トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

芸能

【芸能】バラエティ界の鉄人「関根勤」デビューから47年ずっとレギュラー番組を持つ男

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/05/10(月) 07:12:56.61 ID:CAP_USER9.net

5/10(月) 6:02配信
SmartFLASH

Copyright (C) 2021 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

 浮き沈みが激しい芸能界。その上、現在はコロナウイルス対策のため緊急事態宣言が発令されており、仕事に支障をきたしている芸能人も少なくありません。そんななか、関根勤さんはデビューから47年、ほぼ半世紀たった今もレギュラー番組が途絶えたことがないのです。

 関根さんは、大学3年生の素人時代だった1974年、『ギンザNOW!』(TBS系)の番組内コーナー『素人コメディアン道場』で初代チャンピオンになりました。それがきっかけで事務所にスカウトされ、浅井企画に所属したのです。

 所属して1週間後には『ギンザNOW!』のレギュラーが決まり、そこから現在まで47年間、1度もレギュラー番組が途切れたことがありません。順風満帆のキャリアですが、意外にも若手時代は仕事が早々に決まったことで逆に苦労した、と以前ご本人からお聞きしました。

「当時はタレントになろうなんて思ってないから、なんの修行もしていない大学生ですよ。僕がやっていたのはモノマネとかのピン芸だから、フリートークとか通用しないわけです。司会のせんだみつおさんのアシスタントをやっていたんだけど、なに言っていいかわからなかったの」

 しかし、関根さんの苦悩とは裏腹に、後に『ギンザNOW!』で関根さんは司会を任されるようになりました。

「司会になってもきつかったね。生放送のオープニングで僕が『ギンザNOW!』ってタイトルコールしたら、途端にディレクターから巻きが入るんだもん。そんなバカな(笑)」

 関根さんは、1974年から番組が終了する1979年まで、約5年間『ギンザNOW!』のレギュラーを務めました。その途中の1977年から人気番組『カックラキン大放送!!』(日本テレビ系)のレギュラーに。こちらでも苦悩は続いたと言います。

「お客さんの前に出てモノマネをやるんだけど、当時の客席には野口五郎さんのファンしかいないから全然ウケないの。それで半年ぐらい僕の出演部分はオールカット。放送ではオープニングとエンディングだけいるんだよ。視聴者にしてみれば『なんか、くどい顔の奴がいっつも後ろの方にいるな』って(笑)」

 関根さんは『カックラキン大放送!!』も、1986年の番組終了まで9年間レギュラーを務めました。カックラキンが終了する1年前の1985年には『笑っていいとも!』(フジテレビ系)のレギュラーとなり、そこから番組が終了する2014年まで、司会のタモリさんに次ぐ最長の29年間もレギュラー出演しました。

 ここでも、はじめは戸惑いがあったと言います。

「最初は悩みました。僕がこれまでやってきたお笑いって、ジャイアント馬場さん、猪木さん、輪島功一さん、モハメド・アリさん、千葉真一さん、藤岡弘さんのモノマネでしょ。僕がやってきたことって男にしかウケないことなの。『いいとも』のお客さんは9割5分ぐらい女性のお客さんだから、アウェイ感がすごいわけ。それで『どうしたら女の子が笑うんだろう』って……とにかく違和感のなかでずっとやってたね」

 しかし、関根さんの悩みは時が解決してくれました。

「『いいとも』をやって8年たったとき、娘が10歳ぐらいになってたの。それで客席をパって見たら『なんだ、ここにいる人たちはウチの娘とか娘の友達の数年後だ』と思って。そこでストーンと力が抜けました」

『笑っていいとも!』は番組終了の2014年3月31日まで出演し、翌4月から『ミライ☆モンスター』(フジテレビ系)がスタートし、現在もレギュラーとして出演されています。

 関根さんが参加すると、番組が長く継続します。さらに関根さんはどの番組も途中で卒業することなく、終了まで出演し続けます。これは番組スタッフから関根さんが信頼されている証しでしょう。

 はじめは番組に戸惑いながらも試行錯誤し、レギュラーという安定した地位に慢心せず、常に努力を続けるからこそ成し遂げた47年間の大偉業。バラエティ界の鉄人が、いつまで記録を伸ばすのか楽しみです。

