トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

経済


ジェーム・スボンドことダニエル・グレイブの
15年間の総集編、最後の007となる。
中高年に比べ若い人たちほど
食いつかないみたいだが
一度見ればその魅力に取りつかれるはず
ぜひ映画館に足を運んでほしい。

1 鉄チーズ烏 ★ :2021/10/12(火) 18:53:34.58

2021年10月12日 11時51分
全米ボックスオフィス考
https://www.cinematoday.jp/news/N0126445

(出典 img.cinematoday.jp)
【映画】『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』世界興収346億円突破! 

 先週末(10月8日〜10月10日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が興行収入5,522万5,007ドル(約61億円)で初登場1位に輝いた。海外では全米に先駆けて公開されており、世界興収は3億1,425万3,007ドル(約346億円)に到達している。(数字は Box Office Mojo調べ、1ドル110円計算)

 『ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、15年にわたってジェームズ・ボンドを演じてきたダニエル・クレイグの最後の007映画。海外では好発進だったのにもかかわらず、全米ではいまいち伸び悩んだ理由については(予想興収は6,000万ドル〜7,000万ドル・約66億円〜77億円だった)、同シリーズファンは年齢が高い人が多く、まだ映画館へ行くことに慎重になっているのではないかと分析されている。MGMの社内調査によると、『ノー・タイム・トゥ・ダイ』の観客の実に25%が、パンデミック後初めて映画館に赴いた人たちだったのだという。

 同作にとって良いニュースといえば、批評家・観客共に評価が高く息の長い興行が期待できそうなこと、そして29日からは世界最大の映画市場である中国での公開が決まっていることだろう。

 前回、9,003万3,210ドル(約99億円)というコロナ禍で最高のオープニング興収を記録した『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』はワンランクダウンの2位。興収は前週比64.7%ダウンとなる3,175万3,623ドル(約35億円)だった。公開6週目となる『シャン・チー/テン・リングスの伝説』の世界興収は4億ドル(約440億円)の大台を突破している。

 『ミッドサマー』などを送り出してきたA24配給のホラー『ラム(原題) / Lamb』は8位デビュー。アイスランドを舞台に、人間と羊のハイブリッドの生き物を自分たちの子供として育てることにした夫婦が、破滅へ向かっていくさまが描かれる。主演は『プロメテウス』のノオミ・ラパスだ。(編集部・市川遥)

10月8日〜10月10日の全米ボックスオフィスランキングは以下の通り。()は先週の順位。
1(初)『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
2(1)『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』
3(2)『アダムス・ファミリー2(原題) / The Addams Family 2』
4(3)『シャン・チー/テン・リングスの伝説』
5(4)『ザ・メニー・セインツ・オブ・ニューアーク(原題) / The Many Saints of Newark』
6(6)『フリー・ガイ』
7(5)『ディア・エヴァン・ハンセン』
8(初)『ラム(原題) / Lamb』
9(7)『キャンディマン』
10(初)『メット・オペラ:ボリス・ゴドゥノフ(原題) / Met Opera: Boris Godunov』


“渋沢栄一” 肖像 新1万円札印刷始まる 偽造防止に最先端技術


NO.9803493
 
“渋沢栄一” 肖像 新1万円札印刷始まる 偽造防止に最先端技術
“渋沢栄一” 肖像 新1万円札印刷始まる 偽造防止に最先端技術
2024年度上半期に発行する予定の新しいデザインの1万円札の印刷が1日から始まりました。新しい紙幣には偽造防止などを目的に最先端の技術が導入されています。

印刷が始まったのは新しいデザインの1万円札で、肖像には「近代日本経済の父」と呼ばれ、明治から昭和にかけて産業界をリードした渋沢栄一が使われ、裏には東京駅の駅舎が描かれています。

1日は都内の国立印刷局の工場で記念式典が行われ、出席した麻生副総理兼財務大臣などがボタンを押し、新紙幣の印刷が始まりました。

新しい紙幣には偽造防止を目的に世界で初めてとなる最先端のホログラム技術が導入されていて、紙幣を斜めに傾けると肖像が立体的に動いて見えます。

「すかし」は、これまでのように肖像を映し出すだけではなく、紙の厚みを微細に変えて高精細なもようも施しています。

また、新しい紙幣は、目に障害がある人が指で触って紙幣の種類を識別しやすいようお札に凹凸を付けているほか、「10000」という数字を大きくすることで視力の弱い人や漢字を読めない海外の人でも分かりやすいようにしています。

式典のあと麻生大臣は「最先端の偽造防止技術を駆使しており、誰もが使いやすいデザインにもなっていて今の時代にふさわしい紙幣だと自負している」と述べました。

財務省によりますと、新しい千円札と五千円札はことし秋ごろから印刷を開始し、ATM・現金自動預け払い機などでも新しい紙幣が識別されるよう調整したうえで、2024年度上半期に発行する予定です。

