トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

コロナ禍

【芸能】松山千春「大変長らくお待たせしました」 コロナ禍のため2年ぶり東京公演 


1 jinjin ★ :2021/11/19(金) 06:23:52.51

松山千春「大変長らくお待たせしました」コロナ禍のため2年ぶり東京公演


フォーク歌手の松山千春(65)が18日、東京国際フォーラムで全国ツアー(22公演)の東京公演を行った。


松山にとって同所は毎年春・秋にライブを行うなじみ深い会場だったが、コロナ禍のため2年ぶりの開催に。

観客は65%に抑えた約3000人で、松山は「大変長らくお待たせしました。2年ぶりに国際フォーラムに帰ってきた松山千春です」とあいさつ。

「後ろの方は松山千春ももう人気なくなったと思うやつもいるだろうけど、しょうがないよな」と話し、笑いを誘った。

新曲「敢然・漠然・茫然」、代表曲「大空と大地の中で」などで魅了した。


https://news.yahoo.co.jp/articles/f8f8b0848bd26f2cf18fb00794eeac0662ec407d

(出典 i.imgur.com)


新潟市内で医療従事者が一斉スト(1時間) 「賃金に見合わない激務が続いている」 「せめて賃金を上げてもらわないと働く意欲が上がらない


1 水星虫 ★ :2021/11/13(土) 10:27:13.69

新潟市内で医療従事者が一斉ストライキ コロナ禍の窮状訴え

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20211112/1030018933.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

労働条件の改善をめぐり、労働組合と病院側との交渉が決裂した看護師などが、
新潟市内の4か所の病院などで一斉にストライキを行い、コロナ禍の現場で
「賃金に見合わない激務が続いている」と窮状を訴えました。


このストライキは、「新潟勤労者医療協会」など3つの法人が経営する病院や薬局、
介護施設などで勤務している看護師や薬剤師、介護士などが12日午前8時半から1時間、
新潟市内4か所の病院などで一斉に行いました。
3つの法人の労働組合にはあわせて700人あまりが所属していて、組合側は昨夜、
法人の経営側と冬の一時金の上積みを求めて団体交渉を行いましたが、認められなかったため
12日朝、20年ぶりのストライキの決行に至りました。

新潟市秋葉区の「下越病院」には、看護師などおよそ50人が集まり、
コロナ禍で負担が増す医療現場の窮状を訴えました。
具体的には「通常診療と新型ウイルス対応が重なり退職する人も増える中、
残された少ない人数で夜勤に追われている」
とか、
「スタッフを増やせないなら、せめて賃金を上げてもらわないと働く意欲が上がらない」
などと話していました。
このあと参加者たちは、「団結」と書かれた籏を掲げて「頑張ろう」と三唱し、
引き続き一時金の上積みを求めていく姿勢を示しました。

新潟民医連労働組合羽賀泰子書記長は「国や自治体は、医療従事者などが非常にひっ迫した状況の中、
厳しい給与条件で働いていることを知ってほしい」
と話していました。

一方、経営者側の新潟勤労者医療協会の大谷克則専務理事は
「なるべく要求に添えるよう努力しているが十分、応えられことができず残念だ。
国の責任で医療や介護、福祉分野の賃金を上げるという施策を進めてもらえないと内部の努力だけでは
限界があり、このままで地域医療が守れない」
と話しています。

11/12 17:46


『疑問』忘年会どうする?コロナ禍2度目の年末


NO.9967959 2021/11/04 18:29
忘年会どうする? 飲食店に客足戻る コロナ禍2度目の年末
忘年会どうする? 飲食店に客足戻る コロナ禍2度目の年末
■GoToイートで売り上げ増加
緊急事態宣言の解除から1カ月余り。県内の感染状況は変わらず落ち着きをみせています。

静岡市の繁華街にあるこちらの居酒屋。韓国料理とK-POPが楽しめるとあって、女性の団体客が多いそうです。

店にとって追い風となっているのが、感染状況の改善を受けて県が利用自粛要請を解除したGoToイート食事券。店全体の売り上げも回復傾向にあるそうです。

浜韓・静岡店 吉原健太エリアマネージャー:「先月分になりますね」

手にしているのはGoToイート食事券の束…。

浜韓・静岡店 吉原健太エリアマネージャー:「(Q1カ月でこれだけ出たんですか?)そうなんですよ、よく食事に行かれる方はすごい大量に購入していると聞いております。売り上げの20%ぐらいは(GoToイート)。こちらは本当にすごくありがたい」

■「コロナ禍前に戻るのはまだ…」
コロナ禍以前なら、11月になれば忘年会や新年会の予約が入り始める時期。こちらの店では去年の年末年始、売り上げが前の年の3割まで落ち込んだといいます。今年は去年と違ってワクチン接種が進み、状況は変わったのでしょうか。

【日時】2021年11月04日 18:07
【ソース】静岡朝日テレビ




(出典 m.media-amazon.com)
 【漫画】動物マンガの金字塔 佐々木倫子『動物のお医者さん』 今、改めて読みたい理由「あるあるが満載」


1 muffin ★ :2021/10/19(火) 16:16:55.32 ID:CAP_USER9.net

https://magmix.jp/post/64791

 長引くコロナ禍で、癒やしを求めて新たにペットを迎える人が増えました。しかし、いざ飼ってみると思っていた以上に世話が大変で、手放してしまうケースも多いと聞きます。改めて動物たちとの向き合い方を考えたい今、ぜひ読んでほしいマンガがあります。佐々木倫子先生の『動物のお医者さん』です。

