トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

テレビ

【音楽】玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」


1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/01/26(木) 11:37:51.49ID:VS2Ijyzy9
2023.01.26 11:00  女性セブン

「安全地帯」が37年ぶりの紅白出場──本番8日前のサプライズ発表にファンは沸き、当日は出場者中5位タイの視聴率を記録した。ところがその裏では、玉置浩二(64才)が激怒するというトラブルが起こっていたという。

「紅白にはもう二度と出ない」──2022年の大晦日、NHKホール(東京・渋谷区)で開催された『第73回NHK紅白歌合戦』から約1か月。周囲にこう漏らしている出場者がいるという。

 今回の紅白といえば、28年ぶりの篠原涼子(49才)、24年ぶりの工藤静香(52才)など、久方ぶりの出場者のパフォーマンスに期待が高まった。

 なかでも、ひときわ注目を集めたのが、1985年以来実に37年ぶりとなる出場を果たした「安全地帯」だ。「特別企画」で『I Love Youからはじめよう』を演奏すると発表があったのは、12月23日のことだった。

「その日は、奇しくもドラマーの田中裕二さん(享年65)が、2019年からの闘病の末に亡くなったと公表された日でもあり、より一層注目度は増しました」(テレビ局関係者)

 迎えた紅白当日。司会の大泉洋(49才)が「今夜、安全地帯が37年ぶりの紅白でスペシャルステージを届けてくれます」と紹介すると、NHKのスタジオにいる玉置浩二が映し出された。まずは、玉置がソロで『メロディー』を歌い上げる。その後、スタジオの向かい側にいる安全地帯のメンバーのもとに駆け寄り、『I Love Youからはじめよう』を熱唱。歌い終えた瞬間には、大泉が「ありがとう、安全地帯!!」と絶叫し、彼らの37年ぶりの紅白の舞台は幕を閉じた。

 彼らが登場した場面の瞬間視聴率は、全アーティスト中5位タイの36.3%を記録するなど、大きなインパクトを残した。しかし、当の玉置は手応えを感じているどころか、怒り心頭だという。

「紅白で使用された映像をめぐって、玉置さんとNHKサイドの間にトラブルが勃発したと聞いています。玉置さんの怒りは相当で、『紅白にもNHKにも二度と出ない!』とまで言っているとか。妻の青田典子さん(55才)は『お願いだからそんなこと言わないで』と頭を抱えているようです」(NHK関係者)

 笑顔の出演シーンの裏で、一体何があったのか──。

 12月上旬、NHKのスタジオに玉置と安全地帯のメンバーが姿を見せた。

「久しぶりの歌の収録に、現場の雰囲気も盛り上がっていました。ただ、この収録が後に玉置さんを激怒させることになってしまったようです。

 というのも、当日の収録スタジオの掲示板には『SONGSスペシャル』と明記され、NHK側からの説明も『紅白でも映像を使うかもしれない』という曖昧なものだった。通常の出演枠ではなく、特別企画枠という扱いだったことも後から知らされ、玉置さんは“話が違う”“聞いていない”ということになってしまったようです」
(音楽関係者)

 話を整理していこう。

 実際、『SONGS』では玉置&安全地帯の特集が組まれ、昨年12月22日に放送されている。

「ただし、そこで放送されたのはインタビューと過去の歌唱シーンで、12月に収録した感動的な歌の場面はありませんでした。その場面は22日には使わず『紅白』本番に流したのです。

 NHKサイドが黙ってそのようなことをすることは考えられないので、何かしらの“連絡ミス”があったようです」
(前出・音楽関係者)

https://www.news-postseven.com/archives/20230126_1835310.html?DETAIL

 【テレビ】女性に嫌われる趣味1位『アイドルオタク』 乃木坂46・山下美月「結構ショックで。ファンの方が未婚率1位というのは」

1 jinjin ★ :2023/01/20(金) 23:43:40.22ID:VkMMHT4E9
乃木坂46の山下美月(23)が、18日放送のフジテレビ系バラエティー番組「ホンマでっか!?TV」(水曜午後9時)に出演し、女性に嫌われる趣味1位「アイドルオタク」について持論を述べた。

40歳以上の男性の初婚は全体の8・8%で、男性の生涯未婚率は3割にものぼるという。

山下とともにゲスト出演したドランクドラゴン塚地武雅は51歳で未婚のアイドルオタクであり「1位ですわ」とガックリ。
コメンテーターのマーケティング評論家から「お金と時間を浪費する」と追い打ちをかけられた。


そこに反論したのが山下だった。「私はアイドルをやらせていただいてて。結構ショックで。ファンの方が未婚率1位というのは」と説明。

さらに「私は塚地さんの応援派になったので、私を彼女って言ってください」と大胆発言すると、スタジオからは悲鳴が。
塚地も驚きを隠せない中「彼女ですねん。彼女です」と早速言うと、山下は腕を振りながら「やっぱヤダ! やっぱヤダ!」と速攻拒否した。


