トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

ワクチン


(出典 i.ytimg.com)
【新コロ変異】「ラムダ型」これまでない変異 3倍から4倍、ないしは5倍くらいワクチン効果低減かF490S変異


1 どこさ ★ :2021/06/26(土) 08:42:21.92

 今、新型コロナウイルスの感染拡大の中心となっている南米で確認された新たな変異株「ラムダ型」について、専門家はワクチンが効きにくい可能性を指摘しています。

 WHO(世界保健機関)は14日、「注目すべき変異株」に南米で拡大しているラムダ型を追加しました。

 ラムダ型は去年8月にペルーで初めて確認され、最近のペルーの感染の81%を占め、アルゼンチンやチリでも30%以上を占めているということです。

 ニューヨーク大学・多田卓哉博士研究員:「(ラムダ型は)490番目のまったく違う新しいところに変異が入っている。3倍から4倍、ないしは5倍くらいワクチンの有効性が下がるのではないか」

 多田研究員によりますと、ラムダ型にはこれまでにない変異が細胞との接続部分にあり、既存のワクチンの効果が弱くなる可能性があるということです。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000220462.html

関連
【WHO】南米流行のC.37「ラムダ株」注目すべき変異株(VOI)認定 ペルー死亡率世界記録 感染力増加 Y字形抗体を回避 現在調査中 [どこさ★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1624180030/

前スレ ★1 [かわる★] 6月25日12時55分
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1624639673/


冷凍庫の不具合でワクチンが廃棄 メーカーが謝罪 川崎市

NO.9570821 2021/06/17 14:15
冷凍庫の不具合でワクチンが廃棄 メーカーが謝罪 川崎市
冷凍庫の不具合でワクチンが廃棄 メーカーが謝罪 川崎市
冷凍庫の不具合で約6300回分のワクチンが廃棄された問題で、冷凍庫のメーカーが溶接に問題があったとして謝罪しました。

EBAC・佐々木健社長:「6396回分を廃棄に至りました。誠に申し訳ございませんでした」

冷凍庫の温度が上昇する不具合は川崎市で13日に見つかり、高齢者接種用のワクチン6396回分が破棄されました。

冷凍庫の製造メーカーは原因について、工場での製造過程で溶接に問題があったと釈明しました。


リコール対象の冷凍庫は303台で、自治体などと連絡を取り、取り換え作業を急ぐとしています。

また、温度調整に不具合が生じた場合にも、マイナス20度以下を34時間保つことができる蓄冷材を自治体などに無償で提供するとしています。


【日時】2021年06月16日 23:32
【ソース】テレ朝news

新型コロナウイルス感染症ワクチン接種推進担当大臣(しんがたコロナウイルスかんせんしょうワクチンせっしゅすいしんたんとうだいじん)は、日本の国務大臣で、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を円滑に推進するため、行政各部の所管する事務の調整を担当することを命じられた者の呼称。2021年1月18日に行政改革担当大臣の河野太郎が命じられた。
8キロバイト (1,056 語) - 2021年6月16日 (水) 13:33




【ワクチン】川崎市 6396回分廃棄・・・冷凍庫不良で温度が上がっちゃった!

NO.9561054 2021/06/13 20:39
川崎市がワクチン6396回分を廃棄 冷凍庫不良か 温度上がり解凍
川崎市がワクチン6396回分を廃棄 冷凍庫不良か 温度上がり解凍
 川崎市は13日、新型コロナウイルスのワクチン計6396回分を廃棄したと発表した。ワクチンを保管していた超低温冷凍庫の温度が上昇し、一度解凍されたため。この冷凍庫は不良品とみられ、市は新しいものに交換した。

 市によると、13日朝、高齢者施設利用者らへの巡回接種用の米ファイザー社製ワクチンを保管していた超低温冷凍庫から警報音が鳴った。この冷凍庫は普段、マイナス70~80度に設定されているが、温度計の記録を調べたところ、11日午後2時ごろから温度が上昇し、12日午後3時ごろに9・1度に達していた。その後再び凍結したという。


