トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

一部選手


(出典 3.bp.blogspot.com)
 高梨沙羅ら“大量失格”の背景か…ジャンプスーツの専門家が指摘「いかにしてジャッジを〝だますか〟ということが実践されてる」


1 鉄チーズ烏 ★ :2022/02/13(日) 05:58:25.24

2022年02月12日 20時54分
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/3994025/

(出典 img.tokyo-sports.co.jp)


 ノルディックスキー・ジャンプの混合団体(7日)で高梨沙羅(25=クラレ)ら5人の女子選手がスーツの規定違反で失格となった問題の裏に、一部選手による〝不正行為〟の常態化があったと指摘されている。

 高梨らを失格させたポーランド人判定員のアガ・ボンチフスカ氏は失格の判断について正当性を主張しているが、日本をはじめ、失格者を出したドイツ、オーストリア、ノルウェーで猛批判にさらされている。

 そんな中、ポーランドメディア「PAP」によると、長年国際スキー連盟(FIS)でジャッジを務めてきたジャンプスーツの専門家であるタデウス・ショスタク氏が「厳正な処分は五輪のずっと前からやるべきだった。以前は機材管理の責任者がこれほどまでに厳しくなかった」と実態を明かした。

 同氏はこう続ける。「これまできちんとやっていれば、フェアプレー精神が特に重要な五輪でこんなに失格者を出すことはなかった。この種目では、いかにしてジャッジを〝だますか〟ということまで実践されているのは周知の事実。ジャンパーは特定のことを避ける方法を教えられている」と暴露。スーツ検査の際に選手が検査官を欺こうとする行為が散見されていたため、五輪の大舞台で〝綱紀粛正〟を図ったというわけだ。

 そして「この流れを止めるのは判定する者の役目で、ジャンプを本当のスポーツに戻すことができる」。ルールを厳格に適用して選手を失格としたボンチフスカ氏の判断を支持した。

 もちろん高梨ら日本勢がショスタク氏の指摘する違反行動を行っているわけではないだろうが、悪質な〝すり抜け〟が横行していた実態が今回の問題の背景にあるようだ。

★1が立った日時:2022/02/12(土) 21:46:50.79

前スレ
高梨沙羅ら“大量失格”の背景か…ジャンプスーツの専門家が指摘「いかにしてジャッジを〝だますか〟ということが実践されてる」 [鉄チーズ烏★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1644670010/


 「今までで一番おいしくない」韓国代表が選手村での食事に不満を吐露!「家に帰りたい」との声も【北京五輪】



NO.10172153 2022/02/06 09:09
「今までで一番おいしくない」韓国代表が選手村での食事に不満を吐露!「家に帰りたい」との声も【北京五輪】
「今までで一番おいしくない」韓国代表が選手村での食事に不満を吐露!「家に帰りたい」との声も【北京五輪】
■「初日以降は一度も行っていない」という選手も
 2月4日の開会式とともに本格的なスタートを切った北京五輪で、“ある問題”が浮上している。選手村での食事に関するものだ。

 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」が世界的に猛威を振るうなか、今大会は現地の至る所で厳格な感染対策がとられている。それは選手村も同様で、周囲はフェンスで厳重に囲われ、警備員も配置されている。
 昨夏の東京五輪では一部の外国人選手が無断で外出して問題となった。だが、厳戒態勢が敷かれた今大会は、ほとんど“自由”が許されていない。そうしたなかで、小さくない問題となっているのが、選手たちに振舞われている食べ物だ。

 現地時間2月5日に、日刊紙『朝鮮日報』など複数メディアは、韓国代表チームの一部選手たちが、世界各国の計678種ものメニューが提供されている食事に「苦しんでいる」と報じた。

 とりわけ、3つの選手村のうち北部にある延慶はひどいようで、韓国のポータルサイト『MK Sports』によれば、かなりの不満が噴出しているという。同メディアの取材に応じたショートトラックのチーム関係者は、「グルメな国として知られる中国でのオリンピックだっただけに、期待をしたが、これまで行ってきた国々の中でも、食べ物の質は一番良くない」と語っているという。

 また、男子スピードスケートのチョン・ジェウォンは「おいしくはない。北京に到着した日の夕方に食堂を訪問したけど、それ以降は一度も行っていない」とキッパリ。さらにスピードスケート女子マススタートに出場するキム・ボルムは「すべての料理..

【日時】2022年02月06日 05:20
【ソース】THE DIGEST

選手村(せんしゅむら、Olympic Village)は、オリンピック大会で選手・役員などが寝泊りする場所のことである。最近ではカラオケができたり、インターネットカフェがあったり、或いは地球環境問題に配慮した設計にするなど単なる宿舎ではなくなりつつある。 訳語としては他にも「オリンピック
7キロバイト (862 語) - 2022年1月30日 (日) 08:44




このページのトップヘ