トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

エピソード

嵐・相葉雅紀が猛抗議! 警備員にスタジオ入り制止される「本当に最悪」


NO.9248258 2021/02/11 22:56
嵐・相葉雅紀が猛抗議! 警備員にスタジオ入り制止される「本当に最悪」
嵐・相葉雅紀が猛抗議! 警備員にスタジオ入り制止される「本当に最悪」
人気アイドルグループ「嵐」の相葉雅紀(38)が11日放送の「VS魂」(フジテレビ系)に出演

「すごいショックだった」というエピソードを明かした。


相葉は「湾岸スタジオに通ってから10年以上経つけど朝、おはようございますって入ろうとしたら初めて(警備員に)『ちょっと待ってください、お名前は?』って言われた」と告白。

これにスタジオは騒然。

警備員には「相葉ですって言ったら、『えっ?』って顔された」そうで、相葉は「こんなの初めて。俺、FNS歌謡祭の司会よ!」と声を大にして訴えた。

相葉はジャニー喜多川氏(享年87)がかつて日本テレビで自身と同じ目に遭ったとし「『ホント最悪だよー』ってぶつくさ言いながら楽屋に居たのを思い出した」と回想。

「ジャニーさんに『そんなのあるよ、別に入れたからイイじゃん』って思ってたけどその気持ちが分かった。本当に最悪だった」と最後まで苦笑いだった。



【日時】2021年02月11日 19:49
【ソース】東スポWeb
【関連掲示板】






(出典 hochi.news)
【芸能】高島ちさ子流「怒り」のルール 「そのままぶつけてナンボ」


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/01/11(月) 08:14:46.41 ID:CAP_USER9.net BE:943763634-2BP(0)


(出典 img.5ch.net)

1/11(月) 7:05
NEWSポストセブン

高島ちさ子流「怒り」のルール 「そのままぶつけてナンボ」
怒った後に付け足す“愛の一言”は、「本人がちゃんと悪いところを直した後に言うべし」と話す高嶋ちさ子(撮影/加藤千絵)
 歯に衣着せぬ発言で人気のヴァイオリニスト・高嶋ちさ子(52才)が、生まれ育った実家の「弱肉強食ルール」や、「プチ反抗期」を迎えた2人の息子の教育法など、家族にまつわるエピソードを明*著書『ダーリンの進化論』を上梓した。

《よく母がいっていたのが、「最近は、個性をつぶさない子育てをしなさいっていうけど、本当の個性はつぶそうたってつぶれない。

 私がどれだけあなたをつぶそうと思ったか。つぶれるようなのは個性といわないの」


 同書にはこう綴りながらも、本人の子育ては母の方針とは真逆だ。

「私がプロデュースしている『12人のヴァイオリニスト』の演者とか、家族以外に怒りを伝えるときは、みんなの目がないところで注意するとか気をつけていることもありますが、夫や子供に対してはルール無用(笑い)。

 怒りはそのままぶつけてナンボだと思っています。だけど、個性は別。母のいう私の個性はいい意味でも悪い意味でも、あまりにも特殊すぎる個性だったけれど、本来子供の個性は褒めることで磨かれます」(ちさ子・以下同)

 例えば長男には、「あんた本当に絵が上手だよね」と何度も褒めちぎる。

「もしそれが大した個性じゃなかったとしても、半ば洗脳のように、上手だ、上手だと言う。あ、もちろん私は長男の絵を上手だと本当に思っていますよ(笑い)。だけどそれによって、子供は『あ、おれはこれが得意なんだ』とか『人と比べてこれができる』と認識できる。だから怒りをぶつけながらも、その子のいいところを一生懸命見つけるようにしています」

“つぶそうとしてもつぶれなかった個性”は次世代でも花開こうとしている。
がまんしたことがないからアドバイスができない


 叱責も称賛も常に本音で全力。嘘がなく、直球だ。だからこそちさ子の言葉には力があり、それを聞いた人の心を動*のだ。

 高嶋家では、彼女の「本音」を浴び続けてきた結果、もともと性格がおとなしく「バカ」と言われただけで深く傷ついていた夫も“進化”を遂げてしまった。

 本音でぶつかり合ったがゆえの進化である。

「以前はネットで叩かれると、“そんなことないよ”と慰めてくれたんですけど、いまはここぞとばかりに“やっとわかった?”と説教してきます。立派に進化したようで……(笑い)」


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/732718824ac11a842109f4f5c978c62f3774ab9f
>>2続く


【【芸能】高島ちさ子流「怒り」のルール】の続きを読む

このページのトップヘ