トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

ワクチン

ワクチン4回目、準備開始へ ファイザー、モデルナ想定―厚労省

【まだやるの?】ワクチン4回目準備開始へ wwww!

ワクチン4回目、準備開始へ ファイザー、モデルナ想定―厚労省
厚生労働省は24日、新型コロナウイルスワクチンの4回目接種について、準備を開始する方針を決めた。3回目までと同様に公費負担の「臨時接種」と位置付け、使用するワクチンは米ファイザー社製と米モデルナ社製を想定。開始時期や接種間隔については引き続き議論する。


 3回目接種から一定期間たつと感染予防効果が低下する傾向があることなどを踏まえ、厚労省が同日の専門部会に諮り、了承された。同省は近く自治体に対し、3回目を受けた全員が対象となることを想定して準備するよう通知する。

 ただ専門部会の委員からは、「全員に接種する必要があるのか」「医療従事者や重症化リスクのある人に限定するなど議論が必要だ」などの意見が続出。「準備しつつ、状況に応じてやめる選択肢を持つことも必要だ」という慎重意見も出た。このため具体的な時期や対象者は、同部会で引き続き検討することとなった。

 厚労省によると、米国の研究では、3回目にモデルナ社ワクチンを接種した人の感染予防効果は接種後60日までは71.6%だったが、61日以降は47.4%まで低下したという。

【日時】2022年03月24日 18:08
【ソース】時事通信

ワクチンである。新型コロナウイルスワクチン新型コロナワクチンとも呼ばれる。 2021年5月時点で、接種開始済みから開発中まで、複数の方式や製造元のワクチンが存在する(mRNAワクチン、DNAワクチン、ウイルスベクターワクチン、不活化ワクチン、組換えタンパクワクチン、ペプチドワクチンなど)。
270キロバイト (32,643 語) - 2022年3月6日 (日) 01:01




1 かわる ★ :2021/12/12(日) 09:25:58.52

ファイザー/ビオンテック社が開発した新型コロナウイルスのワクチンは2度の接種では新たな変異株「オミクロン株」に十分な免疫力を構築しないことから、3度目の接種が早くも3ヵ月後には必要となるほか、ブースター接種として4度目のワクチン接種も検討する必要がある。ビオンテック社の共同創業者であるウール・シャヒン最高経営責任者(CEO)が独誌「デア・シュピーゲル」への取材に応じた中で発言した。
シャヒンCEOは取材の中で次のように発言した。
オミクロンについて言えば、2度の接種では十分な免疫力は構築できない。指摘されている通り、オミクロンがさらなる感染力を持っている場合、早くも3ヶ月後にはブースターを提案することが科学的に根拠があるように思う。
仮に3度のワクチン接種が十分な免疫力構築のために必要となる場合、ブースター接種として4度目のワクチン接種が必要になるかとの質問に対し、シャヒンCEOは「その通りだ」と回答した。
https://jp.sputniknews.com/20211210/9708361.html

【社会】 高濃度のワクチン誤って2人に接種 生理食塩水が漏れて希釈不十分に



1 朝一から閉店までφ ★ :2021/12/11(土) 07:40:01.32

2021/12/10 21:16神戸新聞NEXT

 神戸市は10日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場(神戸市役所内)で、濃度の高い米ファイザー製のワクチンを市民2人に打つミスがあったと発表した。市は2人に謝罪し、念のため健康状態の確認を続けているという。

 市によると、ミスが起きたのは8日午後8時半ごろ。薬剤師がワクチン原液の小瓶に希釈のため生理食塩水を注入した際、食塩水が漏れて十分に薄まらなかった。しかし、医療スタッフが気付かずに高濃度ワクチンが入った注射器を接種室に運び、うち2本を使用してしまったという。

 ファイザー製ワクチンは一つの小瓶で6回分ができるところ、十分希釈できなかった瓶からは4回分しか取れなかったが、そのまま接種室に運ばれたという。市は「注射器が6本そろったのを確認するなど、スタッフ間の意思疎通を十分に行うよう徹底したい」としている。(井沢泰斗)

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202112/0014906350.shtml


ワクチン
岐阜市の医療機関 60回分のワクチンを104回に分け接種
1: 神 ★ 2021/11/19(金) 08:54:16.71 ID:jG0R+fQh9
岐阜市の医療機関 60回分のワクチンを104回に分け接種

http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagoya/20211118/3000019448.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、岐阜市内の医療機関が60回分を104回に分けて
接種したり、有効期限が切れたものを接種したりしていたことがわかりました。
岐阜市は対象者に再接種を行うとともに、この医療機関との
委託契約を解除する手続きを進めると発表しました。


岐阜市の発表によりますと、ことし9月、市内の医療機関でワクチンを接種した人の親族から
「接種証明のために医療機関からもらったワクチンの写真を見たところ
有効期限が切れていた」
と相談がありました。
市がこの医療機関を調べたところ、ことし5月から10月までに行ったワクチン接種で
60回分を104回に分けて接種していたほか、有効期限が切れたものを
21回接種していたことがわかったということです。

市の調査に対して、医師は「体調に合わせてワクチンの量を調整した。独自の判断だが変える意思はない」
などと説明していて、有効期限も把握していなかったということです。

これまでのところ健康被害の報告はないものの、この期間に接種を受けた55人のうち
少なくとも51人は抗体が不足していることが確認されたということで、
市では再接種を行うことにしています。

岐阜市はこの医療機関との委託契約を解除する手続きを進めることにしていますが、
「接種を受けた人の特定は完了している」などとして、医療機関の名前を公表していません。

11/18 21:28


(出典 cdn.pixabay.com)


 【速報】ワクチン3回目接種 対象は2回接種終えた“全員”

1 ネトウヨ ★ :2021/10/28(木) 18:24:33.80

新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種について、厚生労働省の専門家の分科会は28日、2回目の接種を終えた人全員を対象とする方針で一致しました。

分科会は、来月にも改めて会合を開いて方針を正式に決める予定です。

これを受け、厚生労働省はことし12月に医療従事者から順次、3回目の接種を始める方針です。

2021年10月28日 17時58分 
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211028/k10013326011000.html


このページのトップヘ