取材・文/インタビューマン山下

 1968年、香川県生まれ。1992年、世界のナベアツ(現・桂三度)とジャリズム結成、2011年に解散。同年、オモロー山下に改名し、ピン活動するも2017年に芸人を引退。現在はインタビュアー・ライター・お笑いジャーナリスト


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e419b3852c273989bceac1ae71612a811873c63e



(出典 tk.ismcdn.jp)
【芸能】ディーン・フジオカ、究極の肉体美を披露 初写真集「Z-Ero」発売、故郷・福島で撮影

ディーン・フジオカ、究極の肉体美を披露 初写真集「Z-Ero」発売、故郷・福島で撮影
5/10(月) 10:00 ENCOUNT
https://news.yahoo.co.jp/articles/c7eafb6ef36f6bdc146cf64074bcc189cfdcf971
オフィシャル写真集「Z-Ero(ゼロ)」、6月30日に発売決定

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


(出典 encount.press)



ディーン・フジオカの初写真集が発売決定

 俳優でアーティストのディーン・フジオカにとって初となるオフィシャル写真集「Z-Ero(ゼロ)」が6月30日に発売される。

 全力で駆け抜けてきた30代を経て、40代に突入した中、「これからやらねばならないことは、考えだしたらキリがない」とその疾走と進化を止めない。

 このタイミングでリリースする1st写真集のタイトルには、「ZERO(ゼロ)からスタートする気持ちで臨む」という想いが込められた。オールロケで撮影された迫力のある写真には、心も体もさらけ出し、大地に挑み、空にほえる、強くて美しい姿が焼きつけられている。

 ディーンが企画し、指揮を執るアクション映画プロジェクト「Pure Japanese」(2022年公開予定)のために、ストイックに体を鍛え上げ、思い描く作品の実現に注力した日々。最強チームを組んで臨んだトレーニングによって、その体は理想的なフォルムへと変貌を遂げた。

 その過酷かつ過密なスケジュールの終盤に、究極の体となっている“今”を写真に残そうというアイデアが生まれ、この写真集「Z-Ero」の撮影へとつながった。心身ともに研ぎ澄まされた状態のまま、故郷・福島で決行された撮影は、いまだかつてないディーンを切り取った貴重な“記録写真”を生み出す。

 写真集のラストには、自身の言葉で“心の内側”を語ったインタビューも収録。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)



(出典 i.ytimg.com)
【芸能】霜降り・粗品 第7世代“踏み台”の先輩に激怒「お前らおもんないねん!」「やかましいわどっか行け!」


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/05/10(月) 07:02:51.57

5/10(月) 5:15配信
東スポWeb

霜降り明星・粗品

 お笑いコンビ「霜降り明星」(せいや=28、粗品=28)が9日、公式ユーチューブ「しもふりチューブ」を更新。「お笑い第7世代」を“踏み台”にする先輩に猛抗議した。

「お笑い第7世代」という言葉は、せいやが発案しラジオで発言したことから流行。冒頭では、その思いついた瞬間の話などをしていたが、粗品が突然「宙ぶらりんな先輩方にフリにされる人生、もうええで、もう」と切り出した。

 続けて堰を切ったように「あんたら第7世代フリにして、もうダサいで。『第7世代はね、キャーって言われてるけど…俺たちは』――。いやいらんいらん。おもんない、そんなん。マジでダサいから」と猛抗議。


 せいやが心配するのをよそに、粗品は「もうフリにされすぎ。しょうもない。もうええねん、お前ら。先輩が自分らを下げて『いやいや第7世代すごいから』みたいなこと言ってるズルい構図。もういらんねん。俺ら、EXIT、宮下草薙、四千頭身、全員損してますし。我慢してますから」と毒舌を止めず。

 せいやも「第7世代損してるよな」と相づちをうつと、さらに粗品は「めっちゃ損しているよ。言わなあかんなちゃんと。正式に。声明発表せなあかん。いっぱいおるもん、それでのし上がってきたやつ」と怒りを加速。

