トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

ネット上

一生のパートナー決定?Cocomiの突然の報告に総スカン「どうでもいいわ」
NO.10100231 2022/01/04 08:12
一生のパートナー決定?Cocomiの突然の報告に総スカン「どうでもいいわ」
一生のパートナー決定?Cocomiの突然の報告に総スカン「どうでもいいわ」
木村拓哉(49)と工藤静香(51)の長女でモデルのCocomi(20)が1日、自身のインスタグラムに投稿した内容が話題となっている。

Cocomiといえば先日、変顔で写真に入りこむ妹のkoki,(18)との写真を投稿したところネット上からは「何がしたいんだろう」「身内ばかりでやっていて楽しい?」といった声が寄せられていたばかり。

そんなCocomiがこの日「皆様明けましておめでとうございます!今年も宜しくお願い申し上げます。(中略)それとnewyear,newmeという事で、皆様にご報告があります!一生共にするようなパートナーが決まりました。皆様に音を届ける日のために、これからも精進致します。いつも応援して下さり、本当にありがとうございます。」とつづり、自身のフルートの動画を投稿した。

この投稿にネット上からは「はいはい。フルートね…」「たとえ結婚報告でもどうでもいいわ」「そういう、ややこしい言い方する人苦手」といった声が。

結婚報告かのようにフルートを紹介したCocomi。

彼女にとって大切なものの紹介のつもりだったようだが、紛らわしい書き方に世間からは総スカンを食らっていた。
【日時】2022年01月04日 06:55
【提供】デイリーニュースオンライン

Cocomi(ココミ、2001年〈平成13年〉5月1日 - )は、東京都出身のモデル、フルート奏者、声優。本名は木村 心美(きむら ここみ、Cocomi Kimura)。俳優・歌手・タレントの木村拓哉と歌手・女優・タレントの工藤静香夫妻の長女、妹はファッションモデル、デザイナー、作曲家として活動しているKōki
9キロバイト (985 語) - 2021年12月19日 (日) 16:02


【音楽】YOASOBI “初の有観客ライブ”に酷評…「生歌が下手すぎてびっくり」 音楽番組ではあまりの上手さに口パク疑惑も浮上 


1 Anonymous ★ :2021/12/12(日) 02:10:34.53

YOASOBI“初の有観客ライブ”に酷評…「生歌が下手すぎてびっくり」


若者を中心に人気を集める音楽ユニット『YOASOBI』が、12月4日と5日に初の有観客ライブを開催。
ファンから絶賛の声が寄せられている一方で、ボーカル・ikuraの〝歌声〟に関する指摘も相次いでいる。



アーティストの聖地・日本武道館にて、2日間にわたって開催された「YOASOBI」の有観客ライブ『NICE TO MEET YOU』。
デビューから約2年、コロナ禍の影響もあり、今回が初めてのファンと対面するライブだという。

「YOASOBI」は1682枚に及ぶLEDパネルが輝くステージで、大ヒット曲『夜に駆ける』や『もう少しだけ』など全15曲を熱唱。
ライブ中には、ikuraが涙する一幕もあったようだ。


ちなみにライブはネットで配信もされた。
念願の武道館ライブを成功させた「YOASOBI」にファンも大興奮のようで、

《とても楽しくて涙止まんなかったです》
《YOASOBIへの愛が爆発しそうで辛い。あのライブ見て落ちない人間いない!》
《配信も楽しかったけど、今度は絶対に会場でikuraちゃんの声を聴くから!》


など、絶賛の声が寄せられている。


ikuraの歌唱力にファンは気づかないフリ?

