トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

俳優

【芸能】「こども店長」加藤清史郎の20歳スーツ姿が「まって、かっこよすぎる」「どこの社長かと」と反響

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/02/02(水) 22:17:11.47

2/2(水) 21:25
スポーツ報知

「こども店長」加藤清史郎の20歳スーツ姿が「まって、かっこよすぎる」「どこの社長かと」と反響
加藤清史郎のインスタグラム(@kato_seishiro_official)より
 子役時代に「こども店長」として人気となった俳優の加藤清史郎が2日、自身のインスタグラムを更新し、エリートサラリーマン風のスーツ姿を披露した。

 昨年20歳になった加藤は「いよいよ、今夜25時10分から水ドラ25『ダメな男じゃダメですか?』初回放送 皆さん、今日から毎週水曜日は、ほんの少し夜ふかしして、『ダメダメ』を観て、笑ってから寝ませんか?? 僕はそうします 楽しみいぃぃ…」と記し、スーツ姿で高層ビルの窓辺に座っている写真をアップ。「さて、今回登場する、エリートな僕(中野くん)をupしておきまーす。笑」とつづった。

 この投稿には、「まって、かっこよすぎる」「どこの社長かと思いビックリしちゃいました」「イケてます」「スーツ似合ってる」「横顔カッコイイ」などのコメントが寄せられた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/be45e32d809b6573daa3f87b51de6a095129d055


(出典 hochi.news)


(出典 hochi.news)


(出典 hochi.news)


テレ東「孤独のグルメ」大みそかSP最高6・1%!5年目にして初の5%超え!

1: : 2022/01/05(水) 09:55:01.27 _USER9
1/5(水) 9:52
スポニチアネックス

俳優の松重豊

 昨年大みそかに放送された俳優・松重豊(58)主演のテレビ東京ドラマ「孤独のグルメ 2021大晦日スペシャル 激走!絶景絶品・年忘れロードムービー」(後10・00〜11・30)の平均世帯視聴率が6・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが5日、分かった。2017年にスタートした大みそか特番としては、19年の4・7%を1・4ポイント上回り、歴代最高を更新。例年通り「NHK紅白歌合戦」第2部(後9・00〜11・45)と重なったが、大健闘した。

 大みそかSPは17年が4・6%、18年が4・0%、19年が4・7%、20年が4・1%。5年目にして初の5%超えとなった。

 「週刊SPA!」で不定期連載された同名コミック(原作・久住昌之氏、作画・谷口ジロー氏)を映像化したグルメドキュメンタリードラマ。12年に始まり、深夜枠ながら昨年7月期に「Season9」を迎えるなど、今や同局の看板ドラマ。輸入雑貨商を営み、商用のため様々な街を訪れる井之頭五郎(松重)が一人、ふと立ち寄った店で食事をする姿を描く。

 今回は12月29日、井之頭五郎(松重豊)は京都府伊根町で年内最後の商談。商談を終え、帰路に就こうとしたところ、東京へ届け物があると商談相手の舟屋の主人・蓑田康雄(小籔千豊)に相談されるが、それは何と車だった。押しの強さに渋々了承したが、古い車の上に狭くて運転しにくい。方向も分からぬまま一路東京を目指し、迷いたどり着いたのは兵庫県丹波篠山。空腹の五郎が一軒のお店に入ると…という展開だった。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/6f8deb2c7680d309c50b5db35b0e553b2a7b407a


(出典 www.dailyshincho.com)
【速報】元V6の坂本昌行、女優の朝海ひかるとの結婚を発表


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/30(木) 13:35:46.34

12/30(木) 13:33配信
オリコン

坂本昌行が朝海ひかるとの結婚を発表

 元V6で俳優の坂本昌行が30日、女優・朝海ひかると結婚したことを所属事務所を通じ発表した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cc5eb92506d4e3d907b103689f4fa48a2c5628cd



(出典 pillowycafe.com)



1 ひかり ★ :2021/12/10(金) 15:08:26.96

 元・乃木坂46で女優の若月佑美(27)が、俳優の玉置玲央(36)と結婚したことを自身のインスタグラムで発表した。

 インスタでは「いつも応援して下さる大切なファンの皆さま・関係者の皆様へ」として「私事で大変恐縮ですがこの度 俳優の玉置玲央さんと入籍致しましたことをご報告させて頂きます」と発表。「温かさと優しさで溢れ見返りなく他者を助けることが出来るそんな誠実で、真面目で、献身的な方です」と伝えた。

