トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

アイドル


(出典 i.rubese.net)
松田聖子の作品はメジャー、中森明菜はほとんどがマイナー、決定的な違いは楽曲 二人はまったく逆の作品で競い合っていた


1 牛丼 ★ :2021/09/18(土) 20:13:45.35

松田聖子と中森明菜。当初はともに“ポスト百恵”として注目されたが、気がつくと1980年代を代表するアイドルとして人気を二分していた。

 当時、CBS・ソニー(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)で南沙織や郷ひろみ、山口百恵、キャンディーズなどアイドルを育て上げ、日本を代表する音楽プロデューサーとして知られた酒井政利氏(7月16日没)は生前、女性週刊誌の取材に「2人はまったく違うタイプのアイドルのように見えるかもしれませんが」と前置きした上で、「私が見る限りにおいて聖子と明菜というのは根幹では共通していました。それはアイドルとしての虚像をデビュー時に作り上げたことでした。ただ比較されるほど聖子は“幸せ”の、一方の明菜は“孤独”の虚像となっていったのです。しかしそれを徹底したからこそ、アイドルとして成功したのだと思いますね」と語っていた。

 さらに「ともにトップを維持できたのは事務所やレコード会社に守られていたからですが、売れたのは『私がすごかったからよ』と勘違いしてしまった部分もあったように思いますね」

 明菜の所属レコード会社だったワーナー・パイオニア(現ワーナーミュージック・ジャパン)の邦楽宣伝課で明菜の担当プロモーターだった田中良明(現在は「沢里裕二」として作家活動)は振り返る。

 「僕が明菜を担当することになったのは、まだデビューして1年もたっていませんでしたが、正直いって社内ではすでに近寄り難い存在になっていました。今でこそ『明菜』なんて呼び捨てにしていますが、当時は、それこそ『明菜様』といった感じでしたよ」

 一方で、明菜が「完璧主義者」で「自分の描く『理想像』に邁進(まいしん)していました」という。

 「デビュー前から制作を担当していた島田雄三さんのシングルの配球は、それなりに新機軸だったと今でも思います。コンセプトもしっかりしていましたし、売りのツボはしっかり押さえていましたよ。ところが明菜は…。目に見えて島田さんとの関係が悪くなり始めたのは『十戒(1984)』あたりからでした。『飾りじゃないのよ涙は』の頃には、もう会話もないほど関係がこじれていました。とにかく島田さんが提案する、いわゆる『ツッパリ路線』が根本的に嫌で、プロモーターだった僕ですら、(明菜から)何度も聞かされていたほどです」

 実際、田中の前にデビュー前から1年間、ワーナーで明菜のプロモーターを担当していた富岡信夫(現モモアンドグレープス代表取締役)も「バラードとツッパリを交互に出すシングル戦略はコンセプトとしてよかったと思いますが、ツッパリ路線にこだわるのは僕も疑問を持っていました」と明*。

 聖子と明菜の違いについては、「聖子の場合は、どこかでアイドルを演じているように思っていました。でも明菜は基本的に路線を作らず、彼女の素材、魅力を生*ことを考えてきました。その違いだったのではないでしょうか」とも。

 聖子と明菜では作品も違っていた。明菜とも親交のあった音楽関係者はいう。

 「これは決定的な違いですが、聖子の作品はメジャー、つまり長調で始まりますが、明菜はほとんどがマイナーです。つまりまったく逆の作品で競い合ってきたのです。共に80年代を代表するアイドルですが、この違いを指摘する声はなかったですね。そんな中で井上陽水は本当に明菜のボーカルにほれ込んでいました。『飾りじゃないのよ涙は』の後も、明菜が出したカバーアルバム『歌姫』(94年)では、陽水自らタイトルを書いて明菜に贈ったほど。しかもこの時に書いたものがアルバムのジャケットになりましたが…」
https://news.yahoo.co.jp/articles/355b8082c9b829436930bdafa49b76da6c5e5065



 【訃報】アイドルの望月めるさんが死去 家族がツイッターで報告 美容整形に600万円かけた“炎上系アイドル”で一躍話題

 

1 Anonymous ★ :2021/05/21(金) 15:05:54.22

2021年5月21日 13:06
https://ytranking.net/blog/archives/52298

(出典 pbs.twimg.com)



アイドルの「望月める」さんが昨年の冬に亡くなっていたことが、家族のツイートによって明らかになりました。

家族らがツイッターで報告

今月21日、望月めるさんの家族を名乗る人物が、望月めるさんのツイッターアカウントを通じて「2020年冬に望月めるが永眠しました」と投稿。

その約1時間後、「ミスiD」(登録者数1.6万人)の編集者である小林司氏も「ご家族のツイート通り、望月めるさんが逝去されました。心よりお悔やみ申し上げます」とのツイートを投稿し、望月めるさんが亡くなっていたことが明らかとなりました。

望月めるさんの家族は、ツイートを通じて「親しくしていただいた方、支えていただいた皆様、ありがとうございました」とファンへの感謝の言葉も綴っています。

望月めるさんは、過激な発言でたびたびファンを驚かせる“炎上系アイドル”として一躍脚光を浴び、テレビ出演も果たしていた人気アイドル。

2019年には“新しい時代にふさわしいまだ見たことのない女の子を発掘し育てる講談社主催のオーディション”「ミスiD」に出場し、「きみがいる景色が、この世界~夜~」賞を受賞していました。(参考:ミスiD「望月める」)


関連スレ
【望月める】整形に600万かけたアイドルがグループ脱退 心身回復へ活動休止中も「多大な迷惑を悔いる日々」 [臼羅昆布★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1593161255/


(出典 image.news.livedoor.com)



