トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

ビートたけし


 【芸能】ビートたけし 監督作「首」の“お蔵入り”報道に反論「また週刊誌が馬鹿な事を書いている」

1 muffin ★ :2022/08/03(水) 16:16:21.00 ID:CAP_USER9.net
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/08/03/kiji/20220803s00041000395000c.html
2022年8月3日 15:41

レントで映画監督のビートたけし(75)が3日、所属事務所の公式サイトを更新。一部週刊誌で報じられた自身の監督作「首」を
について言及した。


たけしの小説を原作に西島秀俊が主演を務めた映画「首」について、一部週刊誌で、たけしの“最後の映画”として紹介し、撮影と編集がほぼ終了しているにも関わらずトラブルにより“お蔵入り”状態になっていると報じられた。

これについてたけしは「また俺と喧嘩している週刊誌が*な事を書いている。『首』は俺の最後の映画ではない。今、他の映画の準備をしている真っ最中だ」と反論。

「『首』については、撮影当初からKADOKAWAに早く契約を結んでくれとお願いしていたんだけど、編集作業に入ってもまだ契約してくれないので、やむを得ず作業を止めた。何人かのスタッフも契約内容に納得がいかず、クランクアップまで契約をしていない人がいたらしい」と説明し「俺の場合も同じで、今になっても契約できていない。金の問題ではなくて、KADOKAWAが提案してきた契約の内容があまりに一方的な内容だったので、こっちとしては、法律に従った公平な内容にしてくれとお願いしていただけで、無理な注文なんてしていない。契約してくれれば編集作業も再開するよ」とした。
また、この映画に動画配信サービス「Netflix」が関係する可能性について「後から聞いたことで、それに関して金の要求なんて一切していない」と一蹴。続けて「KADOKAWAは、『製作総指揮角川歴彦』というクレジットを載せろとも言ってきた。KADOKAWAの今までの映画を見ると全部そうなっていて、笑ってしまう」とつづり「この週刊誌は嘘ばっかり書くので、これからはこちらで本当の話を伝えます」と呼びかけた。

関連
ビートたけし“最後の映画”がお蔵入りになっていた 契約を巡りKADOKAWAと対立
https://www.dailyshincho.jp/article/2022/08031131/

【芸能】大久保佳代子 大ファンのたけしを「私が助けないと」 フライデー襲撃事件で嘆願書出そうとした過去


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/24(日) 10:18:22.86

10/24(日) 8:38
スポニチアネックス

大久保佳代子

 お笑いコンビ「オアシズ」の大久保佳代子(50)が23日放送のTBS系「人生最高レストラン」(土曜後11・30)に出演。熱狂的なビートたけし(74)のファンだった中学時代の驚きの行動を明かす場面があった。

 中学時代などは「学校ではお調子者」だったという大久保。「もともとお笑いが大好きで、そこから『(オレたち)ひょうきん族』に入って、たけしさんが大好きになって、オールナイトニッポンとかもガンガン聞いていて、あの頃たけし軍団はアイドル的な人気だったので、たけしさんもめちゃめちゃ色気あってカッコ良かった」と、たけしの熱狂的なファンだったことを明かした。

 そんな中、1986年12月に、たけしが軍団を引き連れて12人で写真週刊誌「フライデー」編集部を襲撃した、いわゆる「フライデー襲撃事件」が起こる。当時、中学3年生だった大久保は「フライデー事件で捕まった時に、ファンクラブに入ってたんで、ファンクラブの会報か何かで『たけしさんのために嘆願書を裁判所に出しましょう』みたいなことが書いてあって、『あ、私がこの人を助けないと刑が重くなっちゃう』と思って、学年回って、名前と住所と母印をすごい集めて、裁判所に出そうとしていた」と驚きの行動を明かした。


https://news.yahoo.co.jp/articles/c782e4f88eb13b854fa5e35a31711d2012866b05


西島秀俊
西島 秀俊(にしじま ひでとし、1971年〈昭和46年〉3月29日 - )は、日本の俳優、声優、ナレーター。血液型はA型。身長178 cm。東京都八王子市出身。クォータートーン所属。 桐朋高等学校卒業、横浜国立大学工学部生産工学科中退。