 ファイザー社のワクチンは一度解凍したものを再凍結して使用することが禁じられている。冷凍庫の製造メーカーは12日、一部の不良品で温度が上昇する可能性があると発表しており、調べたところ該当していたという。現在メーカーが原因を検証している。

 市は5月29日にも解凍用冷蔵庫の温度上昇で150回分のワクチンを廃棄していた。冷凍庫の定期的な温度確認や予備の確保などの再発防止策を徹底するとしている。

【日時】2021年06月13日 19:51
【ソース】毎日新聞

1849年 - チャールズ・ファイザーらによってニューヨークで創業。南北戦争時の北軍の医薬品はほとんどファイザーが製造した。 1949年 - 抗生物質テラマイシンが初の自社開発品として成功を収めた。 1970年 - 社名をチャールズ・ファイザー&カンパニー・インクから、ファイザー・インクに改めた。 1982年
25キロバイト (2,775 語) - 2021年6月4日 (金) 09:44




【東京五輪】 ドイツ紙 「ワクチン、完全に接種されたのは日本の人口の3%強だけ。さまざまな変異体が世界的に広がる可能性がある」

1: 2021/06/06(日) 20:42:41.41 ID:qaMWRN549
開幕まで残り50日を切った東京五輪を巡り、新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長(71)の発言が海外でも大きな話題となっている。

尾身会長は、2日の国会で「今の状況でやるというのは普通はない」と、強行開催に突き進む日本政府の動きを批判。しかし、丸川珠代五輪相(50)は「全く別の地平から見てきた言葉を言っても、なかなか通じにくい」と話すなど、与党内の官僚たちはすぐさま〝尾身発言〟の火消しに走った。

この様子をドイツ紙「南ドイツ新聞」は「尾身会長はコロナに関するあらゆる問題について、専門的なアドバイスを日本政府に提供するのが仕事だが、いざ東京五輪の話になると、日本政府は専門家の意見に従わない」と指摘し「多くの国民の反対を押し切って大会を開催しようとしているだけでなく、国内外の医学専門家の勧告も無視している」と報じた。

その上で、日本の医療体制について言及。「東京五輪への抵抗が隅々まで広がっている。

東京の感染者数は減少しているかもしれないが、日本の脆弱な医療システムは依然として過重な負担を強いられている。ワクチンも日本の人口約1億2600万人のうち、完全に接種されたのは3%強だけ。医師からは『五輪がきっかけとなって、ウイルスのさまざまな変異体が世界的に広がる可能性がある』との声も聞かれる」と伝え、強行開催における問題点を鋭く指摘した。


引用元: ・【東京五輪】 ドイツ紙 「ワクチン、完全に接種されたのは日本の人口の3%強だけ。さまざまな変異体が世界的に広がる可能性がある」 [影のたけし軍団★]

NO.9533352 2021/06/03 21:35
酒よく飲む人は「ワクチン効果出にくい」調査結果
酒よく飲む人は「ワクチン効果出にくい」調査結果
ワクチンに関して3日に発表された新たな調査結果です。酒をよく飲む人にはワクチンの効果が出にくいことが分かりました。千葉大学病院はワクチンで抗体が増えにくい人と増えやすい人それぞれの特徴を発表しました。

千葉大学病院によりますと、ファイザー社の新型コロナワクチンを接種した病院職員約1800人の99.9%からウイルスの感染を防ぐ中和抗体が十分な量、確認されました。

ただ、その量には人によってばらつきがあり、高齢者や酒を飲む頻度が高い人は中和抗体が増えにくい一方、女性や花粉症などの抗アレルギー薬を服用している人は、中和抗体が増えやすい傾向があることが分かったということです。

千葉大学病院・中島裕史教授:「若返ることもできないし(ワクチンの効果を高めるため)変えられるところは飲酒ぐらいかなと正直思います」

研究した中島教授は「条件で差はあっても、ワクチンには強い効果があるので、少しでも早く、多くの人がワクチンを接種してほしい」と話しています。


【日時】2021年06月03日 18:17
【ソース】テレ朝news

このページのトップヘ