 その後も「ほんで会ったら会ったでバチバチな感じでもないでしょ。(手を挙げながら)『おお~!』って、何がやねん! やかましわ、どっか行け!」「で、漫談でウケて『第7世代に噛みつく〇〇、おもろいな』。いや、おもんないねん! せこいだけやねん! 誰でもできるねん!」と憤りを吐露し続けた。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/7012b4ee6bd87621715514aaf0d6b761cc86175a



(出典 www.crank-in.net)

【芸能】本田翼、CM出まくりでも「全部同じに見える」の声で囁かれる“食傷危機” 「どのCMもキャラが変わらないし踊ってるだけ」

 

1 jinjin ★ :2021/05/10(月) 22:45:46.71

本田翼、CM出まくりでも「全部同じに見える」の声で囁かれる“食傷危機”


今年に入りすでに10社のCMに出演するなど大活躍している女優でモデルの本田翼。
自身のYouTubeチャンネル「ほんだのばいく」は登録者数220万人を超え、新しい動画が公開されるたびに数百万回も再生されるなど、まさに“無双状態”といえるが、なぜかここにきて先行きを不安視する声が上がっているという。いったい、なぜなのか?



「本田はその明るいキャラクターから、スポンサーサイドもCMに起用しやすい。また、ゲーム好きなことから男性ウケがいいのも特長ですね。LINEモバイルのコミカルな踊りが評判になってからは、ダンスCMも相次いでいて、最近では『明星チャルメラ』のCMでも披露しています。本人も『また踊っているよって思わないでください』と自虐を交えたコメントを寄せていますが、さすがに食傷気味との指摘も出始めている。
一方で、肝心の女優としての演技は、今までの出演作を見る限り、伸び悩んでいる感じは否めません。ピークが過ぎた後の反動がなければいいのですが…」(大手広告代理店関係者)



ネット上でもそんな本田に対し、「本田さんのCMは、もうCMというよりもご自身のプロモーションビデオにしか見えない。毎回、どれも同じで少し飽きてきた」「どのCMもキャラが変わらないし踊ってるだけ。あれって商品の宣伝になってるのかな」
「CMが始まって『また本田かよ!』ってなる。周囲の推しまくりが冷めた時の彼女が心配になるわ」など、危惧する声が徐々に増え始めている。


売れっ子になればなるほどアンチが湧いてくるというが、はたして今後、本田がどのようにしてファンをつなぎ止めていくのか。
あまり得意じゃないというダンスだけでは、早晩飽きられてしまうのは時間の問題かも。女優としての「本領発揮」に期待したい。

https://www.asagei.com/175564


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


 坂上忍「ワクチン戦略に失敗した日本に五輪ピックやる資格あるの?そんなことよりワクチンに金使え」


1 :2021/05/07(金) 13:42:49.49 ID:7KUR27+L0●.net BE:969416932-2BP(2000)


(出典 img.5ch.net)

7日放送のフジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜・午前11時55分)で、IOCが6日、東京五輪・パラリンピックに参加する各国・地域の選手団に向け、米製薬大手ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを提供すると発表したことを報じた。

 丸川珠代五輪相によると、5月末にも供給を始め、7月23日の五輪開幕までに2回の接種を目指す計画。日本選手団へは「選手が1000人程度、監督、コーチが1500人程度」と明らかにした。

 IOCはワクチンは参加選手に接種を推奨するが、義務化はしていない。4月中旬に菅義偉首相が訪米した際、ファイザー社のブーラ最高経営責任者(CEO)との電話会談で協力を申し出たことを受け、日本政府とIOCの協議を経て実現に至ったという。
IOCのバッハ会長は「安心安全な大会実現と開催国への連帯を示す新たな方策だ」とアピールした。

 MCの坂上忍は、今回の方針を受け「僕はもう前から言っているんですけど、ワクチン戦略に失敗した日本がオリンピックを開催する資格があるのかどうなのかっていう考えになりつつあって」
とした上で「これは、僕はオリンピックに費やす労力とお金があるんだったらワクチン接種に徹底的に費やしてくれって。それが結果的にまだ経済の方に好影響を与えることになるんじゃないのか、国民の安心も含めて。そんな気になっている」と指摘していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/093974afe1d74c9d0f636ddb13b217859d540d0e


このページのトップヘ