西島秀俊 実はビートたけしの大ファン 初対面の印象は「オーラが凄まじくて…なんだこの人」

 俳優の西島秀俊(50)が10日、日本テレビ「シューイチ」(日曜前7・30)に出演。タレントで映画監督のビートたけし(74)のファンであることを明かし、その印象を語った。

 1992年に大学在学中に俳優デビューした西島。「19歳ぐらいの時、映画が好きだったので、何とか撮影所に潜り込みたくて、(仕事は)何でも良かった」といい、「大学在学中にとにかく潜り込ませてくださいってことを周りに言っていて、俳優のオーディションがるんでそれ言ってみたらということで、呼んでいただいて」とデビューのきっかけを語った。

 そんな学生時代はたけしの大ファンだったという西島。「『ビートたけしのオールナイトニッポン』をずっとテープ録って聞いてたりして。映画監督としても好きでずっと見ていた」と明かした。

 西島は映画「Dolls」(2002年公開)では北野作品にも出演している。「ファンということは(たけしには)一切言わずにいて、つい最近、バレたというか、恥知らずになって、言うようになりましたけど」と苦笑した。

 たけしとの初対面の印象について「いや、でも、オーラが凄まじくて、僕、あんまり人で緊張しないと思っていたんですけど、パッと見て、ウワッ、なんだこの人と思って、びっくりした覚えがあります」と回顧。番組MCの中山秀征(54)から突然のたけしのものまねオファーを受けるも、西島は「できないし、僕がやっちゃダメだと思う。(これから)会えないじゃないですか!」と拒否した。

西島秀俊 実はビートたけしの大ファン 初対面の印象は「オーラが凄まじくて…なんだこの人」 (msn.com)

ビートたけし襲撃事件 「つまみ枝豆が動いたらヤバイ」との声が出たワケ

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/06(月) 22:06:25.04


9/6(月) 16:05
NEWSポストセブン

ビートたけし襲撃事件 「つまみ枝豆が動いたらヤバイ」との声が出たワケ
枝豆がいなくてよかった?

 9月4日、ビートたけし(74才)の乗った車を40代の男が襲い、車の窓ガラスが割られる事件が発生した。幸いなことにたけしにケガはなかったが、ネットには、「つまみ枝豆がいなくて良かったな!」「枝豆さんは黙っていないと思うよ」「つまみ枝豆さんが現地にいたらと考えると恐ろしいです」と、つまみ枝豆(63才)の名前が次々と登場。これはいったいどういうことなのか?

 たけしが襲われたのは、『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)の放送終了後のこと。番組を終えたたけしが車に乗ってTBSを後にする際に被害に遭い、逮捕された男はつるはしを持っていたという。

「その昔、たけしが『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)のパーソナリティーをやっていた時代は、番組終わりに“出待ち”をして弟子入り志願する者が跡を絶たず、そのまんま東、ラッシャー板前、松尾伴内、玉袋筋太郎、水道橋博士なども、出待ちして弟子入りしたクチ。ただ、それはもう何十年の昔の話です。

 襲撃した男は、『芸能界に入りたくて、車に土下座してお願いしたが無視された』などと言っているようですが、真相は不明です。ましてや、コンプライアンスがうるさい今の時代に、アポも取らずに突然押しかけるような非常識な人間を弟子にする人はいませんし、たけしはもう何年も弟子を取っていません。コロナもありますし、このご時世に、いきなり『弟子にして欲しい』なんてムチャクチャですよ」
(お笑いライター)

 事件が起きたのはTBSの敷地内ということで、局の安全管理も問われるが、つるはしで襲ったとなれば、罪の償いも相当なものになりそうだ。ただ、冒頭で述べたように、もっぱらネットで話題になったのは「つまみ枝豆」という名前。これについてベテラン芸能記者は、こう語る。
「たけし軍団には新旧合わせると数十人のメンバーがいますが、その中でもとりわけ忠誠心が強く、なおかつ“危ない”と言われているのが元暴走族でもあるつまみ枝豆です。

