トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

ベルギー

モデルナの新型コロナワクチンはファイザー製よりも2倍以上の抗体を産生することが明らかに

NO.9808624 2021/09/03 22:31
モデルナの新型コロナワクチンはファイザー製よりも2倍以上の抗体を産生することが明らかに
モデルナの新型コロナワクチンはファイザー製よりも2倍以上の抗体を産生することが明らかに
日本でもすでにスタートしている新型コロナウイルスワクチンの接種ですが、会場や主催者によって使用されるワクチンの種類は異なります。ベルギーで行われた新しいコホート研究では、新型コロナウイルスワクチンとして最も広く普及しているモデルナの「mRNA-1273」とファイザー・BioNTech SEの「BNT162b2」という2つを直接比較し、どちらがより効果的なワクチンかを調査しています。

モデルナの「mRNA-1273」とファイザー・BioNTech SEの「BNT162b2」は、どちらも有効率が90%以上の優れた新型コロナウイルスワクチンです。しかし、ワクチンの効果はこの有効率だけで測るのが難しいため、単純に比較するのが非常に難しいものです。そこで、研究チームは2つのワクチンを接種したあとの被験者の液性免疫を直接比較するという調査を実施。

調査ではベルギーの医療センターで働く1647人の医療従事者に対し、血中の免疫グロブリンレベルを調べるための抗SARS-CoV-2 S酵素免疫測定法を実施。なお、1647人の被験者のうち688人がモデルナの「mRNA-1273」を、959人がファイザー・BioNTech SEの「BNT162b2」を接種していました。検査はワクチン接種前と2回目のワクチン接種から6~10週間後という2度のタイミングで行われ、それぞれのタイミングで被験者の抗体価を調べています。

【日時】2021年09月01日 10:27
【ソース】GIGAZINE



ドン小西氏、開会式“辛口”ファッションチェック 日本は残念 金メダルはベルギー

NO.9688867
 2021/07/24 11:06
ドン小西氏、開会式“辛口”ファッションチェック 日本は残念 金メダルはベルギー
ドン小西氏、開会式“辛口”ファッションチェック 日本は残念 金メダルはベルギー
 ファッションデザイナーのドン小西氏(70)が開会式に出場した206か国・地域のすべての公式服装を独自の視点からファッションチェックした。

 日本選手団の公式服装は公募で選ばれた「AOKI」の白いジャケットに赤のボトムス。1964年の東京五輪とは上下の配色が逆の衣装だ。小西氏は「日本の今のファッション界の縮図。素材や機能性はいいのかもしれないが、当たりさわりがなく、コンセプトが感じられない。はやり物のチーフを入れてみた感じも減点」と指摘。「ダイナミックさに欠け、ちまちましている。一言で国の魅力を表現できるようなものが欠落している。韓国の淡い衣装のほうがスタイリッシュで都会的だった」とバッサリ斬った。

 これまでも五輪開会式の服装を定期的にチェックしてきた小西氏。各国の衣装は「〈1〉自国をアピールする、民族の強いデザインがあるもの〈2〉スポーツウェアの上下〈3〉日本の衣装のようなジャケットにパンツ」という3つに大別されるという。

 その中で小西氏が金メダルに挙げたのはベルギー。赤のワンピースに「TOKYO」「BELGUIM」などのロゴがあしらわれたもので「よく工夫されていた」と賛辞を贈る。日の丸をイメージした円に自国のカラーをあしらったイタリアが銀メダル。「国旗をモチーフにした折衷。ハイネックで斬新」と目を引いたという。銅メダルは、ブルーから黄色へのグラデーションが美しかったウクライナで「気取っていない」と評価した。

 番外編として、キルギスやハイチもその独創的なデザインを高く評価した。「キルギスは帽子や桜、波..
【日時】2021年07月24日 06:00
【ソース】スポーツ報知


(出典 img.omni7.jp)

128店舗が閉店へ ゴディバが北米市場から全面撤退を発表

1 :2021/01/26(火) 18:03:28.71 ID:6vWwXdpR0●.net BE:844481327-PLT(13345)


(出典 img.5ch.net)

【ニューヨーク=共同】高級チョコレート菓子で知られるベルギーのゴディバは25日までに、北米での店舗運営事業から撤退すると発表した。全128店舗を3月末までに閉鎖または売却する。新型コロナウイルスの流行で消費者の行動が大きく変わり、対面営業の需要が低下したと判断した。

米メディアによると、ゴディバは近年、カフェ併設店舗を開業して事業拡大を進めてきた。だが、主力の大型商業施設内の店舗はかねて来店客数が低迷しており、コロナ流行が追い打ちを掛けた。今後はインターネット通販や量販店での販売に力を入れる。

店舗の従業員は撤退に伴い解雇されるとみられるが、対象人数など詳細は明らかにしていない。欧州や中国などの店舗は営業を続ける。

ゴディバは従来、店舗を全米に400店以上、世界で計2千店を開業する計画を掲げていた。

米国では新型コロナ流行により、店舗を主体とする小売業や外食業の経営が悪化している。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN2607V0W1A120C2000000


(出典 www.santica.com)


このページのトップヘ