気を取り直し「アイドルって疑似恋愛みたいなものもあって。それで未婚率1位っていうのもあるから、疑似恋愛でやらせてもらってる」と言ったものの「実際に付き合ってると思っていただきたくはないんですけど」と本音を漏らしスタジオ内の爆笑を誘った。


https://news.yahoo.co.jp/articles/e19caf5a081595983728761519a61166130ab831

GACKT、2年ぶり『格付けチェック!』で全問正解 “完全復活”で71連勝に


1 爆笑ゴリラ ★ :2023/01/01(日) 20:58:08.97ID:k80vtbp29
1/1(日) 20:56
オリコン

ミュージシャンのGACKTが、1日放送のABCテレビ・テレビ朝日系バラエティー『芸能人格付けチェック!2023お正月スペシャル(後5:00~9:00)に出演。過去に13回参戦、個人65連勝中だったGACKTが2年ぶりに同番組に復帰し、すべてのチェックをクリア。連勝記録を71に伸ばした。

 番組は、一流芸能人たちがチームを組み、味覚や音感など6つのジャンルの格付けチェックに挑む。間違える度に一流→普通→二流→三流→そっくりさん、そして最後には“映す価値なし(画面から消滅)”とランクがどんどんダウンしてゆく。
 今回は相棒なしで、すべてのチェックを1人で挑戦。復帰1問目はワインで、100万円の「シャトー・ペトリュス1994』とフランス・ボルドー産5000円を自身がデザインした専用ドラゴングラスで、念入りにテイスティングした。正解を告げる、MC・浜田雅功が自身の部屋に入ってくるなり「しゃああ!」とガッツポーズで浜田とハグ。伏せられていたワイン銘柄まで的中させ、幸先の良いスタートを切った。

 その後、ビッグバンド(15人以上のオーケストラ)日本を代表するプロと学生をあっさり見分けて正解。「GACKT is ba*!」の雄叫びをあげた。連勝記録は67に。一流楽器ではストラディバリウスなど16億円のヴァイオリンを含めた過去最高総額70億円の弦楽六重奏と600万円。「これ間違えたらみんな坊主」というほど自信たっぷりで68連勝を達成すると「完全復活です」と余裕の表情をみせた。
 4問目はミシュランということで、4年連続1つ星の鮨屋とくら寿司の味を目隠しをして見極め。テーマは茶碗蒸しで、2ランクダウンする『絶対アカン』にはヒロド歩美アナが初めて調理した茶碗蒸しも登場するなか、「卵のなめらかさが根本的に違う」と見事クリアの69連勝。次のダンスでもDリーグ王者のプロと、トップ・アマチュアの社会人ダンスチームを見分け、全問正解に王手をかけた。

 ラストの問題は牛肉。米沢牛1万8000円(コース)とメキシコ産100グラム200円、『絶対アカン』としてアライグマのすきやきで勝負した。

■『芸能人格付けチェック!2023お正月スペシャル』ゲスト
チーム 和田恵美子:和田アキ子、上沼恵美子
チーム 警視庁アウトサイダー:西島秀俊、濱田岳
チーム GACKT:GACKT
チーム 星降る夜に:吉高由里子、北村匠海
チーム EXILE:TAKAHIRO、SHOKICHI
チーム 乃木坂46:梅澤美波、与田祐希、山下美月、久保史緒里
チーム 芸人:後藤輝基・岩尾望(フットボールアワー)、屋敷裕政・嶋佐和也(ニューヨーク)

https://news.yahoo.co.jp/articles/3d3687147b66920fad93ace6083e71c19826e4bc


(出典 encount.press)
 【芸能】谷原章介の発言が物議… 物価上昇のニュースに「軽自動車を買わざる得ないぐらい、庶民の皆さんのお財布は縮まっている印象」


1 jinjin ★ :2022/08/08(月) 08:11:31.65ID:CAP_USER9
谷原章介に「庶民感覚のない政治家より酷い」と指摘 物価上昇で「軽自動車を買わざるを得ない」発言が物議


谷原章介が3日放送の『めざまし8』(フジテレビ系)で、庶民感覚を代弁しようとして、思わぬ注目を集めてしまった。

この日、番組で取り扱われたニュースが、日本の最低賃金が上がったというもの。31円値上がりし、全国平均で961円に。
これは過去最大の上げ幅だという。


この背景に迫ると、やはり物価上昇が関係していることが判明。

こうした実態を受けて、トラウデン直美は「正直、この値上げじゃ心もとない」と不満を吐露。
「値上げに全然、追いつかないという感覚を持ってしまいます」と訴えた。


これに谷原も「物価上昇に追いつかないね、賃金上昇が」とバランスの悪さを指摘しつつ、
「最近、資源が高くなっているというのがありますけれども、それ以前にずっとビールも飲めない、第2、第3のビールになっていった」と発泡酒や醸造酒など、安価でビール風味のお酒を飲むようになった風潮について言及。