 1987年から1993年まで「花とゆめ」に連載された『動物のお医者さん』は、札幌市にあるH大学獣医学部を舞台に、学生たちと動物の日常生活を描いたドクトル・コメディです。連載当時、主人公が飼う犬 シベリアン・ハスキーが大ブームとなり、H大学のモデルとなった北海道大学では獣医学部の受験生が急増するなど、社会現象を巻き起こした作品です。連載終了から30年近くたった今読んでも変わらず面白く、何度でも読み返したくなる、その魅力をご紹介します。

●獣医学部は超強烈キャラのるつぼ
 主人公のハムテルこと西根公輝(に*まさき)は、H大学獣医学部に通う学生です。呼び名の由来は「公=ハム 輝=テル」ですが、親にまでそう呼ばれても気にしないひょうひょうとした性格で、これが作品全体の“どんな展開になろうとも妙に落ち着いた雰囲気”をかもし出しています。

 ただし、ハムテルを取り巻く獣医学部の面々は超強烈なキャラぞろい。ガサツで周りに迷惑かけまくりの漆原教授に、トロくて超スローモーなゆえにこれまた周りに迷惑かけまくりの、博士課程の菱沼さん。大のネズミ嫌いなのに獣医学部に進んでしまった親友の二階堂、几帳面すぎて教授をもビビらせる先輩の小夜ちゃんなどなど。こんな強烈キャラたちが巻き起こす騒動に振り回されながら、ハムテルが獣医として独り立ちしようとするまでの6年間が描かれます。実は連載期間も同じく6年間でマンガのなかの時間とリンクしていたため、読者は同級生のような感覚でハムテルと一緒に獣医学部の学園生活を楽しむことができました。

●動物たちの描写がリアルで“動物あるある”満載
 動物たちの姿がリアルに描かれているのも、この作品の魅力です。多くのマンガの動物たちは親しみやすくデフォルメされているものですが、『動物のお医者さん』ではシベリアン・ハスキーブームを生んだハムテルの飼い犬チョビをはじめ、毛並みや表情、しぐさまでもリアルに生き生きと描かれています。動物に親しんでいる人なら「そうそう!」「こういうことする!」と、うれしくなってしまうほど、あるあるが満載なのです。

 作品中には実にたくさんの動物たちが出てきます。西根家で飼っている猫のミケやオンドリのヒヨちゃん、付属家畜病院の外来にやってくる動物たち、牧場実習でお世話するヒツジ、菱沼さんの実家の牛など、それぞれをリアルに描く佐々木倫子先生の観察眼とデッサン力には惚れ惚れとしてしまいます。

 そして動物たちの声が言葉として吹き出し外に書き込まれているのも、作品の妙。動物同士で世間話をしていたり、飼い主に遠慮したり威張ってみせたり……人間と変わらず感情豊かにに生きていることが実感できます。コミカルな描写のなかで少しずつ、動物たちと暮らすということが分かってくるのです。

 『動物のお医者さん』では獣医学部の日常も丁寧に描かれています。それは、普通は部外者には知り得ないエピソードばかり。ネズミやひよこの飼育箱に敷く木屑を確保するために講座ごとの争奪戦があったり、超音波検査のための毛刈りに苦労したり、牛の難産を救助する練習をしたり、獣医国家試験の準備で語呂合わせを暗記したり。何度も読み返すうちに「通勤にブドウレンコン」「みたくない こざるのおしりはまっかっか」など、意味は分からなくても覚えてしまった語呂合わせまであります。

 “動物の命を守る”獣医になることがどれだけ大変か(もちろん、マンガに描かれている以上にハードでシビアな生活でしょうが)を垣間見ることができ、同時に、動物を飼うことは“命を預かる”ことなのだと改めて心します。

 物語は、ハムテルが親友の二階堂と一緒に開業することを決めたところで終わりますが、できることなら、その後どんな獣医さんになったかの後日譚を読んでみたいものです。佐々木倫子先生、執筆を切にお願いします。


(出典 magmix.jp)


【芸能】コロッケ コロナ禍で150本以上仕事飛ぶも40周年記念舞台が無事に開幕「ベットで泣こうかな」

1
 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/09(土) 20:52:08.28

10/9(土) 19:35配信
デイリースポーツ

 舞台「令和千本桜〜義経と弁慶/コロッケものまねオンステージ2021」の公演初日を迎えたコロッケ=東京・明治座(撮影・岩村美佳)

 ものまねタレントのコロッケ(61)の芸能生活40周年記念舞台「令和千本桜〜義経と弁慶/コロッケものまねオンステージ2021」(21日まで)が9日、東京・明治座で幕を開けた。

 第1部の芝居では、元宝塚の七海ひろきが義経、コロッケが弁慶を演じ現代的な歌やダンスを披露。第2部のものまねショーでは、森進一や美川憲一などの鉄板ネタを余すことなく届ける。

 昨年、芸能生活40周年を迎えたものの、コロナ禍により記念公演を含む150本以上のイベントがキャンセルに。緊急事態宣言が解除され無事に初日を迎えた現在の心境を問われると「感無量です。あしたもあるので、お酒は飲めないんですけど、ベットで泣こうかなと思ってます」と充実の表情を浮かべた。

 そんな苦境に立たされながらも、今年2月にはコロッケ専門店をオープンするなどプロデュース業にも着手。先月も、京都・清水寺で行われた世界的ギタリスト・MIYAVI(40)のライブ演出を一部手がけるなどし、「こんな時代だから、食っていくにはいろいろ多岐にわたってやっていかないと。ずっと挑戦していきたいですね」と柔軟に対応していく考えを示した。

 コロッケとの初共演に七海は「『真のエンターテイナーだな』と感じました。私も人を喜ばせることができるように進化し続けていきたい」と抱負を口にした。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/0302fd9da6b744ab0d942862473f109f704ec539


このページのトップヘ