トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

世界初



成都市に「蚊ゼロ公園」が間もなく登場―中国



夏になると、公園を散歩する人が増えるが、公園には往々にして人々を悩ませる「蚊」がたくさん飛んでいる。しかし、四川省成都市を流れる錦江沿いでは間もなく「蚊ゼロ公園」が開園する。公園はリニューアル工事が行われた「活水公園」で、25年前の1990年代には世界初の自然生態系を利用して水を浄化する公園として話題になった。そして、今回のリニューアル工事によって、同公園は成都初の「蚊ゼロ公園」に生まれ変わることになる。

■1時間半で1カ所も刺されず

職員によると、リニューアル工事で、活水公園内の峨眉山を模した植物群落や希少植物種を守るために、スマート噴霧システムが設置され、峨眉山と同じ環境が作り出されたため、涼しさが倍増しているという。しかし、湿度が高くなると、蚊が繁殖する温床となってしまうのではないだろうか?



本当に「蚊ゼロ」なのかを体験しようと、蚊よけスプレーグッズを使うことなく、公園内を散歩したり、座っておしゃべりを楽しんだり、さらには植物が茂る場所に入って写真を撮影してみた。しかし1時間半を経過しても、全身どこも蚊に刺されていなかった。

■「蚊ゼロ」を実現しているのは50台の「マジックボックス」

「活水公園」を「蚊ゼロ公園」に変えたのは、リニューアル工事であちこちに設置された四角いボックスで、これは世界初の空気蚊捕獲システムだ。

その蚊捕獲機には、世界初の自然の空気だけを使って蚊を捕獲できる技術が採用されている。同機は、人間の呼吸の原理を模倣しており、空気中の二酸化炭素を集め、その濃度を人体の水準に高めることができる。そして、蚊が人が呼吸していると勘違いして寄って来るという仕組みだ。そのため、健康に害を及ぼすものを使わずに、効果的に蚊を駆除することができる。蚊を駆除する過程で、化学物質による環境汚染や光害、騒音などが発生することは全くない。

活水公園では、設置された50台の蚊捕獲機が同時に作動しており、公園全体をカバーし、公園内の蚊の数が激減している。



「活水」や「浄化水」はもともと、蚊などの虫が繁殖しにくいが、今回のリニューアル工事では、多重濾過システムや水生態浄化システムがさらに強化され、水が自然に流れ、自然に浄化するようになっている。そのため、水の流れが止まる場所がさらに減り、蚊が繫殖しにくい環境が作り出されている。

また、植栽する植物の品種を調整し、活水公園にもともとあった植生をそのまま残すことを前提に、植栽ポイントをできるだけ最適化し、川辺の植生に対して微調整を施し、植物が密集する空間を減らして、蚊が繫殖しにくい環境を効果的に作り出している。

このように、ハイテクの蚊捕獲機を設置するだけでなく、自然生態系を構成する水や植物にも工夫を凝らし、活水公園の環境がさらに良くなると同時に、ほぼ「蚊ゼロ」を実現している。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

四川省成都市を流れる錦江沿いでは間もなく「蚊ゼロ公園」が開園する。


(出典 news.nicovideo.jp)


宇宙ステーションに支局開設 「世界初」とタス通信
1 少考さん ★ :2021/11/18(木) 04:42:51.61

宇宙ステーションに支局開設 「世界初」とタス通信―ロシア:時事ドットコム:
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021111701281&g=int
2021年11月17日23時53分

【モスクワ時事】ロシアのタス通信は17日、国際宇宙ステーション(ISS)に常設の支局を開設すると発表した。「世界のメディアで初めて」としており、来月8日に地球からISSに向かうロシアの宇宙飛行士が初代の「特派員」を務める。

17日にタス通信と国営宇宙企業ロスコスモスの社長が協力の覚書に署名した。宇宙飛行士のアレクサンドル・ミスルキン氏が特派員としてISSから生活や仕事について語り、記事が配信される見通し。写真や動画も公開される予定だ。ミスルキン氏は日本の実業家の前沢友作氏らと共に宇宙船ソユーズに搭乗してISSに向かう。

(略)
※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

(出典 宇宙ステーションに支局開設=「世界初」とタス通信―ロシア (2021年11 ...)