さらに続けて、「車も普通の乗用車からどんどん、軽自動車、安い、ちっちゃい車を買わざるを得なくなっていったというぐらい、ここのところ庶民の皆さんのお財布というのは縮まっている印象があるんですよ」と主張した。


こうして庶民の暮らし、感情を代弁した谷原。

ところが、ネットからは「谷原さん 軽自動車って意外と高いよ‥安いって・・・言われても」「谷原よ。今や軽自動車の方が高いんだよね。中古なんか特に。LEXUSやら高級車とかは別だけど」といった反論が。


他にも、「軽なんか別に安くもねえだろ。安いのは1500cc以下~」「谷原見てると庶民感覚のない政治家より酷いなって。どこぞのカップ麺の値段もわからん大臣のがまだいい」「400万円の小型車が安いってさすが金持ち」「庶民の皆さんと観点が違う」などなど、皮肉も飛び交う事態に。

かえって墓穴を掘ることになってしまったようだ。

https://npn.co.jp/article/detail/200023275



前スレ
【テレビ】谷原章介の発言が物議… 物価上昇のニュースに「軽自動車を買わざる得ないぐらい、庶民の皆さんのお財布は縮まっている印象」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1659882525/


【テレビ】『ミヤネ屋』の勢いが止まらない! “統一教会”批判報道で『ゴゴスマ』に逆転 平均視聴率が3ポイントも上昇


1 jinjin ★ :2022/08/07(日) 13:52:35.21ID:CAP_USER9
『ミヤネ屋』の勢いが止まらない!“統一教会”批判報道で『ゴゴスマ』に逆転


民放各局が視聴率争いを繰り広げている、平日昼の情報番組に〝異変〟が起きている。
ここ数年、視聴率低迷が続いていた宮根誠司が司会を務める『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)が大躍進しているのだ。

同番組は2018年から9年連続で平日昼の同時間帯平均視聴率1位を獲得してきたが、最近はフリーアナウンサーの石井亮次が司会を務める『ゴゴスマ ~GOGO!Smile!~』(TBS系)が大人気となっており、後塵を拝してきた。


人当たりの良いキャラクターの石井に対して、関西弁でクセの強い宮根が視聴者に敬遠される傾向にあったのも理由とされている。
しかし今になってなぜ、『ミヤネ屋』が再び台頭してきたのだろうか。


「ズバリ、〝旧統一教会問題〟ですよ。安倍晋三元首相のテロ事件を受けて以降、各局はこぞって山上徹也容疑者の生い立ちや事件に至る動機を放送しましたが、山上容疑者が『(安倍氏の)政治信条に対する恨みではない』と供述し、実態が明らかになったことで風向きが変わりました。その後、母親が旧統一教会にのめり込み、多額のお布施をしていたことが分かると、一気に世間の注目を集め、各局がこぞって取り上げるようになったんです。中でも『ミヤネ屋』は、全国霊感商法対策弁護士連絡会の紀藤正樹弁護士や、ジャーナリストの有田芳生氏を招聘し、教会に対して、かなり綿密な取材をかけています。これが視聴者の注目を集め、一気に視聴率がアップしたのです」(テレビ業界関係者)


連日の独自解説に視聴率も向上

8月1日の放送では2時間放送枠のうち、なんと1時間25分を使って政治と教団の関係を事細かに解説。
また、2日には、11年半、旧統一教会の信者として活動していたという金沢大学・仲正昌樹教授が生出演し、当時の霊感商法などについて語り、視聴者の注目を集めていた。
さらに3日は、またもや1時間20分を使って大特集するという徹底ぶりだ。
 

そのおかげもあってか、『ミヤネ屋』の視聴率は6月に比べて平均で3ポイントも上昇。
ライバルの『ゴゴスマ』を抜き去ることに成功している。


またSNS上には「#ミヤネ屋頑張れ」のハッシュタグと共に、

《ゴゴスマよりミヤネ屋を選ぶ日が来るとは…》
《私も初めてミヤネさんの番組、本気で観ていますよ。今までは、時間の無駄使いだと思っていました。頑張れミヤネ屋さん》
《ミヤネ屋とゴゴスマの差がどんどん広がってるな。もうゴゴスマに勝ち目ないんじゃない?》
《旧統一教会の報道は、ミヤネ屋さんが1番の真摯です。朝の情報番組も忖度が見られますが、ミヤネ屋さんは違う。頑張ってこの問題の本質を国民に知らしめて下さい》
《ミヤネ屋で旧統一教会の被害相談が増えて来ていることについて「報道した意義があった」と言っていたが、これこそ報道人が目指すべき言葉ではないのか》


といった多くのエールが番組に送られている。


数字になると分かれば、トコトン追いかけるのが情報番組の習性だ。
NHKやテレビ朝日など、旧統一教会についてダンマリを決め込む番組も多い中、視聴者の知りたい情報を届ける『ミヤネ屋』こそ、正しい報道姿勢と言えるだろう。


https://myjitsu.jp/archives/370892

このページのトップヘ