トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

キングコング

【芸能】「カジサック」梶原雄太が動画投稿の長期休止を発表 ひろゆき氏も反応

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/09(木) 10:42:29.66

9/9(木) 10:24
東スポWeb

「カジサック」梶原雄太が動画投稿の長期休止を発表 ひろゆき氏も反応
「カジサック」こと梶原雄太
 人気ユーチューバー「カジサック」ことキングコングの梶原雄太(41)が8日夜、公式ユーチューブチャンネルを更新。しばらく動画投稿を休止することを発表した。

 例年、動画撮影・編集などを行う「チームカジサック」は夏休みと冬休みを平均5~9日間取得しているが、梶原は「今回かなりの長い期間お休みさせていただきます」と宣言。動画再開は9月28日を予定している。

「今までは休みを取ってた理由は編集者さんに休んでもらいたいという気持ちから。今回は初めて、チームスタッフ、現場スタッフにもがっつり休んでいただきたい」

 ただ、ここからがユーチューバーならではのカラクリ。チームの2週間強の休みは先日までに消化済み。休んでいた期間にアップしていたものはこれまでにストックしていた動画だった。そのストックが切れ、〝仕込み〟のために動画の更新をストップするという。

 梶原が「休みは重要やからね」と言うと、隣にいた妻は「私も休んで欲しいなとは思ってたからさ。(梶原は)周りが見えなくなるタイプ。カジサック言わないと、みんな休めないし。みんな『やります、やります』と付いてきてくれて。今回休みが取れて良かったなと思ってる」と笑顔で語った。

 カジサックの長期休暇に実業家のひろゆき氏も反応。ツイッターで「組織のトップが、二週間の長期休みを作れる仕事をしてるところは長持ちするよねぇ。。。」と感心していた。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


(出典 Youtube)

https://news.yahoo.co.jp/articles/09f06e021853966b10b2ce0a5c48998e7f2a9f9d



(出典 president.jp)
キンコン西野亮廣のオンラインサロンに異変、『プペル』後にあった“信者”の動き


1 愛の戦士 ★ :2021/07/05(月) 17:10:41.37

週刊女性prime 7/5(月) 17:01

《週に一度は炎上するFacebook毎日更新中。フォローしてね(*^^*)》

 この文面をほぼ毎日ツイートする人物。“炎上”の代名詞的な存在だったキングコングの西野亮廣(41)だ。“だった”と過去形にしているのは、ここ最近は週に1度どころか、炎上すること自体が少なく、ネットニュースになることも以前と比べれば少なくなってきているためだ。

なぜ西野はファンを獲得できたのか
「芸人としてのテレビでの活動は少ないですが、'20年に公開された西野さんの絵本を原作としたアニメーション映画『えんとつ町のプペル』は日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞。

 ビジネスの面でも興行収入20億円、観客動員数も150万人突破と成功しています。まぁこれは、“信者”とも揶揄される強烈なまでの“西野ファン”が何回も観に行ったことが大きいとも言えますが」
(芸能プロ関係者)

 SNS上では「プペる」(『えんとつ町のプペル』を観に行くこと)、「○プペ目」(○には数字が入り、○回『えんとつ町のプペル』を観に行ったかを示す)などの言葉も生まれた。さらには、有志によって上映直後に「スタンディングオベーションをしよう!」という動きもあった。

 なぜ西野はこれほどまでのファンを獲得したのか。

「西野さんのFacebookでの投稿が始まりでしょう。そこで彼のビジネス論や芸人論、もっと言えば人生論のようなものを語っていた。

 それまでも、人気芸人なのに“チケット手売り”や絵本作家などさまざまな活動をしてきましたが、ビジネス書を出すほどの“作家”となり、さらにまだ日本ではあまり浸透していなかったクラウドファンディングを芸能界でいち早く始めるなどのビジネス的な“早さ”が、いわゆる“意識高い系”のような人からも人気を得るようになった。

 現在の西野さんのファンは、“笑い”のファンではなく、そういった活動のファンが多いでしょう」
(出版関係者)

 しかし今、このコアファンの“西野離れ”が止まらないのだ。

「西野さんは'16年にオンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』を開設しました。月額980円の会員制で、“西野亮廣の“頭の中”を共有”ということで、Facebookの非公開グループに毎日西野さんがエンタメ論やビジネス論などを投稿し、それが読めるといったことが特典となります。昨年ごろが最盛期で、7万人を超える会員数となっていました」(同・出版関係者)

