トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

やっていた


1 湛然 ★ :2023/08/11(金) 05:45:11.63 ID:irddcZ5b9
2023年8月10日 11時0分 ナリナリドットコム
アンゴラ村長「縄跳びより長く習った」剣道歴10年の腕前を披露
https://www.narinari.com/Nd/20230881570.html

(出典 cdn.narinari.com)



お笑いコンビ・にゃんこスターのアンゴラ村長(29歳)が、7月29日に放送された埼玉県の広報番組「いまドキッ!埼玉」(テレビ埼玉)に出演。10年間やっていたという、剣道の腕前を披露した。

アンゴラは今回、警察学校に1日体験入学し、生徒たちと一緒に授業を受けることに。「術科」の授業は剣道と柔道の選択式で、アンゴラは「実は剣道は10年習っていて、縄跳びより(長く)習っているので、その実力を見せたいと思います」と剣道の授業を選択した。

授業では、基本打ち、地稽古、打ち込み稽古とキビキビとした動きを見せ、14年のブランクがありながらも、剣道二段の腕前をしっかりと披露。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

生活保護で競馬をやっていた70代男性、裁判所が327万円の徴収を命じる



1 トモハアリ ★ :2022/02/02(水) 09:35:47.35

裁判資料によると、保護費の返還を命じられたのは大阪府茨木市に住む70代男性。
保護費を受給しながら平成21年に競馬の決済口座を開設。25年4月から令和元年7月までの約6年間、インターネット上で馬券を購入し、的中のたびに払い戻しを受けていた。


生活保護法は、受給者が収入を得た場合、支給元の自治体に届け出なければならないと規定。
男性は馬券が的中しても届け出ていなかった。だが元年7月、茨木市福祉事務所の担当者が男性宅を訪問した際に、室内から口座の通帳が見つかり、日本中央競馬会(JRA)側と男性側との間の約6年間に及ぶ出入金の実態が明らかになった。

男性がこの間に受給した保護費は813万4664円に上っており、市側は保護費の不正受給と認定。
断固たる措置で対応した。
口座記録から、男性はJRA側から計101回、総額327万4820円の払い戻しを受けていたことが判明。
1回当たりの馬券購入代金を100円と推計した上で、的中馬券の購入代金を差し引いた326万4720円を徴収する決定をした。


327万円余りの払戻金を得たとはいえ、馬券購入に投じた総額は481万円余り。
トータルでみると大幅なマイナスだ。男性側は「収支は赤字なので、届け出が必要な収入はない」と徴収決定の取り消しを訴えたが、地裁の判断は厳しかった。

判決理由で森鍵(もりかぎ)一裁判長は、トータルで勝ちが上回った場合に限って収入を届け出ればよいということであれば、たとえ現段階で勝ちが続いていても「トータルで負ける可能性があるから申告しなくて良い」という考え方が成立してしまうと判断。
そもそも払戻金が馬券の購入代金を上回ることは極めてまれであり、男性側の主張を認めれば、生活保護受給者は収入を届け出ないまま、結果的に生活がさらに困窮する可能性が生じ、生活保護法の目的に反するとも指摘した。

https://www.sankei.com/article/20220131-TDUTPAKDTJKK5FOS3AETMNU72E/

★1 2022/02/02 04:20:27
生活保護で競馬をやっていた70代男性、裁判所が327万円の徴収を命じる [パンナ・コッタ★]

※前スレ
生活保護で競馬をやっていた70代男性、裁判所が327万円の徴収を命じる ★2
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1643754542/


このページのトップヘ