【芸能】ハライチ岩井、嫌々バラエティ出演するアイドルに憤慨「出る必要ないのに土俵に上がっている」「足並み揃えろよ」


1 muffin ★ :2021/03/08(月) 15:25:43.85 ID:CAP_USER9.net

https://sirabee.com/2021/03/07/20162526822/

番組初のオンラインライブ『腐り芸人 オンラインセラピー』を開催した『ゴッドタン』(テレビ東京系)。6日深夜に同ライブの内容を一部を抜粋して放送したのだが、ハライチ・岩井勇気の「アイドル・俳優への怒り」が大きな話題を集めている。

岩井と平成ノブシコブシ・徳井健太、インパルス・板倉俊之という番組が誇る「腐り三銃士」が、テレビでは言えない不満を爆発させた同オンラインライブ。『みんな働きゃ悔しいんだ! 悔しいな選手権』と題して悔しかった出来事を語った。岩井は「俳優やアイドルにギリギリ負ける技術ばかりウマくなった、悔しいな」と口を開き、「(俳優やアイドルに)勝つとコイツらのファンが叩いてくるじゃないですか」と不満をあらわにする。

「ふざけんなよって。結局アイドルや俳優を差し置いて芸人がご褒美を手にすると、勝ってるのに怒られる」と怒りがおさまらない岩井。

劇団ひとりは「難しい(問題)。クレームがくる場合はアイドルの受け身が下手。ファンは受け身を取れなかったそいつを恥じたほうがイイ」と強く共感する。

それでも岩井は「アイドルは歌って踊ってファンと触れ合う職業。バラエティ出る必要ないのに土俵に上がっている、『やれよ』って思う」と不満を吐露。ひとりらが「みんな一生懸命やってる」とフォローするがまったく納得しない。

アイドルファンとしても知られる徳井は「バラエティをやりたくない子もいるのよ」とファンの立場から反論したが、「それは知らない、足並み揃えろよ。なんでそこまで考えないといけないの?」「(バラエティに出たくないのなら)まず事務所と戦えよ」と一蹴した。

アイドルや俳優、またイジリを笑いと捉えないファンに憤り続けた岩井。

視聴者からは「でも昔からアイドルをイベントやTV番組で上手く弄ったりMCで上手く回せる芸人は人気者になってる」「アイドルや俳優さんもバラエティ難しいなって思いながらバラエティのルールも分からないのに頑張ってんだよ」「アイドル好きな人からしたら痛い話をしてる」と多くの感想が寄せられている。



(出典 i.daily.jp)

https://npn.co.jp/article/detail/200011413

 タレントの水道橋博士が投稿したツイートが、アイドルへの暴言だと批判が集まっている。

 事の発端となったのは18日に収録が行われた、水道橋博士のカルチャートーク番組『BOOKSTAND.TV』(BS12トゥエルビ)に、ハロー!プロジェクトのアイドルグループ・Juice=Juiceの金澤朋子がゲスト出演したこと。収録と前後し、水道橋博士はツイッターで金澤やJuice=Juice関連のツイートを多数投稿していた。

 ファンの間では読書好きで知られていた金澤だったが、そんな金澤について水道橋博士は17日に投稿したツイートの中で、「事前資料で金澤朋子さんの読書リストをチェックして、こんなに読書好きなのかと感心する」と評価。その上で、「美人であり、あんな歌声を持っていれば読書などしなくても良いのに」とし、「でも読書は鏡であり扉でもあるわけだから……。もっともっと飛翔して欲しいですね」とつづっていた。

 しかし、この「美人であり、あんな歌声を持っていれば読書などしなくても良いのに」という一文に対し、ネット上からは「容姿と読書になんの関係が?」「読書好きな女は*で根暗だと思ってるんでしょ」「これ金澤さんはもちろん女性全員を侮辱してることになる」といった批判が殺到する事態に。水道橋博士の元には多くの批判ツイートが寄せられている。

 炎上を受け、水道橋博士は18日になり、「ゴメンナサイ。リア充の可能性のある若者には青春と人生を楽しんで下さいと思ってしまうだけです」と弁明。そして、「でもボクは読書は大好きなので、そういう性質の人とは文を通して通じあえる。そのメッセージです」とつづったものの、批判の声は止まず。

 さらに、同日には「もしこのツイが誤解され彼女にご迷惑をお掛けしていたらお詫びしますね」と謝罪したものの、このツイートにもネットから、「金澤さんに迷惑をかけたかどうかでなく、博士自身の中にある女性差別をみなさんが指摘したんだと思うのですけど」「金澤さんに迷惑かけてるから話題になってるんじゃなくて、公衆の面前でセクハラ、女性蔑視をしてるからざわざわしてるって話」という指摘が集まっている。

女性蔑視に繋がりかねない発言に、多くの人が困惑していた。




(出典 stonefree130.com)
長瀬智也、僕らアイドルは言葉を押し殺してまで「夢だの愛だの平和だのを唄わなければ…」自分の気持ちを音楽にしてはいけないのです 


1 牛丼 ★ :2021/01/10(日) 11:53:08.15

 1月6日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)でTOKIOの長瀬智也さんが「正直、今でも売れたとは思ってないかな。何も満たされてない」と発言したことが話題になっています。

 3月いっぱいでジャニーズ事務所を退所する長瀬さんですが、「GOETHE」2021年1月号(幻冬舎)の連載でも、曲作りについて言及する中で<自分個人の言葉を押し*て子供から大人まで誰でもわかる言葉を使わなければいけない><大人になっても夢だの希望だの愛だの平和だのを唄わなければなりません><僕らアイドルは自分の気持ちを音楽にしてはいけないのです>と、葛藤を語っていました。
★抜粋、以下ソース
https://wezz-y.com/archives/85508


【【長瀬智也】自分の気持ちを音楽にしてはいけない】の続きを読む

このページのトップヘ