 しかし、現在'21年の会員数は……。

「今年の春ごろから減少を続け、今に至るまでずっと右肩下がりで、現在は6万人ほど。ここ3か月くらいで1万人ほどの減少となっています。

 月額制のいわゆるサブスクリプションのビジネスは、解約を忘れていたり、解約するのが面倒でそのままにしていたりする人の存在がわりと重要視されるなど、休眠会員が多い。それにもかかわらずこんなにも“積極的に”解約する人が多いのはちょっと……。

 とはいえ、会員数自体は日本トップですから、十分すごい。ちなみに2位はオリエンタルラジオの中田敦彦さん、3位はホリエモンこと堀江貴文さん。このトップ3のサロンに全部入っているという人も少なくないのではないでしょうか(苦笑)」
(同・出版関係者)

※続きはリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/b49d2a4cf1dece0b7702c6701bf13e65fe16ed44



カジサック・梶原雄太

「カジサック」ことキングコング梶原雄太が4日、自身のツイッターを更新。『えんとつ町のプペル』のミュージカル化発表に言及した。


■ミュージカル化が発表

同日、相方・西野亮廣が書いたベストセラー絵本『えんとつ町のプペル』(幻冬舎)がミュージカル化されることが分かり、スコップ役をオリエンタルラジオ藤森慎吾が務めることが発表された。

この発表を受け、西野がツイッターを更新。作者であるので西野からすると喜びの気持ちからの報告と思われるが、この投稿を見た梶原はツイッターで困惑した様子を見せている。


関連記事:カジサック、相方・西野亮廣の退所を受け緊急動画投稿 「退所するつもりない」

■「いつでもいけます」

同日、西野の投稿を引用する形で梶原はツイッターを更新。あれ? まだ話来てないな」「てゆうかミュージカル? 聞いてないな」明らかに困惑した様子を見せた梶原。相方ではあるが出演の話はおろか、どうやらミュージカル化の話すら聞かされていなかったようだ。

映画版では町人Aの声優を務めていた梶原。「上を見たって…」「 ロクな大人に…」と町人Aのセリフを引用して、「いつでもいけます」と出演オファーを心待ちにしているようだった。


■出演を熱望する声

投稿には「町人Aはカジサックで決まり」「絶対出て欲しい」と出演を熱望する声が。「最高やないかい」「楽しみにしてまーす!」とファンは出演できるか今後の展開が楽しみにしているようだった。

また映画出演時、自身のYouTubeチャンネル『カジサック KAJISAC』で公開した収録の様子が、当時話題となっていたこともあり、「またリムジンで参上ですか?」「ミュージカルなら『うめぇ』って挟むチャンスあるのでは?」などとミュージカル出演時の動画を期待する声が寄せられていた。

・合わせて読みたい→キンコン梶原、ドッキリ企画のオチに絶句 「怖い」「もう最悪や」

(文/しらべぇ編集部・中島隼貴

キンコン梶原、『プペル』ミュージカル化に出演意欲 「まだ話来てないな…」


(出典 www.moviecollection.jp)
【芸能】手越祐也 キンコン西野の映画に共感で「ジャニーズに恨み節?」


ジャニーズ独立後はYouTuberとして活躍する手越祐也。テレビで姿を見る日は来るのか…(‘19年)

「外に出た人にしかその星の綺麗さは分からない」

元「NEWS」の手越祐也が2月22日、自身のYouTubeチャンネルで、お笑いコンビ「キングコング」西野亮廣との対談動画を投稿した。

以前から西野をリスペクトしていたという手越は、「オリエンタルラジオ」藤森慎吾に頼んで、西野を紹介してもらったという。連絡先を交換して数日後にその対談に至ったそうだ。

手越は対談をする前にマネージャーと共に西野が手掛ける映画「えんとつ町のプペル」を鑑賞したことを明かし、西野本人を前に映画を絶賛した。プペルや登場人物の環境に非常に共感したようで“刺さった”と表現した。

「“外の世界を見せないように”とか“その先には星があるのに”とか全く同じことを(感じた)。新しいことしたいって人は思うじゃないですか。外に出た人にしかその星の綺麗さは分からない」

と、ジャニーズから独立し、現在は自由に活動する手越らしい発言も。すると、西野が何かを感じたようで

「手越さんになんかそういう圧力とか摩擦とかってみたいなものってあったんですか?」

と聞くと手越は「ないっすよ」と否定した。

「西野さんに虚を突かれて若干あたふたして釈明していましたが、ジャニーズの悪口は絶対に言わないようにしていましたね。しかし手越さんの“外の世界を見せないように”という発言からしてジャニーズに当時は押さえつけられていたと言わんばかりの恨み節に聞こえました。

