トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

不登校

no title

ゆたぼん(本名: 中村 逞珂〈なかむら ゆたか〉2008年〈平成20年〉12月12日 - )は、日本のYouTuber。沖縄県宜野湾市在住。大阪府生まれ。少年革命家を自称し、自身のYouTubeチャンネルで「学校は行きたい時に行く」「不登校の自由」などを主張し動画配信を行っている。父親は中村幸也。…
34キロバイト (4,860 語) - 2023年9月15日 (金) 14:47
ゆたぼん、迷惑系ユーチューバー・へずまりゅうと絶縁「今は学校行ってて、まともな友達もいっぱいおるし」

1 muffin ★ :2023/09/21(木) 16:58:38.75 ID:OB+q50de9
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202309210000220.html
2023年9月21日10時37分

不登校ユーチューバーゆたぼん(14)が21日までにYouTubeチャンネルを更新。元迷惑系ユーチューバーのへずまりゅう(32)との“絶縁”を宣言した。

ゆたぼんは「へずまりゅうと縁を切りました」と題した動画を公開。元々、自身のアンチだったというへずまりゅうと約4年前に出会い、その後、親友として付き合ってきたという経緯を振り返った。


しかし、小学3年から不登校を続けてきたゆたぼんが中学3年で初登校すると、へずまりゅうはXで「ゆたぼんお前が学校に行くと決めたんだな?ダメ親父からの指示ではないんだな?なら俺はお前と縁を切る。真面目に学校に行くなら俺みたいな社会不適合者とつるんでてもマイナスにしかならないもんな。もう二度とSNSの世界には戻ってこなくていい。犯罪だけはするな学校楽しめよ。さようなら」と“絶縁状”をたたきつけてきた。

これを受け、ゆたぼんは「今は学校に行ってて、まともな友達もいっぱいおるし、そういう人に迷惑を掛けたり、炎上をしている人と関わってもしゃーないし、迷惑系とか炎上系ってほんまに良くないと思うから、俺は今回へずまりゅうと縁を切りました」とコメント。「X(旧ツイッター)とかLINEでもブロックするし、これからはそういう人と関わらないようにSNSをやっていこうと思います」とし、最後はへずまりゅうに向けて「今までほんまにありがとう。これからは人に迷惑をかけたり、炎上するようなことはせんと、真面目に生きて行ってくれ。それじゃあ、さようなら」とメッセージを送った。


(出典 static.chunichi.co.jp)



(出典 nationalminimum.xrea.jp)
 【シングルマザー】「筆箱100均やん」長女が泣いた... 不登校に家に引きこもる 生活保護引き下げの果てに


1 nita ★ :2021/12/17(金) 08:15:38.08

12/16(木) 20:12
配信
朝日新聞デジタル

略)

■体育館シューズ買えないまま…

 2人の子どもを育てるシングルマザーのパート女性(52)も原告の一人。仕事や親の介護で体を壊し、2010年に生活保護を受け始めた。引き下げの影響を痛感したのは6年ほど前。長女(17)が中学校に入学する時だった。

 制服は、知人のお下がりを譲ってもらうはずだったが、学校再編で一新され、10万円近い出費に。体操服の替えや体育館シューズを買えないまま入学式を迎えた。弁当には缶詰の果物を小さい容器に入れて添え、見た目を華やかにする工夫などもしていた。

 ある日、帰ってきた長女が泣いた。原因は、お気に入りの筆箱を見た同級生の言葉だった。「それ、百均やん」。長女は「遠回しに貧乏をからかわれた」と感じて不登校になり、17歳の今も、家に引きこもる。

 女性は、高校入学前の長男(16)から言われた「オレが働いて家にお金を入れたら、もう生活保護を受けんくていいんか」という言葉も耳に残っている。「子どものいる家庭に同じ思いをしてほしくない」と訴訟に加わったが、訴えは裁判所に届かなかった。「将来が不安になるばかり。ますます厳しい世の中になっていくんでしょうね」。女性らは控訴する方針だ。

全文はソースで

https://news.yahoo.co.jp/articles/dc178975f64efa09c2e093d372cc6a4081746853

★1:2021/12/16(木) 20:58:47.56

※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1639684559/


このページのトップヘ