。11年6月には左肺にも気胸を起こし、緊急入院した過去があり、呼吸器系の既往歴という不安要素を抱えている。

 同番組は「VS嵐」の後継番組として知られる。芸能プロ関係者は「嵐にこだわっていた相葉が、体調を崩してしまったことで、後継のレギュラー番組に穴を空けたことはツイていないとしか言いようがない」と話している。とはいえ、一刻も早い体調の回復が待たれる。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/2a74937e36f569c62487fb1e38f174cb05cd2fc1


【【相葉雅紀】体調不良もコロナ陰性】の続きを読む

このページのトップヘ