トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

コロナ禍


(出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


 【第一生命 サラリーマン川柳コンクール】1位 会社へは 来るなと上司 行けと妻


1 孤高の旅人 ★ :2021/05/27(木) 10:36:42.62 ID:8j4oq7iq9.net

会社へは 来るなと上司 行けと妻…サラリーマン川柳1位
2021/05/27 10:00
https://www.yomiuri.co.jp/national/20210527-OYT1T50104/

 第一生命保険は27日、恒例の「サラリーマン川柳コンクール」の上位10作品を発表した。


 1位には、テレワークをテーマにした「会社へは 来るなと上司 行けと妻」が選ばれた。2位は、政府の特別定額給付金にちなんだ「十万円 見る事もなく 妻のもの」、3位がオンライン会議を巡る「リモートで 便利な言葉 “聞こえません!”」だった。コロナ禍で定着した新様式に着目した作品が目立った。

 4位は「嫁の呼吸 五感で感じろ! 全集中!!!」。人気アニメ「鬼滅きめつの刃やいば」の主人公が必殺技を見せる際の決めぜりふ「全集中」を取り上げ、妻の意向をくもうとする夫の姿をユーモラスに描いた。

 第一生命は今年1月、6万2542句の応募作品から入選した100作品を発表。10万を超える投票で上位10作品が決まった。

◆サラリーマン川柳ベスト10

1位 会社へは 来るなと上司 行けと妻

2位 十万円 見る事もなく 妻のもの

3位 リモートで 便利な言葉 “聞こえません!”

4位 嫁の呼吸 五感で感じろ! 全集中!!!

5位 じいちゃんに J・Y・Parkの 場所聞かれ

6位 我が部署は 次世代おらず 5爺(ファイブジイ)

7位 お父さん マスクも会話も よ*れる

8位 YOASOBIが 大好きと言い 父あせる

9位 お若いと 言われマスクを 外せない

10位 抱き上げた 孫が一言 密ですよ



(出典 sa0209ta.com)
【芸能】中居正広「これダメだ」 友人と“マスク会食”実践も痛感 楽しいあまり「大雑把に雑になっていく」


1 砂漠のマスカレード ★ :2021/05/17(月) 02:33:23.46 ID:CAP_USER9.net

 タレントの中居正広(48)が15日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「中居正広 ON&ON AIR」(土曜後11・00)に出演。コロナ禍における“マスク会食”について「これダメだ」と感じた自身の実体験を明かした。

 番組内で、場所によっては3度目の緊急事態宣言下にある生活について自身の考えも含めて明かした中居。その中で、2度目の緊急事態宣言が明けた3月の夜に友人と4人で会食に行ったというエピソードを話し始めた。


volume is 80%volume is gedempt

 一緒に行った友人が誰かということは迷惑をかける可能性を考えて「誰とは言いません」とした中居。だが、その会食の最中に思うところがあったという。「僕は気を付けている方だし、その現場にいたら言える方なんですよ。それは先輩であろうが、下だろうが、同じ人だろうが、年齢関係なく。『ちょっと距離置きましょう』とか。『ちょっとマスクしましょう』とか。打ち合わせの時とかでも。それは自分に厳しくしているわけじゃなくて、相手に優しく、自分にも優しくするために距離を置きましょう、何かあったら申し訳ない…これは優しい行動だって自分の中で受け入れながら」と感染防止のために念には念を入れている自身の日頃の考え、行動についてまずは明かした。

 その上で「僕は本当に感じましたね。あっ、これダメだって。こういうことなんだって」と回想。最初は人と人との距離、マスク着用などに細心の注意をしながらも、仲間うちでの楽しい「乾杯!」から酒が進むにつれ「大雑把に雑になっていく。いつの間にかマスクはあごに引っかけっぱなしになったりだとか、いつの間にか距離が1メートル弱になったりだとか。いつの間にか隣同士、向き合ってしゃべったりだとかっていうのが瞬間的にあったりして。『あっ、これね!』って。外に友達と行ったら(楽しくて)こうなっちゃうんだ…と思って。経験をして良くないなって」とし「その後、体調壊した人はいなかった」としながらも「どちらかが持っているかもしれないし、どちらかがうつしてしまうかもしれない。これだけ楽しく遊んでいる友達にうつしてしまう可能性があるんだなって」と自戒を込めた。 「人にも自分にも厳しくするってことは、それは人にも自分にも優しい行動なんじゃないのかなって思うようにした方がいいんじゃないのかなって」。そう話した中居だったが「でもね…。これ、刺さらないんだよ…」と自分の経験談は相手に届いても刺さらないことがもどかしそうだった。

https://news.livedoor.com/article/detail/20202877/
2021年5月16日 19時57分
スポニチアネックス



(出典 www.geinou-research555.com)
【ラジオ】爆問・太田 「五輪か国民の命か」の問いに私見「命を軽んじる人ってことが前提の問いじゃない?」


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/05/12(水) 14:20:37.59 ID:CAP_USER9.net

5/12(水) 13:04
スポニチアネックス

爆問・太田 「五輪か国民の命か」の問いに私見「命を軽んじる人ってことが前提の問いじゃない?」
「爆笑問題」の太田光
 お笑いコンビ「爆笑問題」太田光(55)が11日深夜、TBSラジオ「JUNK 爆笑問題カーボーイ」(火曜深夜1・00)に出演し、コロナ禍での東京五輪開催の可否をめぐる議論について私見を語った。