日本企業「空飛ぶバイク作った」「どうせ煩くて遅いんだろ」「時速100km」「それエンドアの戦いやん」


1 タルト(SB-Android) [DZ] :2021/10/27(水) 12:00:10.29

世界初!驚きの“空飛ぶバイク”を発売  最高速度100キロで縦横無尽に 将来は人命救助に活用も

動画
https://news.yahoo.co.jp/articles/aa19399339e93e47b361662f7daea7a4c69d3896

 こちらは静岡県にあるサーキット場「富士スピードウェイ」。

 走っているのは車ではなく…。

 地面から2メートルほど浮いた状態でコースを走るのは、世界初!実用型の「空飛ぶバイク」なんです。

 まるでSF映画に登場しそうなフォルムです。

 この空飛ぶバイクにはタイヤはなく、ガソリンエンジンと電気モーターを使ってプロペラを回し、浮き上がって進む仕組み。

 最高速度は時速100キロで、連続40分ほどの運転が可能です。

 海の上だって飛ぶことができるんです。

 開発したのは産業用ドローンなどを作る東京の会社。

 開発のスタートは2017年。

 ようやく実用化にこぎつけ報道公開となりました!

 開発した狙いは?

 「道路が整備されていない砂漠や湿地などの路面でも、効率よく移動できるモビリティが将来求められるのではないかと」
 (A.L.I. Technologies 片野大輔・社長)

 操縦するには特別な訓練が必要なので、記者がVR技術で、その乗り心地を体験します。

 「ふわっと浮きました!ゆっくりと、プールの上を走っています」
 (宮田記者レポート)

 さて、気になる値段ですが、なんと1台7700万円。

 高額ですが「空を飛べるなんて夢みたい!」と、26日の発売にあわせ、問い合わせが相次いでいるとのこと。

 現在のところ、公道上は移動することはできませんが、将来は道が寸断された地域で、人命救助などに活用できたらということです。

 「新しいモデルを2025年に発売するための計画もしていて。完全に電動化、環境への配慮を意識したモデルを今後開発していきたい」


薬
正露丸は「寄生虫アニサキス」を殺す世界初の特効薬だった

1: すらいむ ★ 2021/09/08(水) 21:20:39.04 ID:CAP_USER
正露丸は「寄生虫アニサキス」を殺す世界初の特効薬だった

 ラッパのマークの正露丸というと、日本では広く知られている一般的な胃腸薬ですが、これが実は世界初のアニサキス特効薬だった可能性が濃厚になってきました。

 もともと正露丸がアニサキスの活動を抑制するという報告はありましたが、ネット上では専門家による否定的な意見も多く、実際の効果は不明確でした。

 高知大学理工学部の研究グループは、正露丸がアニサキスに対する殺虫効果を持つのかどうかを、細胞の生死判定を行うトリパンブルー染色液を使って調査。

 結果、正露丸を溶かした液は実際にアニサキスを殺していて、胃液でも分解できる状態にしていることがわかりました。

 これは現在殺虫方法がないとされていたアニサキスに対する世界初の特効薬が、実は既に存在していたという驚きの事実です。


 研究の詳細は、「Open Journal of Pharmacology and Pharmacotherapeutics」へ7月22日に掲載されています。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ナゾロジー 2021.09.08
https://nazology.net/archives/95980

世界初、木から作るお酒!!世界唯一の特許技術で、酒類業界に革命が

NO.9486666
 2021/05/17 15:56
世界初、木から作るお酒!!世界唯一の特許技術で、酒類業界に革命が

(※画像は@tomokafuruyaさん提供)

日本酒といえばお米から作られており、ワインといえばブドウから作られるというのは常識であると思います。

しかし、木から作られる開発中のお酒があるのをご存知の方は割と少ないのではないでしょうか?

当編集部では、木からお酒を作ることに成功した国立研究開発法人 森林研究・整備機構「森林総合研究所」にお話を伺い、作成の意図や経緯などについて取材しました。

4月28日、調香師の古谷知華さんが自身のTwitterを更新。

「国立森林総合研究所の『木を発酵し醸造する』世界唯一の特許技術が凄すぎた」とつづり、3枚の画像を添付しました。

物珍しいこのお酒に関するツイートは、現在までに9,000ものリツイートと、1.5万件ものいいねがつくなど大きな反響に。

この、木からお酒を作るという技術を開発したのは、国立研究開発法人 森林研究・整備機構「森林総合研究所」。

そこで、当編集部では開発をした同機構の窓口の方にお話を伺い、作成の経緯などについて取材を行いました。(以下の回答は、開発担当者からの回答です)

 

Quick Timez 編集部:「木を発酵し醸造する」という世界唯一の特許技術を取得されていると存じますが、こちらを取り組もうと思ったきっかけや経緯、理由などをご教示いただけますでしょうか?

