トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

コロナ後遺症

「電車に乗れない」コロナ後遺症の女性を苦しめる”恐怖感” オンライン診療の現場は


NO.9847715 2021/09/18 11:47
「電車に乗れない」コロナ後遺症の女性を苦しめる”恐怖感” オンライン診療の現場は
「電車に乗れない」コロナ後遺症の女性を苦しめる”恐怖感” オンライン診療の現場は
東京・世田谷区の調査で、新型コロナウイルスに感染した人のおよそ半数に後遺症の症状があることがわかった。 調査は、21年4月時点の感染者8959人を対象に行われ、3710人から回答を得た。 その中で「後遺症がある」と回答した人が1786人(48.1%)にのぼった。

年代別で見ると、30代から50代では半数を超え、20代で46.6%、10代で30.2%など、若い世代にも症状がみられた。 また症状別で見ると、嗅覚障害が54%と最多で、全身の倦怠感が50%、味覚傷害が45%と続いた。 今回、FNNでは、コロナ感染から回復した後も心身の不調が続く40代の女性を取材した。


女性は3月に感染し、10日間ほど療養した後、いったん元の生活に戻ることができたという。ところが3週間後、自宅で突然起き上がれなくなり、救急車を呼んだ。 精密検査を受けても異常は見つからなかった。 その日から動悸、頭痛、めまい、息苦しさなどの症状が5か月間続いている。

現在、女性は、港区にある北里大学東洋医学総合研究所のコロナ後遺症外来のオンライン診療を受けている。
医師:前回からいかがですか?
女性:やっぱり動悸が非常につらい時があって・・・。夜寝られないくらい。あとは逆流性食道炎みたいなのが数回ありました。
医師:髪の毛はどうですか?
女性:(コロナ感染)前よりは抜けますけど、ピークは越えたかなという感じです。

オンライン診療を受け始めてから楽になったが、症状が治まったと思うと、また別の症状が出てくる。 日によって症状と不安の”波”が変わる。 女性が今送っている生活は「最低限の生活」だという。

【日時】2021年09月18日 11:20
【ソース】FNNプライムオンライン



コロナ後遺症「3割が半年後も症状が持続」、軽症例や若年層でも油断は禁物


NO.9701660 2021/07/28 22:26
コロナ後遺症「3割が半年後も症状が持続」、軽症例や若年層でも油断は禁物
コロナ後遺症「3割が半年後も症状が持続」、軽症例や若年層でも油断は禁物
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の後遺症の実態が明らかになってきた。

 日本国内では、2020年1月~21年2月にCOVID-19で入院した522人を調査した結果、退院時に倦怠感などの自覚症状を認めた人の3割で診断から半年がたった時点でも、症状が持続していたことが判明。

主な症状は、疲労感・倦怠感が21%、味覚障害、頭痛が9%、思考力・集中力の低下が11%など。脱毛も10%に認められた。一方、症状の有無にかかわらず、およそ8割は「感染以前の健康状態に戻った」としている。ただ、長引く症状が一つでもあると不安や抑うつ気分、睡眠障害を自覚する傾向が強まるため、仕事や学業など社会生活への影響が懸念される。

 軽症例でも油断はできない。

 ノルウェーの報告では、20年2月28日~4月4日にCOVID-19と診断された「自宅待機患者(軽症~中等症例)」と「入院患者(重症例)」について、6カ月後に再診と聞き取り調査を実施。最終的な解析対象は自宅待機組247人、入院組65人だった。

 その結果、自宅待機組の55%で半年後も自覚症状が続いていることが判明。主な症状は疲労感30%、味覚・臭覚障害27%、集中力の低下19%、記憶障害18%で、呼吸困難も15%で続いていた。

 16歳未満の自覚的な後遺症は16人中の2人(13%)にすぎなかったが、16~30歳では61人中の32人と半数が6カ月後も後遺症に悩んでいた。

【日時】2021年07月28日 6:00
【ソース】ダイヤモンドオンライン




【悲報】コロナ後遺症で髪が抜け落ちた女性、絶望する「大学院退学も考えてる。就職もできない。この先どうすればいいの…」  

【【絶望】コロナ後遺症で髪が抜け落ちた女性】の続きを読む

このページのトップヘ