しかし当時ジャニーズ事務所はアイドルとしての資質が問われかねない手越さんのスキャンダルを数えきれないほど“お咎めなし”にしてきた。しかし最後は“クビ同然”で手越さんが退所しました。今後も和解することはまずないでしょう」
(スポーツ紙記者)

手越はコロナ禍で、複数回女性を伴う飲食を繰り返し週刊誌に報じられた。事務所に怒られた手越は辞めることになったが、退所会見では「辞めると言った以上、(ジャニーズに)いつ切られるか分からなかった」と明かした。そして昨年6月、手越は個人事務所を設立する間もなく“裸同然”でジャニーズを辞めたのだ。

「退所してから手越さんは『世界の果てからイッテQ』(日本テレビ系)などの人気番組も降板し、テレビから完全に消えた。最近の吉本興業では退所した藤森慎吾なども引き続きテレビに出ているが、ジャニーズを退所したタレントの場合、テレビ業界のジャニーズに対する顔色伺いは非常に強い。

ジャニーズから“手越を使うな”などという圧力はないですが、全局が“肌でそう感じている”わけですから、手越さんは今後のテレビ出演は難しいところがあるでしょう」
(テレビ局関係者)

西野は「この先なにするんですか?気になるんですよ」と手越に聞くと

「次から次へ やりたいことは出てくる。好きなことを好きなメンバーとやりたい。やっぱり大手だと距離感ができる」

と話し、それが独立した大きなきっかけだと話した。

たしかに西野との対談もそうだが、連絡先を交換して数日で動画をアップすることなど、ジャニーズ時代ではそう簡単に実現しなかったことかもしれない。

「手越さんは以前から“手越村”を作って日本の農業を盛り上げたいと言っています。すでにでも村を作る場所は用意しているそうです。しかしそれもテレビでやっている“DASH村”などに影響されているのではないでしょうか。

すべてはYouTubeのためのネタ。テレビのように企画をスタッフが用意してくれるワケじゃないので、自分でネタ作りをしなくてはならない。西野さんとの対談もYouTubeの話題作りの一環では」
(芸能プロ関係者)

西野に関しては村ではなく“町”を作るという。クラウドファンディングなどで資金を集め、地元の兵庫県にすでに土地を購入した。プペルの美術館を建てるそうだが、西野いわく“10億円以上不足”しており現在もまだ更地のままだ。

西野や手越のように大手芸能事務所を辞めても独自路線で活躍することができる昨今の芸能界。芸能人の生き方は変わりつつあるようだ…。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/1c59a7a49f41fb24d9562c2b3747c6f75b819015


【映画】『プペル』興行収入20億円突破 リピーターが劇場へ

1
 名前:爆笑ゴリラ ★:2021/02/16(火) 17:32:30.53 ID:CAP_USER9.net
2/16(火) 17:30配信
オリコン

アニメ『映画 えんとつ町のプペル』メインカット(C)西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会

 お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が製作総指揮・原作・脚本を手掛けたアニメーション『映画 えんとつ町のプペル』が興行収入20億円、観客動員数150万人を突破した。

 同作は、いつも厚い煙に覆われ、空を見あげることを忘れた「えんとつ町」を舞台に、星を信じる少年ルビッチ(芦田愛菜)と、ハロウィンの夜にゴミから生まれたゴミ人間プペル(窪田正孝)が「星を見つける旅」へと出る物語。大ヒットした絵本では描かれなかった、えんとつ町の“本当の物語”を映画では描き出す。

 昨年12月25日に公開された同作は、公開から8週連続で観客動員数ランキング(興行通信社調べ)にベスト10入りし、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞。口コミも広がり、11日から始まったスマホアプリを使った「西野亮廣による副音声付き上映第二弾」も好調で、多くのリピーターが劇場に足を運んいる。

 2月15日時点での興行収入は20億8036万6250円、観客動員数は150万5165 人。『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(昨年10月16日公開)の興行収入は約374億円、『銀魂 THE FINAL』(1月8日公開)の興行収入は約14億円と昨年からアニメ映画のヒットが続いている。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210216-00000386-oric-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/f3dad29f035eb898a5ad8c6c141de731de9a57ad
20210216-00000386-oric-000-1-view


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1613464350

このページのトップヘ