トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

エンタメ

【映画】玉木宏主演「極主夫道」映画化 共演の川口春奈、志尊淳らレギュラーキャスト集結


1 鉄チーズ烏 ★ :2021/11/03(水) 06:49:32.60

2021年11月3日 5時00分
https://www.cinematoday.jp/news/N0126863

(出典 img.cinematoday.jp)


 おおのこうすけの同名漫画を、玉木宏主演で実写化した2020年10月クールのドラマ「極主夫道」(よみうりテレビ・日本テレビ系)が映画化されることが3日、明らかになった。今は専業主夫となった元伝説の極道を玉木が続投するほか、川口春奈、志尊淳、白鳥玉季、滝藤賢一、稲森いずみ、竹中直人らレギュラーキャストが集結。監督はドラマ版「極主夫道」のほか、「おっさんずラブ」シリーズや「浦安鉄筋家族」などを手掛けた瑠東東一郎。2022年初夏公開予定。主演の玉木は「まさか映画になるとは……連続ドラマ放送から約1年が経ちますが、『映画 極主夫道』の撮影が始まった時、前回の撮影から1週間くらい休んで撮影が再開したのかなと思うくらい、すんなりと収まりました」と撮影を振り返っている。

 原作は、WEBマンガサイト「くらげバンチ」で連載中、コミックの売上が累計400万部を突破する人気漫画。極道の世界で“不死身の龍(たつ)”として恐れられていた主人公・龍が、料理、洗濯、掃除など家事で天才的なスキルを発揮し、時にはご近所トラブルも解決するコメディー。グラサン&スーツの上に柴犬のキャラクターがプリントされたエプロンという出で立ちで、極道時代の外見や言動が抜けていない。2021年4月よりNetflixでアニメシリーズも配信された。

 映画版のストーリーは明かされていないが、原作者のおおのは「原作のエピソードを織り交ぜつつ、映画ならではの新展開、新キャラクターもいて、もちろん初めての方でも、原作やドラマを観ていた方でも楽しめるものになっていると思います」とコメント。

 ドラマ版に続き、個性豊かなキャラクターが再集結。料理が下手なキャリアウーマンの妻・美久(みく)に川口春奈、娘の向日葵に白鳥玉季、元舎弟・雅(まさ)に志尊淳。龍がかつて属していた極道事務所「天雀会」(てんじゃくかい)会長とその妻に竹中直人&稲森いずみ。龍の宿命のライバルにして、足を洗いクレープ屋を営む虎二郎に滝藤賢一。町内の警官コンビに古川雄大と安井順平。喫茶店の店員・ゆかりに玉城ティナ、婦人会の面々にMEGUMIと田中道子。中川大輔、片岡久道、水橋研二、本多力、くっきー!(野性爆弾) 、橋本じゅんも続投する。

 玉木、川口、志尊、原作者・おおの、瑠東監督のコメント全文は下記の通り。(編集部・石井百合子)

『映画 極主夫道』は2022年初夏全国公開

玉木宏(不死身の龍)

 まさか映画になるとは……連続ドラマ放送から約1年が経ちますが、『映画 極主夫道』の撮影が始まった時、前回の撮影から1週間くらい休んで撮影が再開したのかなと思うくらい、すんなりと収まりました。不思議ですね、こんな感覚は初めてですが、撮影時に聞こえてくる瑠東監督やスタッフの笑い声、何とも安心します。笑う事が出来る時間は幸せです。「見て呉れは悪いが味が良い」そんな後味の良さを目指して、精一杯頑張ります!『映画 極主夫道』、ご期待ください!

川口春奈(美久)

 また皆さんと再会出来ること、一緒に映画を作れることが純粋に嬉しかったです。ドラマをやっているときに、楽しすぎて終わるのが寂しかったですし、また何かの形でと思っていたので、本当に嬉しいです。ドラマを経てまたさらにパワーアップしたコメディ感と温かさ、みんなの愛を感じていただけるよう、頑張ります。楽しみにしていてください!まだ撮影が続いておりますが、ドラマで培われたチームワークで楽しく、一生懸命、*やりたいと思います。まだまだ大変な状況ですが、映画を観て、とにかく笑ってもらえれば嬉しいです。

志尊淳(雅)

 映画化と聞いてまた雅が巻き込まれる姿が見れる、やられる雅が見れると思った皆さん。ごめんなさい。映画の雅はかなり成長しています。全てを解決に導きます。ビンタは交わして、懐に入ってワンツーです。ご期待に添えなくてすみません。シュミレーションはバッチリです。よろしくお願いします。



(出典 static.chunichi.co.jp)


【野球】日本ハム・新庄監督「優勝なんか目指しません」就任会見で抱負


1 ひかり ★ :2021/11/04(木) 14:49:48.85

 プロ野球・日本ハムは4日、札幌市内で、来季から指揮を執る新庄剛志監督の就任記者会見を開いた。新庄監督は会見で「優勝なんか目指しません。一日一日、その日の勝利を積み重ねたい」と、抱負を語った。
 新庄監督は1990年にドラフト5位で阪神に入団。外野手として米大リーグでプレーした後、2004年から在籍した日本ハムで06年のリーグ優勝と日本一に貢献、華やかなプレーとユニークなパフォーマンスで注目された。昨年は現役復帰を目指し、12球団合同トライアウトに参加した。

