トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

結婚


(出典 lovely-moments.net)
【芸能】「どんぎつね」吉岡里帆 星野源&新垣結衣の結婚に激怒!?サングラス姿で星野に詰め寄る

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/05/21(金) 12:37:15.18

5/21(金) 11:42
スポニチアネックス

「どんぎつね」吉岡里帆 星野源&新垣結衣の結婚に激怒!?サングラス姿で星野に詰め寄る
吉岡里帆
 日清食品「どん兵衛」の公式ツイッターが20日に更新され、吉岡里帆(28)が演じるCMキャラクター「どんぎつね」がサングラス姿で、女優の新垣結衣(32)との結婚を発表した星野源(40)を祝福した。

 「おめでとうございます」と祝福の言葉がつづられ、サングラス姿の「どんぎつね」の吉岡”がどん兵衛を食べている星野に詰め寄っている写真がアップされた。同社のCMでは、星野が「どんぎつね」の吉岡から他の商品に浮気しないか心配されている。

 この投稿にフォロワーらからは「ちょっと前に星野さん、どんぎつねさんがNO.1って言ってたのに結衣ちゃんと結婚したからどんぎつねさん怒ってるのかしら」「これからcmでがっきー出てきてどんぎつねさんが嫉妬するのありそう」「あれ?どんぎつねさん怒ってます?」などのコメントが寄せられている。

【写真】怒ってる!星野源に詰め寄る吉岡里帆(ツイッターから)

(出典 www.sponichi.co.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/24de1ca7f5dd304aed352763c00bc2705cd4538c


【新垣結衣と星野源】 妊娠なし 同居なし 挙式など未定 婚姻届も時期を見て

1 首都圏の虎 ★ :2021/05/20(木) 14:50:25.54

新垣結衣(32)と、シンガー・ソングライター星野源(40)が19日、結婚を発表した。2人は、16年のTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)で、契約結婚から恋心を抱き結婚に至る男女を演じた。1月に放送された同作の特別ドラマの撮影が行われた昨年10月に再会したことをきっかけに、結婚を前提に交際を始めたといい、ドラマを地でいくような“逃げ恥婚”となった。新垣は妊娠しておらず、今後、時期を見て婚姻届を提出する。

「逃げ恥」の撮影が始まった16年8月末から4年8カ月。新垣と星野が結婚を電撃発表した。19日、連名でコメントを発表した。

「このたび結婚する運びとなりました事をご報告させていただきます。これからも互いに支え合い豊かな時間を積み重ねていけたらと思っております」

 関係者によると、2人は1月2日にTBS系で放送された「逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類! 新春スペシャル!!」の撮影が行われた、昨年10月初旬に再会。本編の撮影は同月中に終わったが、関連番組などの撮影が全て終了した同12月頃から、結婚を前提に交際を始めたという。

「逃げ恥」で、新垣は大学院卒業後、就職できず彼氏もいない森山みくりを、星野は35年間、恋愛経験のない“プロの独身”津崎平匡を演じた。津崎の家で家事代行業をするみくりが、実家の引っ越しを受け住み込みで働きたいと契約結婚を持ち掛け、津崎も応じた不思議な同居の中、心を寄せていく恋模様を演じた。

新垣は、公式サイトで「10代の頃からこの仕事を始め(中略)現場で試行錯誤する日々はそれは刺激的な毎日で、いつしかその分、私生活は低刺激な時間を求め心がけ過ごしてまいりました。そんな私が、皆様に私生活についてこのような報告をする日が来るとは」とつづった。結婚という人生の選択に、自身も驚いている心情がうかがえる。

2人が再会し、結婚を意識したスペシャルドラマでは結婚生活3年目で妊娠、出産から娘の育児に奮闘する2人を描いた。海野つなみさんの原作漫画を基に、コロナ禍の中、娘の健康のため離れて暮らす2人という原作にはない現実の社会情勢を盛り込んだことが話題となった。リアリティーの高い物語を演じる中、お互いが心の中に入り合い、結ばれた可能性が高い。

新垣は妊娠していない。同居もしておらず、挙式や披露宴も未定だという。婚姻届は今後、時期を見て提出し会見などは行わない。また新垣は所属のレプロエンタテイメントとの専属マネジメント契約を終了し個人で活動していくと併せて発表。マネジメント契約を一部、継続しつつ「自分のスタイルをじっくりと構築してまいります」とした。星野も「音楽活動や役者としての活動、文筆などさまざまなお仕事に対してこれまで以上に1つ1つ大切に向き合っていきたい」と結婚を励みにする考えを示した。

