トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

アイドルグループ


(出典 full-count.jp)
芸能】私が下半身麻痺で車いす生活になったのは国が数十年にわたり看板安全対策怠った「仮面女子」猪狩ともか、国を提訴


1 牛丼 ★ :2021/05/10(月) 22:01:35.44 ID:CAP_USER9.net

 東京都文京区の湯島聖堂近くで2018年、倒れてきた看板の下敷きとなり、車いす生活となったアイドルグループ「仮面女子」の猪狩(いがり)ともかさん(29)と両親が、国に計1000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。看板は国が設置したもので、木製の脚の根元が腐っていたとし、「国は数十年にわたり安全対策を怠った」と主張している。

 提訴は3月9日付。訴状によると、猪狩さんは18年4月、湯島聖堂近くの歩道を歩いていたところ、突風にあおられて破損した看板の下敷きになり、胸髄の損傷により両脚にまひが残った。看板は湯島聖堂の敷地内に設置されており、高さ約2・8メートル、横約3・8メートルで、観覧客に向けた案内板として使われていた。湯島聖堂の管理を国から委託されている財団法人とは裁判外で和解が成立したという。

 猪狩さん側は「看板の管理を財団法人に委ねていたとしても、国による管理の瑕疵(かし)は否定できず、損害賠償の責任を負う」と主張している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/4a31bd4eced94bbeb561c28ee59bb1cd2cff7ddb



(出典 www.digitalsojourn.org)



King & Prince★岸優太 バラエティー仕事“増える”!

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/03/05(金) 07:39:14.80

3/5(金) 5:15配信
東スポWeb

ジャニーズ事務所

 アイドルグループ「King&Prince(キンプリ)」の岸優太(25)が、ジャニーズタレントの〝バラエティーエース候補〟に名乗りを挙げた?

 岸は、昨年12月から1月にかけて上演された舞台「DREAM BOYS」で主演を務めた。その間にもキンプリの仕事はもちろんあるうえ、今年から相葉雅紀がメインMCを務める新番組「VS魂」(フジテレビ系)のレギュラーにもなっている。

 制作会社関係者は「昨年からは、TOKIOがメインを務める日本テレビ系のバラエティー番組『THE!鉄腕!DASH!!』にもチョコチョコ出演している。TOKIOでは、今月いっぱいで長瀬智也がジャニーズを退所するから、その後はジャニーズの若手が出演する回数が増えるといわれてます。中でも岸に数多く、声がかかりそうだ」

 岸のテレビ露出が増えているワケについてテレビ局関係者は「岸の人徳が大きい」と説明する。ジャニーズの場合、テレビのキャスティングは、事務所とテレビ局が何度も話し合って決めることが多い。

「それでも単発ものやゲスト出演などは、出演者が『あの子を呼ぼうよ』とプッシュして決まることも少なくない。そういう時、ジャニーズの先輩から『岸がいいんじゃない』と名前が挙がることが多い。それくらい先輩に好かれているんです」

 とはいえ、出演が増えるのは人柄だけではなく、岸の実力もある。同関係者は「テレビマンも『岸なら何かやってくれるだろう』『面白いことをしてくれるだろう』という期待感を持っているので、すぐにOKが出たりするんです。面白いことを要求されても、きちんと応えることができる。それは彼の実力。天然キャラながら、食レポは絶品ですし」

 今後も出演は増えていきそうだ。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/4b122d4b072e64cfed2212aa24665ebcdd391730



ハロプロ頑張って~♪




(出典 dch.dmkt-sp.jp)
一流メディア
「コロナ禍で握手出来ないからハロプロ以外の女性アイドルは
下火に…。ハロプロは大丈夫」



1 名無し募集中。。。 :2021/01/05(火) 16:10:40.50 0.net

坂道シリーズもすでにピークアウト? 2021年の女性アイドル業界は正念場か
https://www.cyzo.com/2021/01/post_264339_entry.html


コロナ禍でライブ活動がままならないなか、規模を縮小しながらもライブ活動を継続しているのがハロー!プロジェクトだ。

ハロプロは、出演者を減らしたり着席のみの観覧といったルールを設けたりして、コロナ禍でできるコンサートを模索しています。ほかのアイドルグループが、なかなかライブを再開できないなか昨年夏にはライブを再開し、そのまま現在に至るまで、継続してツアーを行っているのも大きいこれまでよりも売り上げが下がっているのは仕方ないとしても、継続するという意志は強くアピールしている。さすが老舗といった感じで、今年も根強い人気を保つでしょう」(レコード会社関係者)


【【ハロプロ】継続の意思強くアピール】の続きを読む

このページのトップヘ