読売新聞

https://news.yahoo.co.jp/articles/6424fd0ece27b17b836f342b9afc53f12c9d52b4



(出典 hochi.news)

三浦知良(54)に花道を、今季出場1分「キングカズ」の功罪と引き際

1 牛丼 ★ :2021/10/27(水) 18:46:09.29 ID:CAP_USER9.net

◼日本サッカー界のパイオニアも54歳

「足に魂込めました」

これはJリーグ最年長プレーヤーとして、横浜FCで戦うカズこと三浦知良が1992年、日本代表として出場した広島アジアカップで残した有名なフレーズである(グループリーグ最終戦イラン戦後)。

現在54歳。今、足に魂を込める機会は与えられているだろうか。

日本サッカー界の重鎮の足跡は改めて振り返るまでもあるまい。時は日本サッカー冬の時代。国内リーグはアマチュアであり、五輪の扉は重く閉ざされていた。W杯出場など、夢のまた夢。そんな状況だった1982年、ひとりの少年は静岡学園高等学校を中退し、ブラジルでプロになると地球の裏側に旅立っていった。

あのペレもプレーした名門サントスでプロ契約を結ぶなど実力を王国に認めさせ、国内でプロ化の機運が高まると当時の読売クラブに凱旋。J黎明期の顔として、ヴェルディ川崎を、そして日本代表を引っ張った。

その後の活躍についてはご承知の通りだ。日本代表で89試合出場、55得点。1994年にはセリエAジェノアに移籍。日本人として初めて当時世界最強リーグと謳われた「カルチョ」の舞台に足を踏み入れた。果てしなく遠いと思われていた世界との距離を縮めるきっかけとなったこの出来事は、紛れもなくカズが日本サッカー界のパイオニアである証だ。

紆余曲折を経て2005年から横浜FC

しかし「キング」と称され、そのキャリアに一点の曇りもなかったかのように見えた男は、自身も、そして国民も悲願であったフランスW杯のアジア最終予選を境に、下降線を辿り始める。予選初戦で4得点を奪う爆発を見せた後は、ついぞ「カズダンス」を見ることはできなかった。

さらに、本大会直前での岡田武史監督(当時)から告げられた非情の「メンバー外」。人生をかけた目標に片手が届いていた男の心中は筆舌に尽くしがたい。

時を同じくして所属クラブであるヴェルディ川崎は大改革を余儀なくされていた。「象徴」でもあった読売新聞社がクラブ経営から撤退。高額年俸選手筆頭だったカズを手放さざるを得なくなるなど、その後のホームタウン移転や日テレ経営権撤退などの流れが作られたのもこの頃だ。

1999年のクロアチア・ザグレブ(現ディナモ・ザグレブ)を経て、京都、神戸でも一定の存在感を示したものの、2005年から現在まで所属している横浜FCは、ほとんどの時間をJ2で過ごすなど、かつての華々しさとはかけ離れたキャリアを歩んでいると言っていい。

引退勧告できない巨大な存在

ここで、あるアスリートの言葉が頭をよぎる。 かつて阪神タイガースや北海道日本ハムファイターズ、MLBでも活躍した新庄剛志氏の引退に際して「ボロボロになるまでやりたくない、綺麗なまま終わりたい」という会見での言葉だ。

なるほど、34歳の若さで球界に別れを告げた新庄は、この言葉に表されるように決して現役生活にしがみつかなかった。我々は新庄のファンサービスの数々や、敬遠球を打ってサヨナラにした打席など、記憶に残るプレー、綺麗な断片しか残っていない。

しかし、カズはあまりに長くこの世界にとどまりすぎてしまったのではないのだろうか。2019年からクラブを指揮した下平隆宏監督も、今年4月に就任した早川知伸監督もカズより年下だ。もはや誰も引退勧告してくれる人もいないし、これまでの功績を考えれば本当の意味で「指導」できる存在はいないだろう。

あまりに日本サッカー界にとって巨大になりすぎてしまったその存在は、これから未来に何をもたらしてくれるのか。ピッチに立てる人数は限られている。

もちろん彼の生き様は尊重されるべきだが、昨季はリーグ戦4試合、今季に至っては1分しか出場時間のない選手が「1枠」を埋めていること、若手の成長の機会を奪いかねないということをしっかりと考えていかなければいけない。

リーグ誕生から30年。イニエスタがやってきた。W杯得点王ヴィジャがやってきた。しかし、その理由がもし、「老後を過ごせるリーグだ」という触れ込みによるものだとしたら?