・新垣結衣(あらがき・ゆい)1988年(昭63)6月11日、沖縄県生まれ。01年「ニコラモデルオーディション」グランプリ受賞でモデルデビュー。06年「ポッキー」CMで注目される。05年のテレビ朝日系ドラマ「Sh15uya」で女優デビュー。ドラマは他に「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」「リーガル・ハイ」など。07年映画「恋空」で日本アカデミー賞新人俳優賞、17年の映画「ミックス。」でブルーリボン賞主演女優賞など。168センチ、血液型A。

・星野源(ほしの・げん)1981年(昭56)1月28日、埼玉県生まれ。00年バンド「SAKEROCK」結成。03年劇団「大人計画」所属。10年アルバム「ばかのうた」でメジャーデビュー。14年くも膜下出血治療からの復帰ライブを開催。ドラマはNHK大河「真田丸」、映画は「箱入り息子の恋」「地獄でなぜ悪い」など。15年から6年連続でNHK紅白歌合戦出場。昨年はインスタグラムにネット参加型楽曲「うちで踊ろう」を投稿し話題に。168センチ。血液型AB。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d56445baee15e1ed99e506c47ea4fe4cbe10555d

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



(出典 news.mynavi.jp)
【速報】新垣結衣と星野源が結婚


1 ジャンピングカラテキック(光) [US] :2021/05/19(水) 16:05:22.44


女優の新垣結衣と歌手で俳優の星野源が結婚した。

https://www.oricon.co.jp/news/2193908/full/


久しぶりに名前聞いた『元AKB48河西智美が結婚 お相手は俳優・小山圭太 18年にミュージカル共演』

元AKB48の女優河西智美(29)が15日、結婚することが分かった。お相手は、俳優の小山圭太(35)。アクロバット集団「PADMA」のメンバーとしても活動するパフォーマーだ。学生時代に新体操選手だった技術と経験を生かして、都内で体操スタジオも経営している。仕事は続ける予定で、近く婚姻届を提出する。

2人は、2018年にミュージカル「ピーターパン」の共演で知り合った。河西がウエンディ役で、小山がインディアン役を2年連続で演じていたが、19年ごろから交際をスタートさせて、現在はすでに同居をしている。関係者は「コロナ禍で外出自粛となった昨年から一緒に生活する時間もより長くなり、次第に結婚を意識していったようです」と話した。すでに親しい知人やお互いの所属事務所には報告済みだ。

 河西は、06年4月にAKB48の2期生として、大島優子(32)らとともにデビュー。09年の第1回AKB48選抜総選挙で10位にランクインするなど、同グループの黄金時代の選抜常連メンバーとして活躍していた。同じホリプロの板野友美とは「ともともコンビ」としても「仮面ライダーW」に出演するなど活動していた。

 12年12月でAKBを卒業すると、ソロ歌手としてシングル4枚、アルバム1枚をリリース。女優としては、評価の高い歌声を生かして、主にミュージカル女優として活躍し続けていた。

 くしくも、今年は親友の板野も1月に結婚して、今月10日に妊娠を発表したばかり。同じ年に結婚することになった。今後は、2人で「新妻共演」「ママ共演」することもありそうだ。



(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)
【芸能】有吉弘行、マツコに結婚事前報告できず「悔いが残っていた」

 

1 muffin ★ :2021/04/24(土) 01:15:24.78

https://www.narinari.com/Nd/20210465001.html

タレント・有吉弘行(46歳)が、4月23日に放送されたバラエティ番組「マツコ&有吉 かりそめ天国 2時間SP『怒り新党』が一夜限りの再結党!」(テレビ朝日系)に出演。タレントのマツコ・デラックス(48歳)に、結婚の事前報告が出来なかったことについて「悔いが残っていた」と明かした。

フリーアナウンサー・夏目三久(36歳)と夫婦揃って番組に出演した有吉は、マツコを前にして「このたび結婚いたしました」と報告。マツコは、有吉が結婚発表する数時間前に番組を収録していたが、有吉から結婚に関する事前報告がなかったため「寂しかった。言って欲しかった」と語る。

有吉はマツコのことを信頼していたので話しに行こうと何度もマツコの楽屋の前を通って様子をうかがったが、「いつも誰かと談笑してらっしゃってて。人払いしてまでお話しすると、みんなが怪しむなって思って」と話すタイミングがつかめず、結局結婚の報告が出来なかったことについて「それだけが悔いが残っていた」とコメント。

夏目も、有吉が「伝えられずに帰ってきた」と言っていたと話し、「それは非常に悔いておりました」と夫をフォローした。

このページのトップヘ