 かつてたけしが“フライデー襲撃事件”を起こして捕まった際、たけしが警察関係者に頼み込んで枝豆に電話をかけ、『今は動くな』と告げたのは有名な話しです。枝豆は襲撃事件には参加しておらず、たけしが捕まったことで何か行動を起こす可能性があった。枝豆の性格を熟知していたたけしは、それを危惧して電話し、枝豆は思いとどまったのです。

“ケンカ最強”とも噂された彼も近年はすっかり穏やかになり、タレント、俳優として活躍していますが、かつての片鱗を見せたのが、先月、放送された『水曜のダウンタウン』(TBS系)です。その内容は、『マネージャーがタレントに暴言を吐いたらどうなるか』というドッキリ。マネージャーが『たけしの話じゃなくて、自分の話で笑いを取れ』と怒鳴ったところ、枝豆はマネージャーの胸ぐらを掴み『おい、小僧。もういっぺん言ってみろ』とすごんだのです。その後、何とか落ち着きましたが、『俺の前で“たけし”って言うな。“たけしさん”だろ』と吐き捨てたため、スタジオの浜田雅功や松本人志も震え上がっていました」
(芸能記者)

 枝豆は『水ダウ』の放送後、ブログで「いい歳したオヤジがキレて世間的には非常にカッコ悪い醜態を見せてしまった」と、自らの言動を恥じたが、「目の前で愛するものが傷つけられたら許す事は出来ません」とも綴っている。今回の件でも、念のためにたけしは枝豆に電話したほうがいいかも?


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/591c186cf0c7b91d910b8dc817679826f017cd0b


(出典 img.jisin.jp)
【芸能】<ビートたけし>仕事復帰! 襲撃の恐怖体験語る「俺、ガラス頭からかぶっちゃったよ」


1 Egg ★ :2021/09/07(火) 05:50:53.91 ID:CAP_USER9.net

東京都港区のTBS敷地内で4日夜、車に乗っていたところをつるはしを持った男に襲撃された、タレントで映画監督のビートたけし(74)が6日、都内のスタジオで収録に参加。仕事復帰を果たした。

 関係者によると、この日は正午すぎから約3時間にわたって収録に参加。合間に周囲に襲撃時の恐怖を語っていたという。「たけしさんは、いつもの話し方で落ち着いた様子でしたけど、描写が生々しかったですね。“車のフロントガラスが結構バリバリに割れた。俺、ガラスを頭からかぶっちゃったよ”と話してましたね」(制作スタッフ)

 たけしは4日夜、同局「新・情報7daysニュースキャスター」の生放送出演後、局を離れる際に襲撃された。千葉県の40代無職の男は、フロントガラスに続いて、後部座席の扉のガラスを割ったという。たけしは後部座席に座っており「とにかくその場から逃げなければ」と思い、とっさに運転手が車をバックさせて、何とか男を振り切ったという。たけしは「恐ろしいよな、もう。つるはしだもんな」と語っていたといい、収録に参加していた周囲のスタッフや出演者も、たけしにケガがなく安どした様子だったという。

 男は刃渡り約10センチの小刀を所持していたため銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕された。捜査関係者によると、40代の暴力団関係者とみられる。車のガラスは全て割られ、一部には穴が開いていたという。

 男は「芸能界に入りたくて6月下旬にたけしさんの車に土下座してお願いしたが、無視された」と供述。説明につじつまが合わない点もあり、新たに「相手にされていないと感じ、気に入らなかった」との趣旨の話もしているという。警視庁は、男がたけしを一方的に恨んで犯行に及んだとみて慎重に捜査を進めている。

9/7(火) 5:30
https://news.yahoo.co.jp/articles/4c4f05ce984b1d771b3109dba58b4af1039b7edb


このページのトップヘ