 

開発担当者:木の主要成分はセルロース・ヘミセルロース・リグニンの3つですが、リグニン
研究を進めるためにリグニンをできるだけ自然のまま抽出する方法として、薬剤処理や高熱処理をしない「湿式ミリング処理」という技術を開発しました。

 

この「湿式ミリング処理」は木の固い細胞壁を酵素や微生物が分解できるように木を微細化する技術です。

 

微細化後、酵素でセルロースとヘミセルロースを分解して残ったリグニンを研究に使っていました。

 

この開発途中で思いついたことがありました。

 

薬剤処理や高熱処理をしないで酵素や微生物で分解できるということは、木を原料にした新しい発酵食品が作れるのではないかと。

 

そこで、アルコール発酵を試してみたところ、予想外に香りに富んだアルコールが取れ、その瞬間に「世界初の木のお酒」の具体的なイメージができました。

 

ちなみにアルコールになるのはセルロースの部分です。

 

Quick Timez 編集部:「木を発酵し醸造する」という技術で作られた木のお酒ですが、実用化や商品化などのメドは立っておりますでしょうか?

 

開発担当者:人類の長いお酒の歴史の中で、樹を発酵して造る「木のお酒」はこれまで作られたことがなく、人類は飲んだ経験がありません。

 

そのため森林総研では木のお酒の飲用での安全に関する試験を進めており、現在はスギ、白樺、ミズナラ、クロモジから造られた木のお酒の試験を実施しています。

 

現段階で問題は見つかっていません。(既存の酒と同様、飲みすぎは健康を害します。)

 

それと同時に現在いくつかの団体や酒造メーカーと木のお酒の事業化に向けて取り組みを進めています。

 

早ければこの方々から2,3年のうちに最初の「木のお酒」の販売が開始されると期待しています。

 

Quick Timez 編集部:開発には、どれくらいの期間を要したのでしょうか?

 

開発担当者:2017年10月に税務署から試験酒造免許を取得し、そこから「木のお酒」の技術
開発が始まりました。

 

そのため、開発開始から3年半ほど経っています。その中で基本的な木のお酒の製造技術はほぼ確立したと考えています。

 

Quick Timez 編集部:Twitterでのバズを受けて、何か反響はありましたでしょうか?

 

開発担当者:おかげさまで、現在いくつかの問い合わせを受けています。

 

私どもも新しい木のお酒について広報活動を行ってきましたが、一つのTwitterへの投稿で、数日間で何万人もの人に周知されたことは大変ありがたいと感じています。

 

またそれと同時にSNSの威力に驚いています。

 

Quick Timez 編集部:「木のお酒」のPRも含めまして、何かお伝えしたいことがございましたらご教示ください。

 

開発担当者:木のお酒は、これまでのお酒にはない独特の木の良い香りを含む風味があります。

 

また大きく育った樹1本からはウイスキーボトルで数十本から百本ほどの蒸留酒ができる計算になります。

 

樹一本一本には育った場所の環境や土地、水さらには樹齢と言った個別のストーリーがあります。

 

例えば北海道の雪深い地域で育った樹齢100年の一本の白樺と、その地域のきれいな湧水で造った限定100本の白樺蒸留酒とか、奈良県の樹齢100年以上の一本の吉野杉と吉野川の源水から造られた吉野杉蒸留酒など、地域ごとのいろんなストーリーを組み合わせて付加価値の高い「木のお酒」ができると考えています。

 

木のお酒が日本各地の里山で製造されることによって、日本中の林業および山村地域の振興に役立てればと期待しています。

 

また、この技術開発の一部は、生研支援センターのイノベーション創出強化研究推進事業により実施したことを申し添えます。

 

 

セルロースとは食物繊維の一種で、「細胞壁」の主成分としても知られる多糖類の炭水化物です。

これまでには、セルロースの分子を酵素を用いて分解し、微生物の発酵によってエタノールの変換するというバイオマスエタノールの生成などには用いられてきましたが、飲料用の酒類を生成するのは世界初の技術です。

蒸留酒には、ありとあらゆる種類があります。

有名なとこでいえば、大麦やライ麦、トウモロコシといった原料から作られるウイスキーや、芋、麦、米、黒糖などから作られる焼酎。

このほかにも、ジンやウォッカ、ラムといったスピリッツ類も蒸留酒として知られています。

上記の蒸留酒以外にもほとんどの場合、穀類や果実類を原料とするのに対し、今回事業化に向けて取り組んでいる最中なのが「木から作るお酒」。

ご存知の通り、木は元々食べられませんが、そうしたものから酒類を製造するという画期的な取り組みであるため、商品化が待ち遠しいと感じる人も多いはずです。

酒類業界に革命が起こるかもしれない今回の取り組み。

詳しくご覧になりたい方は、「森林総合研究所」のホームページを訪問してみるといいでしょう。

森林総合研究所詳細ページ:https://www.ffpri.affrc.go.jp/research/saizensen/2020/20201201-02.html

(文・取材:Quick Timez編集部)


【日時】2021年05月17日
【提供】Quick Timez

quickTimez

このページのトップヘ