 仕事の待ち時間中に国会中継を見ていたという太田は、「『オリンピックと国民の命、どっちが大切ですか?』っていう問い、あるじゃない?それって俺、答えられないなあ」と口にした。「『オリンピックをやるってことは、国民の命を軽んじる人たち』ってことの前提の問いじゃない?」というのが理由という。「それは世界に向かっての問いだよね。誰かに向かっての問いっていうよりも、『オリンピックと国民の命、どっちが大事なんですか?』っていうその設問は、誰の身にも降りかかる問いじゃない?」。相方の田中裕二(56)に問いかけつつ、「だから俺は答えられないなって思った」と本音を口にした。

 白血病から復活し、東京五輪出場権を獲得した競泳女子の池江璃花子に対し、SNS上で出場辞退を迫る書き込みなどが問題になっている。太田は直接は言及しなかったものの、「選手に矛先を向けるのは筋違いだって言うんだけど、それは選手にも向かっている問いなんだよね、実はね」とも語った。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/1d94bc480d2659efaf7001cd23e2cb3d45470a57



(出典 www.news-postseven.com)
【スクープ】五輪観戦に全国で子供128万人を大量動員、コロナ感染対策なし「学校連携観戦」このまま強行か…



1 BFU ★ :2021/04/29(木) 10:47:53.24

https://twitter.com/nitiyoutwitt/status/1387328443801427968?s=19

※不参加は欠席扱いも

【スクープ】コロナ禍の中、子どもを五輪・パラ観戦に“動員”する「学校連携観戦」が強行されようとしています
全国約128万人、都内で約81万人。コロナ以前の計画で、感染対策なし
子どもはワクチンもなく電車やバスで集団移動。熱中症の危険も。中止求める声が噴出
=赤旗日曜版5月2,9日合併号
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



(出典 2.bp.blogspot.com)
【芸能】有吉弘行 実は3年前から同棲 囁かれていた“らしくない変化” 


1 数の子 ★ :2021/04/07(水) 12:05:39.01 ID:CAP_USER9.net

4月2日、夏目三久アナ(36)との結婚を発表した有吉弘行(46)。直筆のメッセージで《この度 私達 有吉弘行と夏目三久は令和三年四月一日に結婚いたしました》と報告した有吉。夏目も《有吉さんと夫婦になり、この上ない喜びと幸せを感じております》とコメントした。

2人はなぜ、今回のタイミングでゴールインしたのか。

10年前の’11年4月に『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で共演し、互いに好意を抱くようになっていった有吉と夏目。熱愛発覚当初は、2人が隣同士のマンションに引っ越したと報じられた。だがさらにその後、2人の仲はひそかに進展していのだ。

「実は3年ほど前からすでに同棲し始めていたのです。ほぼ事実婚のような生活で、いつゴールインしてもおかしくない状態でした。

ただ夏目さんはTBSの情報番組『あさチャン!』や日本テレビの報道番組『真相報道バンキシャ!』でMCを務める人気キャスター。有吉さんもレギュラー番組を13本も持つ超売れっ子ですし、後輩芸人に慕われているので明け方まで飲みに行くことも少なくありませんでした。そのため、すれ違いも多かったそうです」
(芸能プロダクション関係者)

同棲したものの、結婚には至らない。そんな秘愛生活が長年続きながらも破綻をきたさなかったのは、有吉の貫いてきた“美学”があったからだ。

本誌’13年8月20・27日合併号では、有吉と夏目とマツコ・デラックス(48)による“怒り新党メンバー特別座談会”を実施。そこで“有吉にふさわしい女性”について、こんなやりとりがあった。

《マツコ:いや、この人誰でもいいと思うよ
有吉:うん。俺もそう思う! 結局、僕は誰でも一緒だと思います
マツコ:結局、この人が合わせるのよね、どうせ》


■「最近、チリビーンズを作っているんだ」

この有吉の「結婚や恋愛は俺が相手にすべて合わせるという姿勢」が、夏目にとって大きな意味を持っていたようだ。前出の芸能プロダクション関係者がこう語る。

「夏目さんは、意外にもこだわりの強いタイプ。特に『食の趣味が合わない人とは付き合えない』と語るほど、食事の相性を大切にしているんです。だから我の強い人と付き合うと、ぶつかることも多かったといいます。

その点、有吉さんは相手の意見を尊重するタイプ。実際、最近では発言にも変化があったそうです。たとえば『料理は必ずお皿に取り分ける』というこだわりをみせたと思えば、『最近、チリビーンズを作っているんだ』と語り始めたり……。マツコさんが『あなた、そんな人だっけ?』とツッコミを入れるほどの変心ぶりでした。

さらに同棲についても、夏目さんが生活スタイルを変えなくてもいいように配慮。有吉さんが、彼女のマンションへと引っ越す形にしたそうです。率先して寄り添ってくれる姿勢に、夏目さんはとても感謝していました」

そしてコロナ禍で外出を自粛したことが、決め手となったという。

「ステイホーム期間中は有吉さんも外で飲み歩くのではなく、家で晩酌するようになりました。また夏目さんも外での仕事が減り、自宅にいる時間が増えました。その結果、今後についてじっくり話し合う機会ができたようです。

最近、有吉さんは将来について話すことが増えていたといいます。事務所とも半年前くらいから、いろいろと相談をしていたみたいですから。周囲でも『何か心境の変化でもあったのかな』と噂になっていました」
(お笑い関係者)

冒頭のコメントのなかで、有吉はこう続けていた。

《お世話になっている皆様方にもっと笑っていただけるようこれまで以上に精一杯頑張っていきたいと思っております》

最愛の伴侶とともに、有吉はさらなる飛躍を誓う――。

https://news.yahoo.co.jp/articles/55144993dc4db11438a6f0d1aaedc8f8c3e5ea00


このページのトップヘ