トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

エンタメ



(出典 www.asahicom.jp)
【五輪柔道】阿部一二三が金メダル  妹・詩と日本柔道初の兄妹同日V悲願達成

【五輪柔道】阿部一二三が金メダル  妹・詩と日本柔道初の兄妹同日V悲願達成

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/07/25(日) 19:40:17.31 ID:CAP_USER9.net

7/25(日) 19:28
スポーツ報知

柔道・阿部一二三が金メダル  妹・詩と日本柔道初の兄妹同日V悲願達成
男子66キロ級決勝、マルグベラシビリに勝利し、金メダルを獲得した阿部一二三(カメラ・相川 和寛)
◆東京五輪 柔道男子66キロ級決勝(25日、日本武道館)

 柔道男子66キロ級で阿部一二三(パーク24)が金メダルを獲得した。昨年12月、丸山城志郎(ミキハウス)との史上初のワンマッチ代表決定戦を制して五輪初出場となった一二三は、初戦から躍動。決勝でバジャ・マルグベラシビリ(ジョージア)を破り悲願を達成した。先に金メダルを獲得した妹の女子52キロ級・詩(うた)とともに、兄妹同日金メダリストとなった。

 一二三は2回戦から登場。世界ランキング22位キリアン・ルブローク(フランス)に一本勝ちし、初戦を突破。準々決勝ではヨンドンペレンレイ(モンゴル)から大外刈りで技ありを奪って優勢勝ち。準決勝はダニエル・カルグニン(ブラジル)を背負い投げ一本勝ちで決勝に進んだ。

 五輪3連覇の野村忠宏氏に憧れ「相手を投げて一本を取る柔道」を身上に、小学校の時から1日6時間の自主練習で力をつけてきた。丸山との決定戦は24分にわたる死闘の末、勝利を勝ち取った。詩とともに、日本柔道初の兄妹五輪同日出場を果たした一二三は「丸山さんがいなかったら、柔道家として心技体ここまで強くなれなかった」とライバルの思いも胸に臨んだ大舞台だった。

 ◆阿部 一二三(あべ・ひふみ)1997年8月9日、神戸市生まれ。23歳。6歳で柔道を始め、神港学園高時代の2014年に男子史上最年少17歳2か月で講道館杯制覇。世界選手権は17年の初出場から2連覇し、19年は銅メダル。日体大を経て、パーク24所属。得意技は背負い投げ。妹・詩(日体大)は女子52キロ級代表。168センチ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5e02ce9686a5c7a270eca207057adfc80cea3ad7




1 首都圏の虎 ★ :2021/07/25(日) 12:34:36.82

<東京五輪卓球競技 7月24日~8月6日 場所:東京体育館>

25日、東京五輪卓球競技の混合ダブルス準々決勝に、日本から水谷隼(木下グループ)/伊藤美誠(スターツ)ペアが登場し、ゲームカウント4-3でドイツペアに勝利した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/46845a97757a84008288c4f0077357441e657015


【話題】米倉英信「土下座しなくて良いですからね」 内村航平の「土下座…」発言に即座にツイート 

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/07/24(土) 18:12:03.54

7/24(土) 17:57
スポニチアネックス

米倉英信「土下座しなくて良いですからね」 内村航平の「土下座…」発言に即座にツイート
米倉英信
 ◇東京五輪第2日 体操男子予選(2021年7月24日 有明体操競技場)

 体操の米倉英信(24=徳洲会)が24日、自身のツイッターを更新。種目別鉄棒に絞って4大会連続の五輪出場を果たした内村航平(32=ジョイカル)が予選落ちし、「(代表を争った)米倉に土下座して謝りたい」と話したことに、言及した。

 米倉は「航平さんがミスしてしまっていろんな思いがありますが、お疲れ様でしたといいましょう!あとは、オリンピックにはいつもと違う雰囲気が流れてたし航平さんも、1人の人間なんだなって思いました」と言及。最後に「土下座はしなくて良いですからね!笑」と締めくくった。

 米倉は種目別の代表をかけ内村と最後まで争っていた。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/541d15d2d91d5edfcbf31240de1aebe452983e8d


【五輪】堀米雄斗金メダル、スケートボード・男子ストリート、初代王者


1 征夷大将軍 ★ :2021/07/25(日) 14:00:43.24

スポニチ2021年7月25日 13:38
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/07/25/kiji/20210719s00107000439000c.html

堀米雄斗が初代金メダル 五輪新種目のスケートボード男子ストリート

五輪の新種目、スケートボード男子ストリートの堀米雄斗(22=XFLAG)が金メダルを獲得した。

予選で33・75点の6位となり、8人が争う決勝に進んだ。決勝では、ベストトリック1回目で9・03点、同3回目で9.35点、同4回目で9・50点の高得点をマーク。最終滑走でも9・30で、上位4本の合計で37・18点を叩き出し、圧倒した。

