混雑ビーチで“隠れ飲酒”横行 普通の入れ物にお酒を入れてカムフラージュしてお酒を飲む ノーマスクで大騒ぎ


1 右大臣・大ちゃん之弼 ★ :2021/07/20(火) 05:23:48.67

 4回目の緊急事態宣言が出て迎えた初めての週末。各地で30度を超えて、海水浴場も多くの人でにぎわいました。しかし、「飲酒禁止」のビーチで酒を飲むなど、マナーの悪い海水浴客の姿も一部で見られました。

■未開設ビーチで“カムフラージュ飲酒”も

 去年に続き、今年も海水浴場を開設しなかった神奈川県鎌倉市の由比ガ浜。それにもかかわらず17日、浜辺には多くの人が。

 大学生:「(海水浴場を開設している)江の島よりは人が少ないので、こっちにしました。気持ちいいですね」

 海水浴場を開設してはいないものの、市は安全対策として警備員を設置。随時、見回りしますが、ビーチで飲酒する人たちがいました。

 普通の入れ物にお酒を入れて、カムフラージュしてお酒を飲んでいるようです。警備員に見つからないように酒を別の容器に移す男性。

 さらに、水たばこを持ち込み喫煙する男性。砂浜での喫煙は禁止されているため、警備員が注意しますが…。警備員が離れたそばから、また吸いを始めました。

■マスク着けず“花火”で大騒ぎ


 午後6時を過ぎたところですが、海に向かって走っていく人の姿があります。陽が傾き始めても、砂浜に訪れる人の数は減ることがなく…。

 若者グループ:「コップをー!手に持ってー!天高くー!行くぞー!乾杯ー!!!」  花火をしている集団もいます。噴出花火でしょうか、かなり大きな火が上がっています。中にはマスクをしていない人もいます。

 このビーチでは、午後10時までの花火は禁止されていないものの、複数のグループがマスクを着けず大騒ぎしていました。  海岸に遊びに来た若者は…。

 大学生:「いつ、完全に来るなってなるか分からないので、満喫できる時にしたいなって」

■原宿は買い物客で大混雑  緊急事態宣言後、初の週末を迎えた東京都心の繁華街では…。

 18日午後2時過ぎの原宿・竹下通り、ものすごい人であふれています。  街を訪れた人に、外出の理由を聞いてみると。

 20代女性:「夏物。ちょっとでも涼しい服を買いにきました」

 夏本番で、買い物欲はピークに。

 10代女性:「夏服ですね。これから夏休みが始まるので、それように」「気合い入れて!!」

 「(Q.4回目の宣言後、初めての週末だが、人出はどう?)少ないかなと思って来たんですけど、案外いました」

 50代女性:「この人出と、コロナがまた流行っているから、(五輪)どうなんだろう。ちゃんと無事に終わるのかな…」

(「羽鳥慎一 モーニングショー」2021年7月19日放送分より)

7/19(月) 13:53配信 記事元 テレビ朝日
https://news.yahoo.co.jp/articles/dfdf55fd3f27ea30dd47a0915a80b25968ed7a69