彼らのライブはさまざまなメディアで取り上げられ、情報番組ではライブ映像の一部を交えて会場の熱を伝えていた。
しかしメディアで紹介されたことにより、ファンではない人たちにもikuraの歌声が届いてしまうことに…。

そこで彼女の生歌を聞いた人たちは、彼女の歌唱力にドン引き。

ネット上には、

《映像の時間は短かったけど、一秒たりとも歌が上手に聞こえなかった…》
《YOASOBIのライブ映像見ると、やっぱ生歌はダメだな》
《生歌のレベルにビビった。悪い意味で》
《YOASOBIのボーカル、生歌こんなに下手だったっけ? いや下手すぎん? 緊張してるにしてもどの曲も音程外しまくりだしwww》
《生歌初めて聞いた。下手すぎて驚いた!》
《YOASOBI、生歌が下手すぎてびっくり。もう少しだけ上手くなろう?》


などの辛辣な声が続出していた。


「ikuraの歌唱力と美しいメロディで人気を集めた『YOASOBI』は、音楽番組で楽曲を披露するたびに《めっちゃ歌うまい!》などと騒がれていました。しかし近年は、あまりの上手さに口パク疑惑も浮上し、11月17日放送の『ベストアーティスト2021』(日本テレビ系)出演時も口パクでは?と話題に。さすがにライブでは口パクができず、本来の歌声を隠し通せなかったのかもしれませんね」(芸能ライター)

ストリーミング時代の寵児になった「YOASOBI」だが、ファンを目の前にしたライブは苦手なのかもしれない。


https://myjitsu.jp/archives/320295

★1 2021/12/11(土) 23:56:55.86
※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1639234615/


(出典 hominis.media)


 【芸能】浜田雅功の『出前館』CMを惜しむ声「ユーチューバーに変わって残念」



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/27(土) 18:17:31.80

2021.11.27 17:30
まいじつ 

11月から、宅配ポータルサイト『出前館』がユーチューバーのHIKAKINとはじめしゃちょーを起用した新CMを放送開始。ネット上では、これまで放送されていた『ダウンタウン』浜田雅功によるCMを惜しむ声が続出している。

「出前館」は2020年7月から浜田を起用したテレビCM『Demae-canの歌』を放送。内容は浜田が『スーダラ節』の替え歌で出前館の魅力を紹介するというもので、かなり好評だった。

「浜田を起用した『Demae-canの歌』の効果は凄まじく、放送直後に『出前館』の新規顧客数は大幅にアップしたそう。なんでも、このCMを制作するために、それまでメインだったWEB広告を半分に減らしたのだとか。同CMで『出前館』の存在を知ったという人も多いため、惜しむ人が多いようです」(芸能ライター)


新CMは不評? 浜田から抜け出せない『出前館』

HIKAKINとはじめしゃちょーバージョンのCMが放送されると、ネット上では、

《出前館のCMハマダいなくなって寂しい》
《浜田の出前館の歌って好きでもなかったんだが、いざ終わって出演者がユーチューバーになると、とても残念に感じる》
《浜田が降ろされたなら、出前館使うのも考えものだな》
《出前館のCMが浜田じゃなくなってつらい…。頼むから戻して》
《出前館のCMパンチ無くなったなー、浜ちゃんの方が全然よかったやん》
《広告でずっと出前館のCM流れてる…。浜ちゃんの流してくれ》

など悲しみの声が続出。ユーチューバーを起用しているため若い世代のウケは良いものの、物足りなさを感じている人も多いようだ。

浜田の相方である『ダウンタウン』松本人志も浜田版の「出前館」CMを惜しんでいるようで、11月21日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で「『出前館』は浜田が辞めたんで取らなくなりました」とコメント。意外なところでコンビ愛を見せつけていた。

浜田版の「出前館」CMは、一部地域でまだ放送されている様子。放送されなくなる前に、見納めしておきたいところだ。

https://myjitsu.jp/archives/317997


 【芸能】『AAA』西島隆弘の“頭ポンポン”CMにブーイング「流さないで」「キツイ」


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/23(火) 10:55:08.16

2021.11.23 10:32
まいじつ

若者に圧倒的人気を誇る男女混合グループ『AAA』の西島隆弘が、活動の幅を広げて柔軟剤をプロデュース。11月20日からCMが公開されたが、その内容にブーイングが殺到している。

西島のプロデュースした柔軟剤『P-sha(パーシャ)』は、「離したくない、この香り」をコンセプトに作られた商品。CMではお風呂上りの西島がタオルで髪を拭くシーンから始まり、タオルの匂いを嗅いで笑顔を見せる。続けて部屋から出かける女性を西島が抱き寄せ、頭を〝ポンポン〟し、耳元で甘いセリフを囁くというファン必見の映像になっている。

「CMソングには本人がソロ名義のNissyとしてリリースした楽曲『Do Do』が使用され、何から何まで西島尽くしとなっています。当然、彼のファンからは、商品だけでなくCMにも《Nissyのタオルになりたい》《頭ポンポンされたい…》《Nissyの香りが部屋中に漂う感じがして癒やされてます》といった歓喜の声があがりました。さすがにグループでも1番人気の西島だけあって、早くも話題を呼んでいるようですね」(芸能ライター)

頭ポンポンはもう古い!?