昨秋には「スケボーで稼いでアメリカで家を買う」という幼少期からの夢を実現。米国を拠点として練習に励んでおり、「アメリカでプロになって家を買うことが夢だったので、実現できていることがうれしい」と喜びを語った。購入した家はガレージと庭が付いた4LDK。広大な裏庭にはコンクリートの練習場をつくり上げ、手すりやボックスなどを配置した。「朝起きてウオームアップができたり、練習時間が増えた」と競技生活も以前より充実したという。

「誰もやったことがないオリジナルの技」にこだわってきた堀米にとって、スケートボード競技が新種目として、採用される東京五輪の金メダルは大きな夢の一つ。高校卒業後に日本を飛び出したが、リリースしたボードには富士山、日本食をデザインするなど母国愛は誰よりも強い。初採用、そして地元開催。「五輪では誰も勝ったことがない。誰も成し遂げていないことを、自分が成し遂げたい」と初代王者に懸ける思いを口にしていた。

五輪前最後の実戦、今年6月の世界選手権では初優勝。絶対王者のナイジャ・ヒューストン(米国)を下し「自分の自信にもつながったし、ナイジャの勢いも少し止められたかなと思っている」と手応えをつかんだ。同大会の表彰式で流れた君が代に「本当に日本を背負うんだと思った」と改めて日本代表としての自覚を強め、臨んだ五輪本番。一番輝くメダルを手にした。

◇堀米 雄斗(ほりごめ・ゆうと)1999年(平11)1月7日生まれ、東京都出身の22歳。父親の影響で6歳からスケートボードを始め、高校卒業後に本格的に渡米。17年にストリートリーグ(SLS)に初参戦し3位。18年にはSLSロンドン大会でアジア選手として初優勝。同年のSLSは3戦3勝。19年の五輪予選対象大会では2勝。世界選手権は銀メダル。今年6月の世界選手権では36・75点をマークし初の金メダル。XFLAG所属。1メートル70。

▼スケートボード競技 五輪で行われる種目は、街なかにある坂や手すりに似せた障害物を設置したコースで競う「ストリート」と、複雑な窪地状のコースで競う「パーク」の2つ。ジャンプや回転などの技(トリック)に挑み、トリックの難易度や成功率、スピードの他に、全体の流れやオリジナリティーなども考慮して審査員が得点を付ける採点競技。技の順番は自由で、途中で転倒しても時間内であればそのまま競技は続けられる。

NHK 7/25
https://sports.nhk.or.jp/olympic/sports/skateboarding/
https://sports.nhk.or.jp/olympic/sports/skateboarding/event/men-street/phase/skm010900/

★1:2021/07/25(日) 13:38
【五輪】堀米雄斗金メダル、スケートボード・男子ストリート、初代王者
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1627187882/


suiei_crawl_people

瀬戸大也、予選落ちに「やっちゃった。もう一回泳ぎたい」


1: ハバナブラウン(神奈川県) [JP] 2021/07/24(土) 22:09:41.96 ID:+F1Xixol0● BE:329614872-2BP(2500)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
瀬戸大也、予選落ちに「やっちゃった。もう一回泳ぎたい」

7/24(土) 20:37 毎日新聞

男子400メートル個人メドレー予選で自由形を泳ぐ瀬戸大也(左)。失速し決勝進出を逃した=東京アクアティクスセンターで2021年7月24日、宮間俊樹撮影

 東京オリンピックの競泳が24日、東京アクアティクスセンターで始まった。男子400メートル個人メドレー予選で2016年リオデジャネイロ五輪銅メダルの瀬戸大也(27)=TEAM DAIYA=は4分10秒52の全体9位で予選敗退した。レース後のコメントは次の通り。

【予選敗退が決まり、ぼうぜんとする瀬戸大也】

 ◇瀬戸大也「8番かなと思ったが、甘くなかった」

 (決勝進出タイムを)読み間違えました。何番でもよいので、あす(決勝で)ベストパフォーマンスができるようにと、気持ち良く泳いでいた。最後、自由形(のペース)を読み間違えたというか……。調子が良かった分、残念。がっかりさせてしまうような結果で、本当に申し訳ない。

 もう一回泳ぎたい。余力はあった。4分10秒52でやっちゃった(予選敗退)かなと。(決勝に残る)8番かなと思ったが、甘くなかった。200メートルまではすごく良かった。率直に、もう一回泳ぎたい。ミスりました。(残りの種目に向けて)自分のやるべきことをやって、決勝で一種目一種目を全力で泳いでいる姿を見せたい。


https://news.yahoo.co.jp/articles/847164425a229dc2685c9edea306735927a43a93?tokyo2020

このページのトップヘ