トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

ワクチン

ワクチン
岐阜市の医療機関 60回分のワクチンを104回に分け接種
1: 神 ★ 2021/11/19(金) 08:54:16.71 ID:jG0R+fQh9
岐阜市の医療機関 60回分のワクチンを104回に分け接種

http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagoya/20211118/3000019448.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、岐阜市内の医療機関が60回分を104回に分けて
接種したり、有効期限が切れたものを接種したりしていたことがわかりました。
岐阜市は対象者に再接種を行うとともに、この医療機関との
委託契約を解除する手続きを進めると発表しました。


岐阜市の発表によりますと、ことし9月、市内の医療機関でワクチンを接種した人の親族から
「接種証明のために医療機関からもらったワクチンの写真を見たところ
有効期限が切れていた」
と相談がありました。
市がこの医療機関を調べたところ、ことし5月から10月までに行ったワクチン接種で
60回分を104回に分けて接種していたほか、有効期限が切れたものを
21回接種していたことがわかったということです。

市の調査に対して、医師は「体調に合わせてワクチンの量を調整した。独自の判断だが変える意思はない」
などと説明していて、有効期限も把握していなかったということです。

これまでのところ健康被害の報告はないものの、この期間に接種を受けた55人のうち
少なくとも51人は抗体が不足していることが確認されたということで、
市では再接種を行うことにしています。

岐阜市はこの医療機関との委託契約を解除する手続きを進めることにしていますが、
「接種を受けた人の特定は完了している」などとして、医療機関の名前を公表していません。

11/18 21:28


(出典 cdn.pixabay.com)


 【速報】ワクチン3回目接種 対象は2回接種終えた“全員”

1 ネトウヨ ★ :2021/10/28(木) 18:24:33.80

新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種について、厚生労働省の専門家の分科会は28日、2回目の接種を終えた人全員を対象とする方針で一致しました。

分科会は、来月にも改めて会合を開いて方針を正式に決める予定です。

これを受け、厚生労働省はことし12月に医療従事者から順次、3回目の接種を始める方針です。

2021年10月28日 17時58分 
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211028/k10013326011000.html



(出典 tabizine.jp)
 【ラトビア】再び都市封鎖(ロックダウン)へ  ワクチンの接種率が低く、バルト3国でコロナ感染者急増


1 影のたけし軍団 ★ :2021/10/19(火) 07:32:33.96

バルト3国の一つ、ラトビア政府は18日、都市封鎖(ロックダウン)措置を21日から再び導入すると発表した。
同国では新型コロナウイルスワクチンの接種率が低く、感染者が急増している。地元メディアが報じた。

生活必需品以外の店舗や飲食店、娯楽施設には閉鎖を命じる。
夜間も外出禁止にする。学校はオンライン授業に切り替える。11月15日まで続ける。


ラトビアでは直近の人口100万人あたりの新規感染者数(7日移動平均)が約1100人と
欧州連合(EU)平均の8倍近くに達する。一方、ワクチン接種率はEU平均を下回る。

入院患者が急増し、医療体制は逼迫しつつある。

カリンシュ首相は「保健システムが危険にさらされている。この危機を脱する唯一の方法は、ワクチンだ」と述べ、国民に接種を急ぐよう呼びかけた。

バルト3国のリトアニアやエストニアでも感染者が急増している。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR1903F0Z11C21A0000000/


西川史子、自身の脳出血とワクチンの関連を否定するも疑問の声が出る理由 


NO.9913196 2021/10/12 22:40
西川史子、自身の脳出血とワクチンの関連を否定するも疑問の声が出る理由
西川史子、自身の脳出血とワクチンの関連を否定するも疑問の声が出る理由
医師でタレントの西川史子が10月6日、インスタグラムを更新。8月に発症した自身の脳出血の原因について見解を明らかにした。

 西川は8月17日、右脳内脳出血を発症。都内病院に搬送され5時間に及ぶ緊急手術を受けた。6月に2度目の新型コロナワクチンを接種していたことを報告していたことから、ネットではワクチンの副反応を疑う声も挙がっていた。

 西川はインスタグラムにファンから届いたと思われる手紙やアルバムの集合写真をアップ。コメント欄には「私の脳出血の原因がワクチンの影響ではないかというコメントを頂いております」とネットの声に反応。さらに「私が接種したmRNAワクチンに関しては、脳出血の頻度を増加させないことが多くの研究でわかっていますので、接種された方はご安心ください」と続け、ワクチンとの関連性を否定した。

 西川は脳出血の大きな原因は高血圧やそれに伴う血圧変動であること、50代の女性は、ゆらぎが起こり易い年齢で、脳出血が増えてくる年代でもあると説明。「日頃から定期検診を受けて自分の血圧変動にご注意ください」と注意を呼びかけた。

しかし、ネットでは《西川さんがそうでなかったとしても、そう疑われても仕方がないくらい、今回のワクチンでは同様の被害が少なくないんですわ》《私はファイザーワクチン接種2日後に会社の休憩中に動悸、血圧急上昇で救急搬送されました。血管が痛んでいたりした場合、高血圧が原因の疾患が出てもおかしくない状況でした。自分の体で人体実験したくないので2回目はキャンセルしました》《血圧変動はワクチン接種でも起こる場合あるみたいだけど..
【日時】2021年10月11日 7:15
【ソース】ASAJO



 横浜中華街で初、ワクチン2回接種者に千円キャッシュバック 食べ放題コース対象


1 どどん ★ :2021/10/14(木) 02:22:00.03

 横浜中華街の広東料理店「招福門」(横浜市中区)は12日から、新型コロナウイルスのワクチンを2回接種した人に向けたキャッシュバックキャンペーンを開始した。安心・安全な外食機会を提供し、来店客の増加にもつなげる考えだ。

 対象のメニューは、小籠包(ショウロンポウ)や蒸し餃子(ギョーザ)など25種類の点心が楽しめる「香港飲茶食べ放題コース」(2時間制、大人3500円)。ワクチンの接種券や接種証明書を会計時に提示すると、1人当たり千円返金される。大人料金の客(中学生以上)に限るという。

 北村徹総支配人は「コロナ禍でキャッシュバックのキャンペーンをするのは横浜中華街の中でも初めて。混雑していない時間帯の来店を促していく」と話す。

 時間指定制となっており、平日は午前11時半と午後5時、土日・祝日は午前11時と午後5時からの各2時間。インターネット予約限定で、同店の予約サイトのみで受け付けている。11月30日までの予定。
神奈川新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/52804cce0441f1f807844e1bfbb659aac25585ff


(出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


このページのトップヘ