【日時】2021年09月01日 17:15
【ソース】NHK
【関連掲示板】

【経済】ケンタッキー純利益16倍 時短協力金による収益8億1600万円

1 ボラえもん ★ :2021/08/27(金) 16:46:17.19

日本KFCホールディングスが11日発表した2021年4~6月期の連結決算は、純利益が13億円と前年同期に比べ16倍になった。
休業店舗が減ったことや巣ごもり消費で宅配や持ち帰り販売が好調だったほか、
各自治体からの時短協力金として、8億1600万円を営業外収益に計上したことが寄与した。

売上高は12%増の220億円、営業利益は11%増の14億円だった。20年4~6月期は一度目の緊急事態宣言が発令され...
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO74701550R10C21A8DTB000/


(出典 diamond-rm.net)



1 マスク着用のお願い ★ :2021/08/19(木) 10:42:33.31

https://nordot.app/800901841491378176
サンマようやく初水揚げ、北海道
1キロ2万円超え


北海道厚岸町の港で19日、集魚灯で群れを網に誘い込む「棒受け網漁」によるサンマの初水揚げがあった。今期は7月から道東沿岸で行う「流し網漁」で1匹も取れなかったことから例年より1カ月遅い水揚げとなった。全国さんま棒受網漁業協同組合(東京)によると、水揚げは全国初。

 漁獲は約150キロにとどまったが、同日に港近くの市場で行われた競りでは1キロ当たり2万8千円(税抜き)の値が付いた。市場関係者は「沖の船からは漁獲が好調との報告もあり、過去最低だった昨年より期待できそう」と話す。

 19日は午前7時半に競りが始まり、競り人や買い受け人の威勢の良い掛け声が響いた。

2021/8/19 10:37 (JST)
c一般社団法人共同通信社



1 haru ★ :2021/08/13(金) 15:23:25.99

日本マクドナルドホールディングスは12日、2021年12月期の連結営業利益が前期比9%増の340億円になりそうだと発表した。
2期連続の最高益を見込んでいた従来予想をさらに20億円上方修正した。

ドライ*ルーや宅配に対応する店舗を拡充し、新型コロナウイルス禍での巣ごもり需要を効率よく取りこんだ。
高単価戦略やデジタル対応による効率化も進め、店舗あたりの稼ぐ力が上昇している。



売上高は8%増の3120億円、純利益は4%増の210億円を見込み、それぞれ従来予想から125億円、6億円の上方修正となる。
今期配当については前期と同じ36円という従来計画を据え置いた。

背景にはコロナ禍が長期化する中、持ち帰りや宅配の需要を取り込めていることがある。
フランチャイズチェーン(FC)店を含めた全店舗数が6月末時点で2928店舗と20年12月末比で微増の中、料理宅配のウーバーイーツジャパン(東京・港)や出前館などとの提携を進め、宅配対応できる店舗は1754店舗と16%増だ。


ドライ*ルー対応については従来の専用レーンによる対応だけでなく、駐車場で商品を受け取れる「パーク&ゴー」を拡充
同サービスの対応店舗は987店と半年間で約2割増やした。


高単価戦略も奏功している。1~6月期の全店売上高を6月末時点の店舗数で割った1店舗あたり売上高は21年で1億615万円と前年比で1割上昇。19年比では16%増えた。
単品価格が490円と主力の「ビッグマック」より100円高い「サムライマック」などの新製品が売れている。


採算性も上昇が堅調だ。今期の売上高営業利益率は10.9%と過去最高を見込む。
高単価商品の好調に加え、デジタル化による店舗の効率運営も進んでいるためだ。
スマートフォンアプリからあらかじめ注文し、待ち時間を取らずに商品を受け取れる「モバイルオーダー」の導入店舗数は全体の97%を超えており、接客時間を従来より短縮するなどの効率化につながっている。


懸念はゼロではない。経済回復に伴う人件費増や鶏肉をはじめとした原材料費の高騰だ。すでに米国では米マクドナルドなどファストフード各社が値上げに踏み切った。
12日のオンライン記者会見では、中沢啓二執行役員(IR統括責任者)が値上げの可能性について問われ「様々な原材料の市場価格が上昇基調にあるのは認識している。商品の価格は常に検討している」と述べた。

コロナの感染再拡大についても、下平篤雄副社長が「深刻だ。マスクやアクリル板、健康チェックなどの対応を徹底し、細心の注意を払う」と警戒する。

同日発表した21年1~6月期の連結決算は、売上高が前年同期比9%増の1512億円、営業利益が17%増の172億円、純利益が19%増の109億円だった。


2021年8月12日 19:33
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC126P50S1A810C2000000/


このページのトップヘ