しかしファンの声とは裏腹に、CMの演出には嫌悪感を示す人も。ネット上には、

《頭ポンポンは地雷。ムカつくんですけど。制作会社って何もわかってない》
《甘いCMはあんま流さないでほしい》
《女性人気あるから大きな声で言えないけど、このCMはスゴく気持ち悪く感じてしまう》
《柔軟剤と頭ポンポンは何の関係があるの? 純粋に柔軟剤の良さを伝えてほしい》
《男のあざとい系って、マジで見ててキツイ》
《頭ポンポン好きな人って、高校生や大学生のカップルだけでしょwww》

などと批判が殺到している。

「そもそも〝頭ポンポン〟は、男性が『女性の喜ぶ行動』と思っているだけで、本当はそこまで受けがよくありません。基本的に頭ポンポンに夢を見るのは、女子中高生などの柔軟剤を購入しない低年齢層ばかり。ファン層が低年齢なため無理はないかもしれませんが、本当に柔軟剤を売る気があるのか疑いたくなる演出です。よく思わない人がいるのも当然でしょう」(同上ライター)

西島の魅力は最大限に生かされたCMではあるが、ファン以外に受けが悪いとあっては〝失敗〟といっても過言ではないだろう。

CM

(出典 Youtube)


https://myjitsu.jp/archives/317354


【悲報】佐々木希さん 「処分の対象になる可能性」.....


NO.9986826 2021/11/12 18:54
佐々木希が違反行為か、「処分の対象になる可能性」
佐々木希が違反行為か、「処分の対象になる可能性」
11月10日、佐々木希が自身のインスタグラムを更新し、故郷の秋田県で兄と一緒に釣りをしたことを報告。
佐々木は、「兄がハマってる釣りに連れて行ってもらいました」「秋田の海は本当に綺麗で気持ちいい!癒されました! そして、釣りは何年ぶり!?というくらい久々でしたが、とにかく楽しい!ずっと釣りしていたかったです また秋田に帰ったら行きたいなぁ」とつづり、釣り竿を手に微笑むショットを投稿。ファンからは
《めちゃ大漁ですね! かなりのベテランとみたぞw》
《こんな可愛い妹がいてお兄さんが羨ましい。俺も一緒に海釣りしたいわ~》
など大きな反響が。
一方、ネット上では佐々木の海釣りスタイルに
《えっ、ボートに乗っているのに、なんでライフジャケット着てないんだよ。もし万が一、海に落ちたらどうするつもり?》
《船に乗るときはライフジャケットの着用義務があるんだけどな。まさか海釣りする人が知らないわけないよね?》

との声も。
釣りライターによると、
「近年、船舶から海中に転落して死亡する事故が増えていることから、国土交通省では関係法令を改正し、2018年2月からすべての小型船舶の乗船者にライフジャケットの着用を義務化しています。車のシートベルトのように、乗船者にライフジャケットを着用させなかった船長には違反点数2点が付され、再教育講習を受講しなければなりません。今回、船の操縦者が佐々木の兄ならば、処分の対象になるでしょうね」
とのこと。「週刊実話WEB」が報じている。

【日時】2021年11月12日 13:29
【ソース】いまトピ編集部

佐々木 (ささき のぞみ、1988年〈昭和63年〉2月8日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。旧姓同じ。本名は渡部 (わたべ のぞみ)。 秋田県秋田市出身。トップコート所属。夫はアンジャッシュの渡部建。 2005年、秋田フォーラス(現:秋田オーパ)に出店していたショップ「流行屋」の店員と
53キロバイト (6,592 語) - 2021年11月9日 (火) 19:04




このページのトップヘ