クラブも、サッカー協会も、国内最大の功労者に対し、花道を用意すべきだろう。今の状況ではこれまでの栄光に泥を塗るだけだ。かつてのプレーを知らないファンにとっては、ただの「パートタイマー」でしかない。また、新陳代謝がはかられていかないと、リーグのレベル低下も懸念される。

55歳のカズダンスは別の機会で見せてほしい。 
https://spaia.jp/column/soccer/jleague/14988


【芸能】『日本沈没』小栗旬の“英語”に失笑の嵐 語学留学した英語力を披露したが… 「これはハリウッド無理w」

1 jinjin ★ :2021/10/27(水) 23:31:00.51

『日本沈没』小栗旬の“英語”に失笑の嵐「これはハリウッド無理w」


10月24日、小栗旬主演のドラマ『日本沈没 ―希望のひと―』(TBS系)の第3話が放送された。
小栗が英語を披露したのだが、視聴者からはツッコミが殺到している。


原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」。
今作では大きくアレンジを加えて、2023年の東京を舞台に、環境省の天海啓示(小栗)、経産省の常盤紘一(松山ケンイチ)、東山総理(仲村トオル)、地震学者の田所雄介(香川照之)、週刊記者の椎名実梨(杏)などが国家の危機に立ち向かっていく。


第3話では、高名なアメリカの地球物理学者ピーター・ジェンキンス(モーリー・ロバートソン)と天海がビデオ通話する場面が登場。
ここで天海は「Hey Mr.ジェンキンス Hey Hey… Sorry Sorry No Goodbye」などと英語で会話するインテリジェンスな一面を披露した。


語学留学した英語力を披露したが…

環境省のエリートらしく、ペラペラの英会話能力を披露したのだが、博学な視聴者からは

《もっと英語が上手いと思ってた》
《小栗の発音www これはハリウッド行けんわ》
《日本語英語すぎるぜ旬》
《アメリカの研究者役の人とか、この小栗旬の英語聞いて内心「なんじゃこの英語はw」って笑いこらえてんのかな》
《会話できるなら通じるならこの英語でも良いかもしれないけど、ハリウッドで演技ってなると厳しいかな》
《小栗旬この英語力でハリウッド目指したの無謀過ぎて草》


といった指摘が寄せられてしまった。


「小栗は近年、海外進出を本格的に進めており、2018年8月から語学留学、19年3月にオーストラリアで約1カ月の撮影を行い、今年公開された映画『ゴジラvsコング』でハリウッドデビューを果たしました。しかしこの映画で小栗は、英語が下手だったため、かなり出演時間を削られたと言われています」(芸能記者)

今もまだ、英語の勉強を続けているのだろうか。


https://myjitsu.jp/archives/311816


【野球】日本ハム新監督新庄剛志氏の就任内定 来季組閣に着手、近日中正式発表へ 


1 ひかり ★ :2021/10/26(火) 08:20:27.78

今季限りで日本ハムを退任する栗山英樹監督(60)の後任として、日米4球団でプレーしたOB新庄剛志氏(49)の新監督就任が内定したことが25日、分かった。同氏の球界復帰は、現役を引退した06年以来、16年ぶりとなる。水面下での球団側の打診を、すでに内諾したとみられ、来季の組閣に着手しているもよう。球団は近日中にも、「新庄監督」誕生を正式に発表する見通しだ。

     ◇     ◇     ◇

数々のパフォーマンスで北の大地を沸かせたエンターテイナーが、来季16年ぶりに日本ハムのユニホームに袖を通す。日本ハムの来季新監督に、球団OBの新庄氏の就任が決定的となっていることが、複数の関係者の話で明らかになった。今月16日に、10年間指揮を執った栗山監督が退任を発表。球団は複数の候補から後任を絞り込み、新庄氏に一本化していた。水面下では、すでに本人への打診を済ませており、同氏も内諾。組閣を進めているもようだ。球団はシーズン終了を待たず、近日中に「新庄監督」誕生を正式に発表し、11月上旬にも就任会見が行われる見通しとなった。

日米4球団でプレーした新庄氏は、現役時代に日米通算1524安打を記録。日本でゴールデングラブ賞10度の外野守備では、的確な打球判断やコミュニケーション能力で、鉄壁を誇った日本ハム外野陣の司令塔として活躍した。現役時代に右中間を組み、4代目GMへの就任が決まった盟友の稲葉氏と、3季連続Bクラスに沈むチーム再建へ、再びタッグを組むことが確実となった。

派手なパフォーマンスが話題先行となりがちだが、人一倍の努力家で練習の虫でもある。ある関係者は「しっかりとした野球理論を持っていて、周囲にパワーを与えてくれる人」と評する。新型コロナ感染防止による入場制限に、チームの低迷も加わって、集客が落ち込んでいる本拠地の札幌ドーム。かつて、プロ野球チームが誕生したばかりの北海道に、野球人気を根付かせたスーパースターが「チーム再建と人気回復」の2つの使命を胸に、北の大地に戻ってくる。

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/c7a4bad112f48535a97a34c58fa02b86212ff700


このページのトップヘ