 また「出会ってから暫くは友人としてお付き合いさせて頂いておりましたが、その後仕事への向き合い方や趣味など内面的な部分を徐々に共有していくうちに互いにとてもよく似た生き方をしている事が分かり、だからこそ隙間にいち早く気付き、補い、助け合えるのではと交際に発展いたしました」と説明し、「又、近年の非常に難しい時間を互いに過ごしていく中で生涯をかけて共に励まし支え合う存在であり続けたいという思いが増し、家族として一生の味方になれたらとこの度入籍する運びとなりました」とコメントしている。

 「今後もお仕事には真摯に向き合い誠心誠意、丁寧にきっちり努めて参ります」と決意するとともに、「また何よりこんな私をずっと応援してくださる皆様の存在により一層の感謝をし、自惚れることなくしっかり恩返し出来るよう精進致します。どうかこれからも温かく見守って頂けたら幸いです」と呼びかけた。

 若月は2011年に乃木坂46の1期生として加入。ドラマ『今日から俺は!!』『アンラッキーガール!』など多数の作品に出演し、モデルとしても活躍。2018年11月にグループから卒業した。

 玉置は劇団「柿喰う客」の中心メンバーとして活躍。劇団以外でも、『夢の裂け目』『Take Me Out 2018』『秘密の花園』『イヌの日』など数多くの作品に出演している。NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』ではTV局社会部、気象庁担当の記者・沢渡公平を演じた。

オリコン

https://news.yahoo.co.jp/articles/e5fe1b70e980646622285105c1b9fbd071e27a30


 【芸能】デヴィ夫人が中国で炎上! “芸能界追放”俳優とのツーショット拡散に「無礼ですわよ」


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/07(木) 07:21:22.26

10/6(水) 21:01配信
週刊女性PRIME

'19年にデヴィ夫人のブログに掲載されたツーショットが波紋を呼んだ

《この女性は誰ですか》

《悪名高い反中右翼夫人》


 このようなやりとりが行われているのは、中国版ツイッターの微博。今、中国のネット上ではデヴィ夫人に非難の声が集まっている。

「彼女はインドネシアのスカルノ初代大統領と'62年に第3夫人として結婚。'65年に大統領がクーデターによって失脚した後は、日本に帰国してタレントとして活動を始めました」(芸能プロ関係者)

 いったい、何があったのか。キーマンとなったのが、張哲瀚(チャンジャーハン)という、日本ではあまりなじみのない中国の若手俳優だった。

「彼は端正な顔立ちで“公主(プリンセス)”と呼ばれるほどのイケメン。今年2月に主演した中国の時代劇ドラマ『山河令』は大ヒットし、たちまち人気俳優になりました」(スポーツ紙記者)

 しかし、8月に彼の運命は一変する。

中国のネットユーザーが敏感に反応して
「張さんが'19年に来日した際に観光で靖国神社を訪れたり、乃木神社で行われた友人の結婚式に参加した際の写真が、ネット上に流出したんです。靖国神社は太平洋戦争のA級戦犯を祀っていますし、乃木神社は中国の支配権をめぐった日露戦争で指揮を執った乃木希典大将を祀っていますから、現地では忌み嫌われています。たちまち炎上し、瞬く間に彼は芸能界から追放されてしまいました」(中国に詳しいライター)

 彼が列席した結婚式に、偶然居合わせたのがデヴィ夫人だった。彼女は自身のブログに張とのツーショット写真を掲載。今回の炎上でその写真が発見され、彼女のブログの内容が中国のネットユーザーにも知られることに。

「夫人はたびたび歴史問題に関する発言をしています。過去のブログでは、首相の靖国参拝を支持して“日本の誇りを取り戻しましょう”と綴ったりもしていました。それを知った中国の人たちが、敏感に反応したのでしょう」(同・ライター)

 冒頭の夫人への攻撃にはこういった経緯があった。とんだとばっちりだが、当の本人はこの騒ぎを知っているのか。9月下旬に取材を申し込むと、すぐに彼女から電話がかかってきた。

「私、明日から『イッテQ』の撮影でロケに行きますの。ご用件は?」

 中国での炎上騒ぎを伝えると、たちまち不快感をあらわに。

「まったく知りませんでしたわ。本当に無礼ですわよ!」

 自分が“反中人物”なんてとんでもない、と憤慨する。むしろ、中国との友好関係を築くことに尽力したという。

「1960年代はスポーツと政治が密接な時代で、共産主義国家の中国はオリンピックに参加できませんでした。そこで夫は'66年に『新興国スポーツ大会』をインドネシアで開催し、中国を招待するなど、スポーツを通して交流を進めてきました。中国を国連の加盟国にしたのも夫です。彼は常々“真の民族主義は、他民族を尊敬することから始まる”と申しておりましたわ」

 張と夫人のツーショット写真が、日中友好の証と受け取られることを願いたい。 
 
 
https://news.yahoo.co.jp/articles/56c7aa55df62308314b1d9d6173c48310b99f0a2


このページのトップヘ